「獺祭」はこうして造られる! データを活用しつつ人の感覚も生かす21世紀の酒蔵

2016/05/09

限られた土地で生産量を増やすには、上に伸ばすしかなかった

「獺祭(だっさい)」の名前の由来ともなった山口県岩国市周東町獺越。今でも獺(かわうそ)が住んでいそうな谷川の周辺に建つ、真新しい12階建ての白い建物。これが獺祭を生み出している旭酒造の本社蔵だ。

2015年に急増する需要に応えるために建て替えられたばかりで、全館空調完備で四季醸造(通年生産)に対応。その奥に見える第二蔵が完成した2012年には、まだ計画もなかったという。このことから獺祭の人気が急増していることがわかる。

谷間にそびえ立つ本社蔵。奥手中央は二番蔵。道を挟んだ向かいでは出荷用にパレットに載せられた獺祭の箱がトラックに積み込まれるのを待っていた。

谷間にそびえ立つ本社蔵。奥手中央は二番蔵。道を挟んだ向かいでは出荷用にパレットに載せられた獺祭の箱がトラックに積み込まれるのを待っていた。

桜井博志・旭酒造社長は新社屋について「元々創業の地でもあるこの場所は、山間で土地も限られているため、上に伸ばすしかなかった。すでに電気や水道などのインフラに投資をしているので、他の場所に移すに移すことも難しかった」と説明する。その言葉からは設備投資の回収は当然あるのだろうが、それ以上に創業の地への「こだわり」が感じられる。

「純米大吟醸」とは?

蔵のレポートに入る前に、まずは日本酒に詳しくない人に向けて、獺祭の特定名称である「純米大吟醸酒」について説明しよう。

実は「純米大吟醸」という表記は「清酒の製法品質表示基準」という国税庁告示で厳密に決められている。
純米大吟醸の「純米」は原材料が「米、米麹のみ」と規定されている。一般的な清酒では糖類や米以外の穀物から作られた醸造アルコールが配合されているが、これらは純米酒を名乗ることができない。

一方、「大吟醸」とは精米歩合(割合)を指す。これは、精米前の玄米に対して、どれぐらい精米したかということだ。
精米歩合は重量の割合で表せる。具体的には「吟醸酒」は60%以下、「大吟醸酒」は50%以下とされている。一般的な大吟醸酒は40%ぐらいのものが多いといわれる。そして、「純米大吟醸酒」は「米、米麹のみを原材料とし、精米歩合50%以下の米が使われている」ということになる。
「獺祭」には、「獺祭大吟醸50」「獺祭 磨き三割九分」「獺祭 磨き二割三分」という製品がある。これは精米歩合が、それぞれ50%、39%、23%ということだ。その中でも「獺祭 磨き二割三分」は日本最高水準の精米歩合といわれている。

また、獺祭には「獺祭 磨き その先へ」という製品もある。しかし、この酒には、こうした表記がない。これには理由がある。
「獺祭 磨き その先へ」は基本的には「獺祭 磨き二割三分」を超える精米歩合の米(19%~21%)で作られている。

一方で、「獺祭 磨き その先へ」はその年の米の出来具合によって最適な精米歩合にする方針をとっている。
「清酒の製法品質表示基準」では精米歩合をラベルに明記する必要がある。しかし、この製造方法では精米歩合で消費者の混乱を招く恐れがある、それを避けるために精米歩合を表記しないという配慮をしているのだ。ここにも桜井社長の「こだわり」があるといえる。

 

日本一の酒米「山田錦」を原料に100%使う

獺祭は原料に山田錦という酒米(日本酒を作るための米)を100%使用する。この米は兵庫県で開発された。そして、生産量の8割が兵庫県だという。獺祭も70%は兵庫産の山田錦を使っている。地元産の米を使っていないので、「地酒」ではないのだ。

このことについて、「米の産地にこだわらず、おいしい酒ができる方が重要。獺祭は、山口より県外の消費が圧倒的に多いので、『地産地消』という言葉から一番遠い酒だと思います」と桜井社長は説明する。

良質な山田錦の調達は酒蔵や日本酒メーカーにとって課題だ。山田錦は作付面積が多くないため、大手酒造メーカーはじめ酒蔵が競い合って確保に走っている。旭酒造では大手IT企業と協力し、山田錦の生産農家に農業生産用クラウドを導入。良質な米の増収に結びつける活動も積極的に行なっている。

獺祭ができるまで(1)洗米 データで適正値を調整

では、実際に獺祭ができるまでの蔵の様子を紹介していこう。

原料である山田錦は最長144時間という長い時間をかけて精米される。精米後の山田錦は、精米の摩擦熱で、すっかり水分を失ってしまっている。そこで、蔵での最初の工程は、雑味の元となる米ぬかを洗い落としたあと、水に浸けて10分ほど吸水させることだ。

「ここでは、社員が4名ほどで一日に5トンほどの洗米を行います。洗米は機械を使いますが、その後の吸水作業は15kgずつ手で行います。なぜ小分けにしているかというと、入って来る米の状態によって吸水時間が異なっているからです。吸水量は0.3%以下の精度で管理されていて、最初に吸水させた米の重さを計り、適正な時間を調整します。小さいロットに分けると、作業量は増えますが、全体としての吸水量の調整が取りやすくなり品質を高めることができるのです」。

松藤直也工場長は、洗米と吸水作業について、こう説明する。また、データを取りながら適正値に調整するが作業自体は人手をかけるという。これが、旭酒造の一貫したモノづくりの考え方になっている。

米ぬかなどを洗い落とす洗米機は通常の酒蔵で使われているものより小さい。これは次工程の吸水の際、少量で細かく水分調整を行うためだという。

米ぬかなどを洗い落とす洗米機は通常の酒蔵で使われているものより小さい。これは次工程の吸水の際、少量で細かく水分調整を行うためだという。

獺祭ができるまで(2)蒸米 品質が確保できれば機械で効率化

洗米・吸水が終わったら、米を蒸す蒸米工程に入る。本社蔵では大型の連続式蒸し器が使われている。

「この機械では約40分で米を蒸し上げます。蒸し上がった米は冷やされて、エアシューターを通って、別フロアにある麹室や発酵タンクの部屋に送られます。以前は釜を使って蒸していたのですが、蒸した米を手作業で取り出さざるを得ず、1日に2トン弱しか生産できませんでした。今使っている機械は連続式で蒸すことが可能で一時間で1.5トンの処理できます。連続式の機械は当初品質の面で心配があったのですが、実際に使ってみると予想以上の品質で、心配は杞憂(きゆう)に終わりました」(松藤工場長)。

このように、効率化できるところは効率化するという点も旭酒造のポリシーとなっている。

 

1時間に1.5トンの蒸米を生産できる蒸し器。これにより蒸米工程の効率は大幅に向上した。

1時間に1.5トンの蒸米を生産できる蒸し器。これにより蒸米工程の効率は大幅に向上した。

獺祭ができるまで(3)麹づくり デジタルで正確に管理し、最後は手で確かめる

発酵に欠かせいない麹づくり。特に純米大吟醸酒は100%の米で作った麹を使って発酵させるため、麹づくりは獺祭の味を決める重要な工程だ。

安価な日本酒では機械製造の米麹が使われるが、純米大吟醸酒のみを作る旭酒造では、すべて手作業で麹を作っている。

「麹づくりでは温度と湿度管理が重要で、温度に関しては空調で常に一定の温度を保っています。湿度の管理は、台ごとにばらつきがあるので、台にはかりの機能を付けてデジタルで常に表示しています。しかし、実際には台の上でも乾燥具合のバラつきがあるので、最後は人の手で触って湿度の具合を管理します。麹づくりは二昼夜半かかりますが、この間4人の担当者は昼夜問わず、つきっきりで作業を行なっています。獺祭はすべて純米大吟醸なので、たくさんの麹を作る必要があり、本社蔵では2つのフロアを使った麹室で麹づくりを行っています」(松藤工場長)。

麹室の麹種つけ台。一般的な酒蔵では、この台で2~3台分しか麹づくりを行なっていないという。

麹室の麹種つけ台。一般的な酒蔵では、この台で2~3台分しか麹づくりを行なっていないという。

台の下にある重量計。常にチェックが行われ、台による乾燥具合のバラつきを最小限にしている。

台の下にある重量計。常にチェックが行われ、台による乾燥具合のバラつきを最小限にしている。

種付けの様子。手作業でていねいにまんべんなく麹菌を米にまぶしながら、米の乾燥具合や温度を手に感じて作業を行う。データは参照するが、最後は手の感覚が重要になる。

種付けの様子。手作業でていねいにまんべんなく麹菌を米にまぶしながら、米の乾燥具合や温度を手に感じて作業を行う。データは参照するが、最後は手の感覚が重要になる。

獺祭ができるまで(4)醸造 温度管理はコンピュータ制御では難しい

日本酒造りで一番時間がかかる工程、それが「発酵」だ。具体的には蒸米と麹室で作られた米麹をタンクに入れて発酵させる。これは「仕込み」と呼ばれる作業だ。

「仕込みは三段仕込みといい、最初はタンクの4分の1ほどの量を仕込み、2日ほど休ませて、4日目にその倍、5日目にさらにその倍の仕込みを行います。そこから35日間発酵をさせます。最終的には40日間かかります。ここではほぼ毎日仕込みを行なっており、年間では1700回ほどになります」と松藤工場長は説明する。

温度管理については「仕込みは、きめの細かい温度管理が必要で、最初は酵母が生きられるギリギリの温度5度からスタートし、最高12度までの細かい温度調整を行います。タンクには温度計がついていて、無線LANで事務所のパソコンに情報を飛ばして、温度が上がり過ぎると手作業でタンクを冷却します。この調整は、コンピュータ制御では、まだまだ難しい部分です」と話す。最後は人によるきめ細かい判断と調整が必要なのだ。

発酵タンク。このフロアに100本あり、3フロアで発酵を行なっている。

発酵タンク。このフロアに100本あり、3フロアで発酵を行なっている。

仕込み当初はまだ米の形が残っている。

仕込み当初はまだ米の形が残っている。

麹が米の糖分を溶かし盛んに炭酸ガスを出している。

麹が米の糖分を溶かし盛んに炭酸ガスを出している。

発酵が進み、液状になったタンク内の様子。

発酵が進み、液状になったタンク内の様子。

獺祭ができるまで(5)搾り 酒の味が変わらない遠心分離機も導入

40日間の発酵が終わると、酒と酒粕を分ける搾り工程に入る。本社蔵には、まさに「搾る」という言葉がふさわしい大きな機械が導入されている。

ここでは発酵タンクから送られてきた原酒が風船のようなフィルターに落とされ、空気圧で圧搾されると下に酒が落ち、フィルター内には板状の酒粕が残る。この後、酒は瓶詰め工程に回される。

「薮田式圧搾機」と呼ばれる搾り機。日本酒業界では多く使われている機械だという。

「薮田式圧搾機」と呼ばれる搾り機。日本酒業界では多く使われている機械だという。

旭酒造では薮田式圧搾機とは別の搾り機も導入されている。それが「遠心分離機」だ。これはフィルターを通さずに酒と酒粕を分けることができるため、酒の味に影響を与えることなく搾ることができるのがメリットだ。酒どころの秋田県で開発された。商業ベースで遠心分離機を導入したのは、旭酒造が初めてという。

一方で、「遠心分離機で一度に搾ることができるのは、60リットルのもろみから40リットルの酒です。そして、1日300リットルが限界です。したがって、残りは薮田式の機械で搾っています」(松藤工場長)といい、大量生産をできないことが最大の難点だという。

酒の味に影響を与えることなく搾ることができる遠心分離機。商業ベースで導入したのは、旭酒造が初めてだという。

酒の味に影響を与えることなく搾ることができる遠心分離機。商業ベースで導入したのは、旭酒造が初めてだという。

獺祭ができるまで(6)品質管理 醸造データを見える化、壁一面に貼ったグラフが味を守る

壁一面に貼られた各タンクの発酵状況を示すグラフ。アナログだがタンク内の様子が一目でわかり適切な判断につながっている。

壁一面に貼られた各タンクの発酵状況を示すグラフ。アナログだがタンク内の様子が一目でわかり適切な判断につながっている。

製造部の部屋に入ると壁一面に貼られたグラフが、目に入ってくる。このグラフは、すべての発酵タンクの状況を記録したものだ。タンクは毎日チェックをして、ここで成分分析が行い、グラフに記録する。

「パソコンでの管理も考えたのですが、一覧することができないので、こういう形(紙で貼り出す)になりました。これならタンクごとの発酵具合が一目瞭然です。出荷する際のブレンドの判断などを決めることも簡単にできます」と松藤工場長は説明する。

また、グラフの記録はパートの女性が行っている。「現場の人間がやると、どうしても手心を加えてしまい、正しいデータにならなくなってしまう」(松藤工場長)というのが理由だという。

発酵状況を示すグラフ。数値と日数を計算したものを記録する。

発酵状況を示すグラフ。数値と日数を計算したものを記録する。

科学的なデータを使いながらも、最後は人手をかけるという「こだわり」に貫かれたのが獺祭の製造現場だった。蔵は要予約だが、一般の人も見学ができるので、興味がある方は訪ねてみてはいかがだろう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…

タグ

.NEXT Japan 2019 #5 10万円給付 10大予測 10大脅威 11月 171 19年危機 1Q 1人 1人情シス 1位 2016 2018 2018Q4 2018実績 2018年大会 2018年第2四半期 2018年第4四半期 2019 2019年 2019年1Q 2019年実績 2020 2020~2024 2020Q2 2020年 2020年12月31日 2020年問題 2021 2021年 2024 365 3Dプリンター 4K/8K 4Q 5G 5G×TECH 5分で分かるマイナンバー 7つの要件 A10 Access Acrobat Active Directory AD Adobe Adobe Blog AI AI・業務自動化展 AIシステム AIやロボットにより消滅する仕事のリスト AI導入実態調査 AI活用の取り組み akippa Alexa ANA成田エアポートサービス Android API APIエコノミー AppGuard Appleマスター AR AR/VRヘッドセット AR/VR市場 ARROWS ARROWS Tab ARアドバンストテクノロジ Auth0 Autonomous Database au損害保険 AWS Azure B2Bソリューション Backlog Backlog World 2019 Bar BCI BEC BI BitLocker Blancco Business Email Compromise BYOD C&Cサーバ CAPESAND CASB CASJ CCPA CEATEC Chat&Messenger Chrome CI CIN Group CIO CIOアジェンダ・サーベイ CIO調査 CISO Citrix clieus Cloud CORPORATE ENGINEER NIGHT COVID-19 Cowcall CPS/IoT CRM CRMアプリケーション CrushBox CSIRT CUI CVE-2019-19781 CVE-2020-0674 CX CY2018 D-Lite DaaS DB DC DDoS攻撃 DecOps DELIX DELL Desktop as a Service Developers.IO DevOps Discovery DNS Docker DOCOMO Open House DOCOMO Open House 2018 Dr.ストレッチ drone Dual DX DX推進 Dynabook e-Government e-Janネットワークス EAGLY EC-CUBE EDR Embeded Technology EMM EMOTET EMS EOS EPP ERM市場 ERP ESU ET & IoT Technology ET×IoT Technology Evident Excel EXPO FedRAMP FIDO File Manager FinTech&ブロックチェーン FinTech関連IT支出予測 Flash Player Free Wi-Fi Future of Workstyle Gartner GDPR GIGAスクール構想 GIGAスクール需要 GMOグローバルサイン GO Google Google Apps Google Home HDD Hello HENNGE HiBlead HoNote Horsecall http https Hype Cycles IBM IcedID ICO ICT市場 ICT市場予測 ICT環境整備 ID-based Security イニシアティブ IDaaS IDaaSとは IDC IDC 調査結果 IDC調査 ID管理 ID認証 IE ikumado ImPACT iOS機器の見分け方 IoT IoT Japan IoT/M2M展 IoTイニシアティブ成熟度 IoTビジネス IoT利用企業動向調査 IoT市場 IoT担当者深堀調査 IoT支出額予測 IoT税制 IP IPA iPad iPad mini IPO IPoE IPv6 is702 ISO総合研究所 IT ITAD ITS健保 ITインフラストラクチャサービス ITインフラストラクチャサービス市場 ITサービス ITサービス市場 ITシステム ITとOTの関係 ITトレンド ITトレンド勉強会 IT人材 IT介護 IT勉強会 IT化推進 IT基盤 IT専任者 IT市場 IT戦略 IT投資 IT投資動向 IT支出 IT支出動向 IT業界 IT活用 IT版巨災対 IT移住 IT資産 IT部門 IT開発 Japan Drone 2016 Japan IT Week 秋 Japan IT Week 秋 2018 Japan IT Week秋 Java JBUG JDK JEITA JREポイント JR東日本 Kaspersky Kaspersky Anti Targeted Attack Platform KATA kintone Klab krew Kubernetes LCM LEGO LIFEBOOK LIXIL Long Term Service Branch Long-Time Servicing Channel Low-Code Development LPWA LT LTE over IP LTE-X LTSB LTSC LT大会 M2M MaaS Mac malware MCEAホールディングス MDM METI Microsoft Microsoft 365 mineo MMRI MM総研 mois MOTEX MUSCA Myアクサ N-ONE NDA NEC NFV NIST NIST SP800-171 No.1表示 Novtor NRTAS NTTドコモ NTTぷらら Nutanix OAuth Office Office 2010 Office2010 Office365 OneLogin OpenFlow OpenID oracle OS OT P2P PaaS市場 PC PCNW PCサーバ PCサーバー市場 PC出荷台数 PC出荷実績 PC導入 PC市場 PC調達 Peatix phishing Phone Appli playbook PMBOK PoW PPAP PPAPとは PPPoE Prediction One PRODRONE Python Pマーク RaaS reCAPCHA RFID RFP Robor as a Service on Azure RPA RPAテクノロジーズ Ruby on Rails RYUK SaaS SaaS利用率 SaaS発展の切り札 SAML SAP SASE SCRM SDN security risk SFA SIer SIM SIMカード Skype slack Smart Parking SNS利用状況 SOAR Society 5.0 SOE SoI SONY SOR SORACOM SP800 Spinno SSL SSL可視化 SSO SSOとは SUMIFS Tably TEAD TechCrunch Tokyo TERRA DRONE ThinkSmart Hub 700 TIPS TLS暗号 TPM Tremd Micro Trend Micro Trend Micro DIRECTION 東京 TSR UEBA UEM Update URL UTM VAIO Secure SIM VBA Vogaro VPN VR VR体験 VSN VTOL WaaS WAN Web webinar Webアイソレーション Webアプリケーション WEBブラウザ Web会議 Web会議システム WEB開発 Wi-Fi WiFi Win10 Win10 移行 Win10移行 Win7 Win7サポート終了 Windows Windows 10 Mobile Windows 10 アップデート Windows 10のメリット Windows 10のメリットを活用するためのポイント Windows Defender Windows10 Windows10のメリット Windows10のメリットを活用するためのポイント Windows10移行 Windows7 Windows標準機能 withコロナ WMI WordPress Work Life Shift WPA3 WSUS WUfB X-Road X-Tech XTEC EXPO ZERO TRUST Zoom アール・ワークス アイソレーション アカウント アカウント乗っ取り アカウント突破 アカウント認証 アガルート アクサ生命保険 アクセス集中 アジアリンク アジアンリンク アジャイル アジャイル開発 アジュール アセットリード アチーブメントシステムズ アップグレード アップデート アップデート終了 アップル一強 アナリティクス アニコール アバント アフターコロナ アプリ アプリケーションスイート アマゾン アマナ アライドテレシス あるある アンケート アンケート調査 イーサリアム イグニション・ポイント イグノーベル賞 イノベーション イベント イベントレポート いまさら いまさら聞けない いまさら聞けない情シス知識 いま求められる イライラ インシデント対応 インシデント発生率 インターネット インターネットブレイクアウト インターポール インダストリー4.0 インタビュー インテリジェントエッジ インフォメーション インフラ インフラ攻撃防御 インフラ監視 インプレス ウィズコロナ ウィルス対策 ウェアラブル ウェアラブルEXPO ウェアラブルデバイス ウェアラブルデバイス出荷台数予測 ウェアラブルデバイス市場 ウェアラブルデバイス市場規模 ウェアラブル機器情報管理 ウェビナー ウェルキャット ウォーターフォール ウフル うるる エコノミー エストニア エッジコンピューティング エプコ エンジニア エンタープライズ エンタープライズインフラ市場 エンタープライズストレージシステム エンタープライズストレージシステム市場 エンタープライズストレージ市場 エンタープライズストレージ市場実績 エンドポイントセキュリティ オークネット オービック おかん おそ松さん オフィス オフィス環境改善 オフショア開発 オラクル オリジナル仮想通過 オリンピック オリンピック/パラリンピック オリンピック観戦チケット販売 オルトプラス オルビス オンキョー オンプレミス オンライン会議 お悩み ガートナー カード情報流出 ガイアックス ガイドブック ガイドライン カゴヤ・ジャパン カスタマイズツール カスペルスキー ガナバンス カリスマインストラクター ギガモンスター キッティング キット キャリア ぎりぎり グッズ クライアント クライアント仮想化市場 クライアント管理 クライアント管理勉強会 クラウド クラウドコンピューティングEXPO クラウドサーバーサービス クラウドサービス クラウドセキュリティ市場 クラウドファースト クラウド利用 クラウド化 クラウド型業務システム クラウド時代のIT戦略 クラウド選び クラウド需要 クラスメソッド くらめその情シス グループウェア グルメ クローニング ゲーム ケイ・オプティコム コーポレートIT コーポレートエンジニア コインマイナー コスト コスト削減 コツ コネクテッドインダストリー コネクテッドビークル市場 コミュニケーション コミュニケーションアプリ コミュニティ コミュニティオ コムシス情報システム コラボ コラボレーション コラボレーションツール コラボレーティブワークスペース コロナ コロナ禍 コンカー コンサルティングサービス コンテナ コンテナ型仮想化 コンピュータ コンプライアンス サーバーエージェント サーバーオペレーティングシステム サーバー市場 サービス サービスオプション サービスチャネル サービスロボット利用動向 サービス市場 サービス継承 サービス連携 サイバー サイバーセキュリティ サイバーセキュリティクラウド サイバーセキュリティ政策 サイバーセキュリティ月間 サイバー攻撃 サイバー犯罪 サイバー脅威動向 サイボウズ さくらインターネット サテライトオフィス サブスクリプション サプライチェーン サポート サポート終了 サンプル シー・コネクト シェア シェルスクリプト しくじり先生 シグマコミュニケーションズ シスコ システム システム内製化 システム対応 システム導入 システム移行 システム要件 システム開発 シトリックス シニア世代 シネックス シミュレーション 〆切延長 シャドウIT シャドウIT対策 ジャパンネット銀行 ショーケース・ティビー ショルダハッキング シンギュライティ シンクスマイル シンクライアント シンクライアント端末 シングルサインオン スキャンべジング スキル スターティア ストレージ ストレージ容量 ストレージ市場 ストレス ストレッチ スパートスピーカー スパム スポーツ×IT×ヘルスケア スマート スマートウォッチ スマートグラス スマートコントラクト スマートデバイス導入 スマートフォン スマートホーム スマートホームデバイス スマートメーター スマート家電 スマホネイティブ スムーズビズ セキュア セキュリティ セキュリティ・ミニキャンプ セキュリティガイドライン セキュリティキャンプ セキュリティブログ セキュリティホール セキュリティミニキャンプ セキュリティ三大脅威 セキュリティ事件簿 セキュリティ事故 セキュリティ基礎知識 セキュリティ実態調査 セキュリティ対策 セキュリティ市場 セキュリティ意識調査 セキュリティ研修 セットアップ セミナー セメダイン セルフサービス セルフリンパケア ゼロから学ぶ ゼロトラスト ゼロ情シス ソーシャルエンジニアリング ソフトウェア ソフトウェアアップデート ソフトウェアライセンス監査 ソフトウェア市場予測 ソフトバンク ソリューション ダークウェブ タブレット タブレット端末 チームワーク チェッカー チェックリスト チャット チャットボット チューリングテスト ツール ツボ データ データエコシステム事業者調査 データセンター データセンター調査報告書2019 データドック データベース データ活用 データ消去 データ消去ソリューション ディープウェブ ディープラーニング ディスラプション テクノロジー テクノロジー&サイエンス デジタル・トランスフォーメーション デジタル・ビジネス推進の障壁 デジタルコマースアプリケーション市場 デジタルツイン デジタルトランスフォーメーション デジタルマーケティング デジタルワークプレイス デジタル人材 デジタル庁 デジタル敗戦 デジタル時代 デジタル革新の取り組み状況・ニーズ調査 デスクトップ認証 デスクワーク デバイス デファクトスタンダード デメリット デル テレワーク テレワーク・デイズ2019 トークン ドクターストレッチ ドコモ口座 トップ ドメイン ドメイン監視 どや情 ドライアイ トライブ トラディショナルPC トラディショナルPC市場 トレードシークレット トレンド トレンドマイクロ ドローン なぜ なりすまし ナレッジ ニュータニックス ニューノーマル ネットワーク ネットワークカメラ ネットワーク仮想化 ネットワーク仮想化/自動化市場 ネットワーク機器 ネットワーク機器市場 ネットワーク監視 ネット詐欺 ノークリサーチ ノード ノー残業 ノウハウ ノマドワーク パーソル総合研究所 パートナー ハードフォーク バイバイ パスワード ハイプ・サイクル ハイプサイクル ハイブリィド ハイブリッド バイモーダルIT パシフィックネット はじめてのクラウド バズ パスワード パスワード不要 パスワード付きZIPファイル パソコン ハッキング バックアップ バックオフィス バックドア バッテリー バッテリー自主回収 パナソニック パブリッククラウド パブリッククラウドサービス パリ三城 バレットグループ パロアルトネットワークス パワポが苦手 ハンディ ビジネス ビジネスチャット ビジネスメール詐欺 ビジネスモデル ビジネス展開 ビッグデータ ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場 ビットコイン ひとり ひとり情シス ひろば ヒント ブーム再燃 ファイルレス ファイル添付 ファイル転送 ファミリーマート フィッシング フィッシング対策 フィッシング対策協議会 フィッシング詐欺 フォーク フォーマット フォンアプリ ふじのくにSKYイノベーション フュービック プライベートクラウド プラグイン プラン ブランディア ブランド フリーソフト プリンシパル プリント環境 フルキャストホールディングス プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命 ふるまい検知 ブレイン・コンピュータ・インターフェース フレクセラ プレスリリース プレミアムコース ブログ プログラミング プログラミング言語別年収ランキング プロジェクト プロジェクトマネジメント×働き方改革 ブロックチェーン ブロックチェーン関連市場予測 プロドローン プロマネ プロ未満 ページボリュームおよびプリント関連ハードウェア市場 ベストプラクティス ヘッドマウントディスプレイ ペット同伴 ヘルプデスク ベンダー ポイント ほくほくフィナンシャルグループ ポジション ポストモダン ボット ボディメイク術 ボトルネック ほめる ホワイトデー マーク・ワイザー博士 マイクロソフト マイティセキュリティ マイナー マイナンバー マイナンバー制度 マイニング マインドストーム マクロミル まとめ マネージングプレーヤー マネジメント マルウェア マルウエア対策 マルウェア開発 マルチクラウド マルチメディアクラッシャー まるっと365 マルハン マンガ ミサワ整骨院 ミス軽減 ミドルウェア市場 ミニサーベイヤー みんなの情シス ムーアの法則 むくみ対策 むちゃぶり メール メールセキュリティ メール添付 メール詐欺 メール誤送信 メインフレーム メソッド メタボ対策 メモリ容量 メリット メンタルヘルス管理 メンテナンス モジュール化 モデル モデル取引 ものづくりAI/IoT展 モノのインターネット モバイル モバイルファクトリー モバイルワーク モバイル端末管理 やってはいけない4つの方法 やってみる やり方 やるべきこと やる気 ユーザー企業 ユーザー動向 ユーザー動向調査 ユーザー管理 ユーザー調査 ユーザ動向 ユースケース別 ユナイトアンドグロウ ユニファイドコミュニケーション ユニフォーム効果 ユビキタス ヨシケイ開発 ライセンス ライトニングトーク ライバル企業 ライフウェア技研 ラクス ラック ランクアップ ランサムウェア リース リーダー リコー リスク リスクマネジメント リスク分析結果 リスト リフレッシュ リモート リモートアクセス リモートワーク ルーター レガシー レッドハット レノボ レポート ローカルブレイクアウト ローコード ローコード開発 ログ ログイン認証 ロボット ロボデックス ワーキングマザー ワークカルチャー ワークスペース ワークフォース ワークフロー ワークライフバランス ワールド情報 ワイヤレスジャパン わかりやすい ワタベウェディング 一人 一人情シス 七尾エレナ 三段用語 三段用語辞典 三澤 威 上半期 上手なホメ方 上手に付き合う方法 上田晃穂 上越TechMeetup 不具合 不動産会社 不在 不安 不正アクセス 不正ドメイン対策 不正侵入 不正送金 不要 不足 世代 世代間ギャップ 世界 世界シェア 世界初 中国 中堅 中小 中小企業 中小企業向け 中山ゆか 丸投げ 主要10項目 乗っ取り 予測 予測分析ツール 事例 事前公表 事業リスク評価 事業戦略 事業継続 二要素認証 交流会 交通混雑 人員削減 人工知能 人材 人材不足 人材不足解消 人材紹介 人気 今から 今後の対策 仕事 仕事内容 仕様 仕組み 代用貨幣 仮想化 仮想空間 企業 企業ユーザー 企業調査 会社規模別 会計検査院 会議 体操 体験 使い方 価値創造 価格 侵入者対策 便乗 便利屋 俗人化 保証 保護 個人情報 個人情報保護 健康 健康保険 健康管理 偽サイト 働き方 働き方の未来 働き方改革 働き方改革関連ICTツール 優先順位 優良企業 入退管理システム 全世界 公衆無線LAN 公開 共働き 内容 内製化 内部拡散防止 内閣サイバーセキュリティセンター 内閣府 冷え性対策 処分 出勤強要 出口対策 出荷台数 出荷台数予測 分散ネットワーク 分析 分離 分類 切替 初期設定 別経路 別送 利便性向上 利用は二分化 利用動向 利用動向調査 利用状況 利用者調査 制度 劇場型詐欺 助成 効率化 勉強会 動向 動向調査 動詞な上司 北海道銀行 北陸銀行 千須和瞳 博報堂DYホールディングス 危険な理由 危険性 参考 取りやめ 取り組み 取材レポート 受領 可視化 吉田沙織 向き不向き 品質向上 問い合わせ 問題 問題点 問題解決 四方山話 回避 回避策 国内 国内AIビジネス市場 国内CIO調査 国内EAソフトウェア市場予測 国内IoTセキュリティ製品市場 国内IoT市場 国内IoT市場 テクノロジー別予測 国内ITサービス市場 国内ITサービス市場予測 国内IT市場 国内PCサーバー出荷概況 国内PC出荷実績 国内PC市場 国内SDN市場 国内エンタープライズストレージシステム市場 国内サーバーオペレーティングシステム市場 国内サーバー市場 国内システム/サービス管理ソフトウェア市場 国内セキュリティ市場 国内ソフトウェア市場 国内タブレット端末市場実績 国内データセンタ 国内データセンターサービス 国内データセンターサービス市場 国内ネットワークサービスの利用に関する企業調査結果 国内ネットワーク仮想化 国内企業 国内企業ユーザー 国内情報セキュリティ市場予測 国内携帯電話・スマートフォン市場 国内携帯電話/スマートフォン市場実績 国内携帯電話市場 国内携帯電話市場 2018 国内通信事業者向けネットワーク機器市場予測 国際ドローン展 在宅勤務 地域別 地方サテライト 坂村教授 基幹システム 基本 基本情報 基盤 基礎知識 堀洋人 境界型 境界防御 境界防御の限界 売上ランキング 変遷 変革 変革期 夏休み 夏休み自由研究 外気冷房 多要素認証 大倉香織 大規模開発 大阪 失敗しない 失敗談 契約書 奪われる仕事 守るから許す 安全 安全なアクセス 安全性 安全配慮義務 安東史朗 定額 実情 実態把握 実態調査 実現 実績 家庭市場 家庭用 富士通 富永英司 対処法 対応方法 対応策 対策 専用端末 専門職 導入 導入成功事例 導入準備 導入状況 導電性接着剤 展望 展示会 展示会レポート 属人化 履歴書 山梨 岡田真由さん 川合美紗子 川島奈津季 巣ごもり 工場 工藤伸治 市場 市場シェア 市場予測 市場動向 市場成長 市場規模 常識 幕張メッセ 平均年収 平成 広告の影響 広告規制 店舗流通ネット 廃棄 廃止 延長セキュリティ更新プログラム 建設テック 建設投資 強いAI 影響 役割 心理的安全 心理的安全性 必要 必要性 忘れられる権利 性能 悪用 悪質なコード 情シス 情シス スキル 情シス マネジメント 情シス×ストレッチ 情シスdays 情シスTIPS 情シスサミット 情シスサミット2019 情シスのミッション 情シスの仕事とカタチ 情シスの業務 情シスの現状 情シスめし 情シスライフ 情シス一斉調査 情シス三段用語辞典 情シス不在 情シス人材不足解消 情シス仕事術 情シス基礎知識 情シス奮闘記 情シス女子 情シス女子会 情シス小説 情シス必要・不要論 情シス研修 情シス腐女子 情シス解体新書 情シス講座 情報 情報ガバナンス 情報システム 情報システム人材 情報システム部門 情報セキュリティ 情報セキュリティEXPO 情報セキュリティマネジメント 情報セキュリティマネジメント試験 情報セキュリティ対策 情報セキュリティ市場 情報セキュリティ白書 情報セキュリティ講座 情報モラル 情報交換 情報戦略テクノロジー 情報搾取 情報検証能力 情報機器の入替 情報漏洩 情報銀行 意のあるソフトウェア 意見交換 意識 意識調査 感染リスク 感染症対策 成功のカギ 成功の秘訣 成長予測 成長率 戦略 手のひらストレッチ 手を組んだ理由 手口 手法 手順 手首疲労 技術 技術的特異点 技術知識共有 投資マンション 投資効率 投資拡大 持ち込み 指紋認証 推進 提携 提案 携帯電話 支援 改ざん 改元 改善 改革 攻撃 攻撃手法 放置 故障 教材 教科書 教育ITソリューションEXPO 教育研修 断れない 断捨離 新サービス 新しい価値感 新たな社会 新型 新型コロナウィルス 新型コロナウィルス対策 新常態 新機能 新潟 新産業革命 新製品/新サービス 方法 旅行 日本 日本HP 日本マイクロソフト 日本ものづくりワールド 日本版FedRAMP 日東造機 日経 日経 XTECH EXPO 2018 日経XTECH EXPO 日経XTECH EXPO 2018 旧OS 早わかり 昭文社 時間短縮 時間管理 晃立工業株式会社 普及阻害要因 景品表示法 更新 書き方 最新事情 最新動向 最新技術 月次報告書 有償 有償対応 木村友泉 未来 未病 未経験 東京 東京スター銀行 東京会場 東急電鉄 東洋紡 松田軽太 桜井日奈子 植木和樹 検討 業務 業務PC 業務システム 業務ソフトウェア利用状況調査 業務ハック 業務利用 業務効率化 業務委託 業務用 業務用PC選び 概要 構築 構築方法 標準 標的型サイバー攻撃 標的型サイバー攻撃対策市場規模 標的型メール攻撃 横浜市 橋下徹 機会損失 機器レンタル 機密情報 機械学習 機能 機能性素材 機能更新 次世代セキュリティ 歴史 残業メシ 比較 民法改正 水谷哲也 永見花奈 求められる情シス 求人 求人検索エンジン スタンバイ 決断 決裁 決裁獲得 決裁獲得メソッド 法人 法人利用 法人向けPC 法人市場 法人組織 法務 法律相談 注意事項 注意喚起 注意点 活用 活用術 流通 海外 海外比較 消せない 消費増税駆け込み 液浸 深セン 添付 添付ファイル 清田一葉 減少 温度管理 準同形暗号 漏れ 火消し役 災害救助 無償 無害化 無料 無料Wi-Fi 無線LAN 無線LAN機器 熱中症予防 物理破壊 特権モード 特集 独立行政法人情報処理推進機構 独自通貨 猫背対策 獺祭 理由 理解 環境 環境構築 環境配慮型 生き残り策 生体 生産性 生産性向上 産業分野別 産業別 産業応用市場 産業用 用語辞典 用語集 用途別 田吹優佳 画像伝送 留意点 疲れ目 症状緩和 痛い 癒やし 発汗 登録セキスペ 目の疲れ 相談状況 省力 省庁 眼疲労 眼精疲労 眼精疲労対策 矢島名央 矢野経済研究所 知っトク技術 知っ得言語 知らせるアム 知る 知識 石狩データセンター 磁気消去 社内 社内コミュニケーション 社内システム構築 社内仮想通貨 社長攻略 神えり 神戸杏奈 神谷太郎 私用機器 秋葉原 秘密分散 秘密計算 移行 稲葉 徹 端末管理 端末認証 笑顔 第1四半期 第1回 第2四半期 第3のプラットフォーム 管理 管理ソフト 管理会計 管理工数削減 管理者 簡単 簡単導入 簡素化 米国 粉砕機 紹介 組み込み技術 経営幹部 経済産業省 経産省 給与 統合管理 継続的インテグレーション 総会 総務・人事・経理ワールド2018 置き換え 翻訳 職場変革 肉体改造 肩こり 肩こり対策 育児 育児両立 育成 脅威 脅威分析 脅威動向 脅威啓発 脆弱性 脆弱性管理 脱Excel 脱却 脳インプラント 腰痛 腰痛対策 自動化 自動化プラットフォーム 自律制御システム研究所 自律化 自律型 自社ページ 花粉症対策 荒井真優美 蝶採トックディル 被害 被害事例 製品 製品戦略 製造業 要件定義 要対応 要注意 見直し 規模 視点 解体新書 解決 解消 解説 設定 診断 詐欺 試験 認定企業 認証 認証基盤 認証強化 誤送信 課題 調査 調査データ 調査レポート 調査結果 調達 調達基準 調達端末 講演 販促 資格 資生堂 購入 購買意欲 赤本 超ホーダイ 超音波 踏み台 身代金 転職 軽減 農業生産クラウド 通信の暗号化 通年 通知メール 連携 運用課題 違い 酒井 彩 酒井彩 酒造り 酸素めがね 重要 野月愛莉 鉄腕アトム 長期休暇 閉域網接続 開催案内 開発 関係 関係性 関数 関東ITソフトウェア健康保険組合 防げない 防御 阻害要因 隠匿手口 集中力アップ 集計 雛形 電子サイン 電子国家 電子政府 電子書籍化 電話帳 青い森クラウドベース 静岡理工科大学 頭の疲れ対策 高効率 高収入 高齢経営者 齊藤桃子
ページ上部へ戻る