「Wi-Fiは5G時代も重要な技術」 Wi-Fi AllianceがWi-Fiの現状と2020年に向けた取り組みを説明

2017/07/27

無線LANの業界団体「Wi-Fi Alliance」は、Wi-Fiの現状と今後の取り組み、最新の認定プログラムを紹介する説明会を開催した。Wi-Fi Allianceでは、次世代の無線通信「5G(第5世代)」の普及をにらみ、東京オリンピック開催の2020年までに最新技術を投入する。会見したケビン・ロビンソン・マーケティング担当 バイスプレジデントは「Wi-Fiは5Gと同等の能力があり、高密度な通信は5Gよりも優れている」と、優位性を強調した。

ケビン・ロビンソン・Wi-Fi Alliance マーケティング担当 バイスプレジデント

ケビン・ロビンソン・Wi-Fi Alliance マーケティング担当 バイスプレジデント

説明会では、まずWi-Fiの現状について説明。ロビンソン・バイスプレジデントは「Wi-Fiは長い間成長を続けている」と説明。Wi-Fiのチップセットの出荷台数が2021年までに全世界で40億台に達するとの見通しを示し、「その頃には(次世代高速通信技術の)IEEE 802.11ax/Wi-Gig対応チップセットの普及も進んでいる」と述べた。また、21年までにWi-Fiを搭載した機器の累計出荷台数が320億台以上になると語った。

Wi-Fiのチップセットの出荷台数

Wi-Fiのチップセットの出荷台数

Wi-Fiデバイスの累計出荷台数

Wi-Fiデバイスの累計出荷台数

そして、日本でのWi-Fi環境の現状に触れ、日本航空や公共バスが飛行機内やバス内で、無料のWi-Fi接続サービスを提供していることを例に「Wi-Fiはユーザーにとって、どこにいてもすぐに使える技術で、簡単にアクセスできる環境を当然に感じている」と述べた。その上で「2020年の東京オリンピックがWi-Fiの技術を提供する機会」と強調。政府が2020年までに学校、官公庁、美術館など公共の場所に3万か所のWi-Fiスポットを設置しようとしていると紹介した。

次に、今後の実用化が予定されている5Gとの関係についても説明。「5Gに移行しても、Wi-Fiは重要な役割をする。セルラーを補完する重要な基盤技術だ」と述べた。その理由として「Wi-Fiは最も成功している小型セルの技術で、5Gのデバイス要件に十分対応できる能力がある」と説明。具体的には802.11ac、WiGig、2020年に向けて普及を見込む次世代規格の802.11axを挙げた。

一方、最新の認定プログラムも紹介。まず、1つのアクセスポイントに機器からのアクセスが集中し通信速度が低下するのを回避する認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Vantage(バンテージ)」を説明した。これはサービス事業者がネットワーク管理し、1つのアクセスポイントに接続し続ける機器を削減や映像や通話などのアプリケーションの通信が中断することを最小限に抑えることなどができる。

「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」の概要と今後の計画

「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」の概要と今後の計画

そのほか、ワイヤレスディスプレイのプログラム「Wi-Fi CERTIFIED Mircast(ミラキャスト)」で、4K ウルトラHDのコンテンツ表示が可能な機能の追加、デバイス間の正確な時間の同期ができるプログラム「Wi-Fi CERTIFIED TimeSync(タイムシンク)」も紹介。TimeSyncを利用すると、例えば、マルチチャンネル接続の無線スピーカーでは、音の遅れなどの問題を解決できるという。また「この機能は自動車やIoT(モノのインターネット)、工業、医療分野でも威力を発揮するだろう」とロビンソン・バイスプレジデントは話した。

「Wi-Fi CERTIFIED Mircast」の新機能

「Wi-Fi CERTIFIED Mircast」の新機能

「Wi-Fi CERTIFIED TimeSync」の概要

「Wi-Fi CERTIFIED TimeSync」の概要

Wi-Fi AllianceはWi-Fiの技術をグローバルで提供するための業界団体。世界で700社以上の企業が参加しており、日本企業も111社がメンバーに名を連ねている。Wi-Fi Allianceでは日本を「重要な市場」(ロビンソン・バイスプレジデント)と位置付けている。

Wi-Fi Allianceに参加する111の日本企業

Wi-Fi Allianceに参加する111の日本企業

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る