『Japan IT Week秋』ジョーシス全速レポート!「把握できていない個人情報、意外とあるんです」株式会社レピカ

2015/10/30

株式会社レピカの高田さんにお話を伺ってみると、「社員の方々が作成したファイルには、意外とたくさんの個人情報が含まれていることが多いのです。実際にP-PointerPC内をスキャンしたユーザにアンケートを取ったところ、93.6%のユーザがPC内に意図しないファイルがあった、と回答しています。把握できていないファイルが多いほど、情報漏えいのリスクは高まりますので、定期的に個人情報検出を行うことはリスクマネジメントにつながります」

「今回、同じブースに、ファイルを確実に消去するソリューションを提供するブランコ・ジャパンさん、ファイルを暗号化するソリューションを提供するネスコさんと共同で出展しています。これらのソリューションを連携させ、マイナンバーをはじめとする個人情報漏えいリスクを最小化できる環境を構築していきます」(高田さん)

詳細はこちら

この記事の目次

突撃インタビュー動画

関連記事

新着記事

  1. 2018/05/23 時代のクラウド移行の流れもあり、Office365を導入する企業が増えて…
  2. 2018/05/22 ガートナー、全社員のIT活用力強化に向けた3つの施策を発表 企業がデジタル…

おすすめ記事

  1. クラウド選びに悩む、そんなとき 今やたくさんのサービスが存在するパブリッククラウド。いろいろ検…
  2. 2019年を境に、IT業界は深刻な人手不足に突入します もう、20年も前のこと。「2000年問…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る