『Japan IT Week秋』ジョーシス全速レポート!「LANに接続するだけで『内部対策』できます」株式会社PFU

2015/10/30

株式会社PFUの木谷さんにお話を伺いました。

 

「外部からの進入を防ぐことが難しいマルウェア感染は、早期発見と内部での拡散防止が重要です。出口対策は外部への漏えいを防ぐことができるかもしれませんが、内部のPCへの拡散は防ぐことができず、マルウェア除去に工数を取られることになるからです。つまり「内部対策」も重要なのです。

標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス製品『iNetSec Intra Wall』は、LAN内に設置するだけで、マルウェア活動を自動で発見し、自動で感染端末を遮断。情シスのご担当者の手をわずらわせることなく、内部拡散を防ぎます」

仮に外部漏えいがなくても、業務を阻害しかねないマルウェアの内部感染。その備えとして、「入口/出口対策」だけでなく「内部対策」も真剣に取り組むべき課題となっています。

詳細はこちら

ノベルティは、ブランケットです。

この記事の目次

突撃インタビュー動画

関連記事

新着記事

  1. 2018/05/25 リリースから早5年。Office365を利用するユーザー企業からも、成功…
  2. 2018/05/23 時代のクラウド移行の流れもあり、Office365を導入する企業が増えて…

おすすめ記事

  1. クラウド選びに悩む、そんなとき 今やたくさんのサービスが存在するパブリッククラウド。いろいろ検…
  2. 2019年を境に、IT業界は深刻な人手不足に突入します もう、20年も前のこと。「2000年問…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る