【ウェアラブルEXPO】ウェアラブル機器をビジネス活用するB2Bソリューション Phone Appli

  • 2017/1/26
  • 【ウェアラブルEXPO】ウェアラブル機器をビジネス活用するB2Bソリューション Phone Appli はコメントを受け付けていません。
2017/01/26

Phone Appli(フォンアプリ、東京・港)は、同社のWeb電話帳を基盤に、ウェアラブル機器から得られたさまざまな情報を管理するする「Phone Appli コラボレーティブ IoT」を展示していた。

Phone Appliのブース

Phone Appliのブース

「Phone Appli コラボレーティブ IoT」は、スマートグラスやセンサー付きヘルメット、センサー付きウェアなどから、社員や作業員などの生体情報や位置情報を収集。一括管理してWeb上の社員リストに表示するクラウドサービス。社員の体調や集中度、状態などを一覧することが可能だ。

スマートグラスやヘルメットの管理ができる

スマートグラスやヘルメットの管理ができる

例えば、スマートグラスからは、目の動きやまばたきなどから集中度を測定し、ポータル画面上に表示。コミュニケーションをしたい相手は、その状態から判断して、メールやチャット、電話や対面ミーティングの中から最適なコミュニケーション手段を選ぶことが可能になる。

スマートグラスの管理画面

スマートグラスの管理画面

また、センサー付きヘルメットを連動させることで、現場作業を行っている従業員の状態を事務所で把握するといったことも可能。ヘルメットには温湿度、傾き、加速度センサーが付いており、転倒などの異常時には警報の発信し、管理ポータル画面上に表示することもできる。また、センサー付きのウェアなどと組み合わせることで、体調状態の把握も可能だ。

Phone Appliによると、一般的にウェアラブル機器はこれまで別々に管理していることが多く、一括して管理するポータルがなかったという。「当社ではその点に着目し、複数の機器からの情報を統合し、社員の方々の健康状態や位置などを業務に生かせる形で提供できるようにした」と、石原洋介社長はサービスの狙いを説明する。今後は、ウェアラブル機器のベンチャー企業などとコラボレーションを行っていく考えで「ベンチャー企業の支援とウェアラブル市場を盛り上げていきたい」(石原社長)としている。

バックナンバー

【ウェアラブルEXPO】最新のウェアラブル端末・関連技術が一同に集結 注目ブースをレポート

【ウェアラブルEXPO】最新のウェアラブル端末・関連技術が一同に集結 注目ブースをレポート
東京ビックサイトで1月18~20日に開催された「第3回 ウェアラブルEXPO」。この展示会には最新のウェアラブル端末や、周辺技術を手がける企業・団体179社が出展した。イベントの注目ブースをレポートする。

【ウェアラブルEXPO】ウェアラブル機器をビジネス活用するB2Bソリューション Phone Appli

【ウェアラブルEXPO】ウェアラブル機器をビジネス活用するB2Bソリューション Phone Appli
実用期に入ってきたウェアラブルとIoT(モノのインターネット)技術。Phone Appli(フォンアプリ)では、クラウドサービスと組み合わせた「Phone Appli コラボレーティブIoT」を展示していた。これは、さまざまなウェアラブル機器を使って社員の健康状態などを管理するサービスだ。

【ウェアラブルEXPO】用途ごとにパーツを選べる! 世界初のモジュラー型スマートウォッチ BLOCKS

【ウェアラブルEXPO】用途ごとにパーツを選べる! 世界初のモジュラー型スマートウォッチ BLOCKS
ウェアラブル端末の代表格のスマートウォッチで新風を送り込むのが、世界初のモジュラー型スマートウォッチ「BLOCKS(ブロックス)」だ。用途に合わせ必要な機能をモジュラーでカスタマイズできる斬新なスマートウォッチに迫った。

【ウェアラブルEXPO】スタイリッシュなウェアラブル機器を可能にするアクリル技術 ワーズウィズ

【ウェアラブルEXPO】スタイリッシュなウェアラブル機器を可能にするアクリル技術 ワーズウィズ
カラフルでさまざまなデザインのアクリルでできたアクセサリー風のオブジェが並んでいたのがワーズウィズのブースだ。オブジェの中には電子回路が入っており、機器として機能する。このオブジェの形成技術は、さまざまな用途で利用が可能だという。

【ウェアラブルEXPO】熱中症の予兆を警告・通報するウェアラブル機器 ライフケア技研

【ウェアラブルEXPO】熱中症の予兆を警告・通報するウェアラブル機器 ライフケア技研
心拍数、血圧などを計測するウェアラブル機器が多数出展されている中、発汗量から熱中症の発生を警告するという少し変わったウェアラブル機器があった。出展したのはライフケア技研だ。

関連記事

新着記事

  1. 2018/05/25 リリースから早5年。Office365を利用するユーザー企業からも、成功…
  2. 2018/05/23 時代のクラウド移行の流れもあり、Office365を導入する企業が増えて…

おすすめ記事

  1. クラウド選びに悩む、そんなとき 今やたくさんのサービスが存在するパブリッククラウド。いろいろ検…
  2. 2019年を境に、IT業界は深刻な人手不足に突入します もう、20年も前のこと。「2000年問…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る