【ウェアラブルEXPO】用途ごとにパーツを選べる! 世界初のモジュラー型スマートウォッチ BLOCKS

  • 2017/1/26
  • 【ウェアラブルEXPO】用途ごとにパーツを選べる! 世界初のモジュラー型スマートウォッチ BLOCKS はコメントを受け付けていません。
2017/01/26

まるでブロックのように機能を組み合わせることができる世界初のブロック型スマートウォッチ。それが「BLOCKS(ブロックス)」だ。

モジュラー型スマートウォッチ「BLOCKS(ブロックス)」

モジュラー型スマートウォッチ「BLOCKS(ブロックス)」

英国のスタートアップ企業、BLOCKS Wearablesが開発した「BLOCKS(ブロックス)」は、コア部である時計に、GPS、心拍計、高度・気圧・気温計などの機能モジュラーをバンド部に付けることで、必要な機能を追加できる。

外見は普通のデジタル腕時計と変わらない

外見は普通のデジタル腕時計と変わらない

本体の時計部分は、Snapdragon CPUとAndroid6.0の組み合わせで、スマートウォッチとしての機能を搭載。Wi-FiやBLEに対応し、これらの通信を使って、AndroidやiOS機器との連携も可能だ。本体の時計部分とモジュラー部分、モジュラー同士は独自のコネクタで接続することで防水・防塵・対汗性を確保した。

「BLOCKSはモジュラー部分を開発するだけで、さまざまな用途に利用できる。例えば、RFIDやバーコードリーダーモジュラーを付ければ、倉庫などで使える。GPSやスマートキーモジュラーを付ければ、宅配便のドライバーが活用することもできる。フェリカモジュラーを付けることで、ICカード定期券や電子マネーとしての活用も可能になる」と、平内優・BLOCKS Japan代表は、製品の特長について、こう説明する。

平内優・BLOCKS Japan代表

平内優・BLOCKS Japan代表

BLOCKSは2017年5月に発売を予定している。税別の価格は5万9800円。また、普及に向けて、クラウドファンディングで出資者を募っているという。

バックナンバー

【ウェアラブルEXPO】最新のウェアラブル端末・関連技術が一同に集結 注目ブースをレポート

【ウェアラブルEXPO】最新のウェアラブル端末・関連技術が一同に集結 注目ブースをレポート
東京ビックサイトで1月18~20日に開催された「第3回 ウェアラブルEXPO」。この展示会には最新のウェアラブル端末や、周辺技術を手がける企業・団体179社が出展した。イベントの注目ブースをレポートする。

【ウェアラブルEXPO】ウェアラブル機器をビジネス活用するB2Bソリューション Phone Appli

【ウェアラブルEXPO】ウェアラブル機器をビジネス活用するB2Bソリューション Phone Appli
実用期に入ってきたウェアラブルとIoT(モノのインターネット)技術。Phone Appli(フォンアプリ)では、クラウドサービスと組み合わせた「Phone Appli コラボレーティブIoT」を展示していた。これは、さまざまなウェアラブル機器を使って社員の健康状態などを管理するサービスだ。

【ウェアラブルEXPO】用途ごとにパーツを選べる! 世界初のモジュラー型スマートウォッチ BLOCKS

【ウェアラブルEXPO】用途ごとにパーツを選べる! 世界初のモジュラー型スマートウォッチ BLOCKS
ウェアラブル端末の代表格のスマートウォッチで新風を送り込むのが、世界初のモジュラー型スマートウォッチ「BLOCKS(ブロックス)」だ。用途に合わせ必要な機能をモジュラーでカスタマイズできる斬新なスマートウォッチに迫った。

【ウェアラブルEXPO】スタイリッシュなウェアラブル機器を可能にするアクリル技術 ワーズウィズ

【ウェアラブルEXPO】スタイリッシュなウェアラブル機器を可能にするアクリル技術 ワーズウィズ
カラフルでさまざまなデザインのアクリルでできたアクセサリー風のオブジェが並んでいたのがワーズウィズのブースだ。オブジェの中には電子回路が入っており、機器として機能する。このオブジェの形成技術は、さまざまな用途で利用が可能だという。

【ウェアラブルEXPO】熱中症の予兆を警告・通報するウェアラブル機器 ライフケア技研

【ウェアラブルEXPO】熱中症の予兆を警告・通報するウェアラブル機器 ライフケア技研
心拍数、血圧などを計測するウェアラブル機器が多数出展されている中、発汗量から熱中症の発生を警告するという少し変わったウェアラブル機器があった。出展したのはライフケア技研だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  4. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  5. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  6. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  7. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

  8. 2018年「法人」を狙うセキュリティ三大脅威にみる今後の対策

  9. いまさら聞けない【情シス基礎知識】BitLockerとTPMとは

  10. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(インフラ編)-ノークリサーチ調査

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る