【コンテンツ東京2016】あいまいな主観を客観化する人工知能 PARTY

  • 2016/7/6
  • 【コンテンツ東京2016】あいまいな主観を客観化する人工知能 PARTY はコメントを受け付けていません。
2016/07/06

エンターテイメントやマーケティングなどでのコンテンツ活用促進を目的に関連企業が出展した展示会「コンテンツ東京2016」内で開催された「AI・人工知能ワールド」においてPARTYでは、ディープラーニングを使った人工知能エンジン「Deeplooks」を出展していた。

PARTYのブース

PARTYのブース

主観を学習し人工知能が客観的に評価する「Deeplooks」

サービスの核となるのは、人工知能エンジン「Deeplooks」。現在公開している顔の美しさを数値化するWEBサービスでは人工知能を通して、ディープラーニング(深層学習)に基づく結果から高い点数をつけていく仕組みだ。

Deeplooksの表示例

Deeplooksの表示例

「『きれいな景色』『美しい顔』『素敵な服』といった評価は、非常に主観的。人によって評価が異なる。そこで我々はディープラーニングの技術を使って、主観評価を客観的な数値に落とし込んでみようとチャレンジした」と田中潤・エクゼクティブ・プロデューサーは語る。「メガネ選び」や「メイクのアドバイス」での活用も構想段階にあり、共同開発する企業を募集しているそうだ。

「普遍的な美しさとは何か?」を探る

Deeplooksは1万ほどの画像を投入すると、そこから画像の特徴を読み取り、自分で学習していくという。「実は我々は『Deeplooks』が画像に対し、なぜその点数をつけるのか、まったくわからない。それは『Deeplooks』が自分で学び判断しているから」とのこと。そのため、時には人間と異なる評価を下すこともあるが、その場合には、人間がフィードバック結果を反映させて微調整するという。

これからも「新体験」を作り続ける

「我々は人工知能専業の会社ではなく、さまざまな技術とデザインを組み合わせて世の中に送り出していくクリエイティブ・ラボ。成田空港第三ターミナルの運動トラックのような通路のデザインをジョイントベンチャーで手がけたり、サンスターと組んで世界初のIoT(モノのインターネット)の歯ブラシを企画・発売したりというようなことをやっている。『Deeplooks』は自社のサービスとして生まれたばかりだが、今後さまざまなサービスと組み合わせて、ユーザーが『新体験』できるものを生み出し続けていきたい」と田中プロデューサーは力を込める。

主観を数値化して客観化するというDeeplooks。これまで難しいと考えられていたEC(電子商取引)ショップで販売される洋服などのレコメンド(おすすめ)エンジンとしても応用できるだろう。これまで遠い存在と思われた人工知能が、いよいよ実用化の領域に入りつつあると感じさせる技術だった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る