【スマートフォン&モバイルEXPO 春】iPhone、iPod touchがバーコードリーダーに変身 アスタリスク

  • 2016/5/23
  • 【スマートフォン&モバイルEXPO 春】iPhone、iPod touchがバーコードリーダーに変身 アスタリスク はコメントを受け付けていません。
2016/05/23

物流や店舗での在庫管理で使われるハンディターミナル。従来は専用端末が多く使われてきたが、それをiPhoneとiPod touchで行えるようにしたのが、アスタリスクの「AsReader(アスリーダー)」だ。一次元・二次元バーコードリーダーのほか、非接触型ICリーダー・ライターとしても使うことができる。

AsReaderはベースユニットとバーコードリーダー、非接触型ICリーダー・ライターで構成する。

AsReaderはベースユニットとバーコードリーダー、非接触型ICリーダー・ライターで構成する。

鈴木規之・アスタリスク社長

鈴木規之・アスタリスク社長

AsReaderは、物流での在庫管理や、多くの商品を扱う店舗での商品管理といった利用シーンを想定している。AsReaderと専用アプリを使えば、その手間と時間を大幅に削減が見込めるほか、非接触型ICを使えば、多くの商品情報を一気に読み込むことが可能で、面倒な照合作業も短時間で片付けることができる。

在庫管理などがiPhoneやiPod touchで簡単に行える。

在庫管理などがiPhoneやiPod touchで簡単に行える。

そのほか、製造工場での利用も見込んでいる。例えば、自動車の製造ラインでは仕様によって組み込むパーツが違ったりするが、個々の違いを車体番号と紐づけておき、非接触型のICタグにして、ダッシュボードなどに貼り付けておけば、ライン上を流れてくる車体に、どのパーツを組み付ければよいかが、すぐにわかるようになる。

使い勝手にも工夫

AsReaderには作業負荷を軽くする、使い勝手も工夫がされている。バッテリー充電にはマグネット式の「マッコン」を採用。手早く効率よく充電ができる。ユニット本体は高い強度を持つポリカーボネイト製で、ショックにも強い。

また、自社開発のソフトウェアでは、棚卸しや勤怠管理、発注管理やレジ・売上管理のアプリを用意。これは端末がそのままPOS(販売時点情報管理)レジとして使えるようになるアプリだ。

このシステムでは、専用端末ではなくiPhone、iPod touchを使うという点が、使う側にとっても大きなメリットとなるという。専用端末ではないため、初めて手に取ったスタッフも使い方に迷うことがほとんどない。使用法を記載したプリント一枚を同梱しておくだけで済み、教育に割く時間とコストがカットできる。

「例えば、季節イベントを行う時、そのために臨時スタッフを大量に雇用すると、イベント前には研修・教育が必要になるが、このシステムでは最低限の教育で済む」と、鈴木社長は説明する。

アスタリスクはケース型リーダー「AsReader」の企画・開発・製造を手がける企業。今後はAsReaderでさまざまな展開も考えているという。利便性と使い勝手をうたい文句に市場をどれだけ開拓できるかが注目される。

AsReaderを全面に押し出していたアスタリスクのブース。

AsReaderを全面に押し出していたアスタリスクのブース。


アスタリスク
https://www.asx.co.jp/


バックナンバー

モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】さらに広がり、深まるモバイルの可能性

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】さらに広がり、深まるモバイルの可能性
モバイル関連の企業が一堂に会した「スマートフォン&モバイルEXPO 春」。今年は東京ビッグサイトで5月11~13日の日程で開催。展示会ではスマホなどを活用した製品・サービス・情報が目白押しだった。ジョーシスでは、その中から注目のブースを順次レポートします。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】実用間近のスマートグラス コニカミノルタ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】実用間近のスマートグラス コニカミノルタ
コニカミノルタのブースでは、ウェアラブルコミュニケーター「WCc」を展示していた。これは「スマートグラスと」呼ばれるメガネ型ディスプレイだ。スマートグラスといえばグーグルグラスが知られた存在だが、その上をいくと思われる仕上がりだった。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】iPhone、iPod touchがバーコードリーダーに変身 アスタリスク

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】iPhone、iPod touchがバーコードリーダーに変身 アスタリスク
iPhone、iPod touchに装着して使うリーダーユニット「AsReader(アスリーダー)」を提供するアスタリスク。アップルの機器がそのままバーコードリーダーや非接触型ICリーダー・ライターで使えるのが特徴だ。アプリをインストールすることでさまざまな用途に活用できる。ブースでもその点をアピールしていた。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】Surfaceを体験展示でアピール マイクロソフト

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】Surfaceを体験展示でアピール マイクロソフト
マイクロソフトが今回、前面に押し出して展示したのは、タブレット端末「Surface(サーフェス)」の3機種。「Surface 3」「Surface Pro 4」「Surface Book」だ。いずれもすでに発売されているモデルだが、そこにはさまざまな驚きが待っていた。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】スマホが無限無線機に変身 アイニックス

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】スマホが無限無線機に変身 アイニックス
スマホを無線機のように使える。しかも通信可能距離は無制限。それが、アイニックスの提供するスマホを活用したサービス「EveryTalk(エブリートーク)」だ。音声だけでなく映像まで、プッシュトゥトークで一斉送信することができる。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】三拍子そろった法人通信サービス 2B

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】三拍子そろった法人通信サービス 2B
自由に選べるデバイス、ドコモ回線を使った高品質MVNO(仮想移動体通信事業者)通信と、そして導入から運用までのサポートをワンストップで提供するのが、2Bの総合通信サービス「Bizmo(ビズモ)」だ。きめ細やかなそのサービスは、IT機器の導入を図る企業にとって頼もしい存在といえる。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】イヤホンが寝過ごし防止アイテムに! キングジム

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】イヤホンが寝過ごし防止アイテムに! キングジム
キングジムといえば、代表的な文房具メーカー。「文具のメーカーが、どうしてモバイルEXPOに?」とも感じるが、実はモバイル関連の製品も手掛けている。今回は展示された製品の中でもユニークなアイテムにフォーカスした。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】その表情は「YES」か「NO」か? ウェブレッジ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】その表情は「YES」か「NO」か? ウェブレッジ
ソフトウェアの検証・品質改善などを手がけるウェブレッジが打ち出したのが、表情から感情を探り出すシステム「FACT4」だ。スマートフォンのカメラでユーザーの視線の動きと表情の変化を読み取り、詳細に分析することで、真の感情を探りだそうというものだ。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】1つの端末でデータ通信が世界中でできる エクスコムグローバル

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】1つの端末でデータ通信が世界中でできる エクスコムグローバル
1台でアメリカ、アジア、欧州などで通信が行えるモバイルデータ通信サービスが登場した。それがエクスコムグローバルの新たに始める「keepgo(キープゴー)」だ。今回の展示会では黒を基調にしたブースで、サービスを来場者にアピールしていた。

関連記事

新着記事

  1. 2018/05/23 時代のクラウド移行の流れもあり、Office365を導入する企業が増えて…
  2. 2018/05/22 ガートナー、全社員のIT活用力強化に向けた3つの施策を発表 企業がデジタル…

おすすめ記事

  1. クラウド選びに悩む、そんなとき 今やたくさんのサービスが存在するパブリッククラウド。いろいろ検…
  2. 2019年を境に、IT業界は深刻な人手不足に突入します もう、20年も前のこと。「2000年問…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る