【スマートフォン&モバイルEXPO 春】Surfaceを体験展示でアピール マイクロソフト

  • 2016/5/23
  • 【スマートフォン&モバイルEXPO 春】Surfaceを体験展示でアピール マイクロソフト はコメントを受け付けていません。
2016/05/23

今回の展示会では最大級の広さを誇るマイクロソフト(MS)のブース。来場者が手で触れ、体感できるようにSurfaceの各モデルがズラリと並べられている。さらに超大型タブレット「Surface Hub」を使ってのプレゼンテーションも行われていた。

Surfaceの各モデルが並べられたマイクロソフトのブース。

Surfaceの各モデルが並べられたマイクロソフトのブース。

一気に広がったSurfaceシリーズ

MSでは、ブースにSurfaceの現行モデル3機種を多数展示。これは来場者に実際に触れてもらってその良さを実感してもらおう、ということのようだ。

Surface Pro 4

Surface Pro 4

Surfaceの機能で今回改めて驚いたのは顔認証の精度の高さだ。

「通常のカメラと赤外線カメラ、2つのカメラでユーザーの顔を3D撮影し、そのデータをIDとしてログインする仕組み」と、町田匡史・クラウド&ソリューションビジネス統括本部 デバイス&モビリティ営業本部 ソリューションスペシャリストは顔認証機能について説明する。

Surfaceの顔認証は双子の顔も見分けることができる。3Dなので本人の顔でも写真では認証されない。体調不良で顔がむくんでいたりしても認識するという。高い安全性を確保できる機能といえるだろう。

同じく驚いたのが、タブレットペンの描画機能の高さだ。1024段階の筆圧を検知できるため、微妙なタッチの差をそのまま表現できる。書き味は滑らかだ。ペンの後ろを消しゴムとしても使える。実際に使ってみるとノートと鉛筆といった使用感だった。

描画性能をパワーアップした「究極の一台」

3モデルの中で「究極の一台」とアピールしていたのが「Surface Book」だ。これはキーボード下にGPU(画像処理半導体)を搭載し、描画性能を強化したモデル。重さは約1579gと、GPU搭載機器としては軽量に仕上がっている。

Surface Book

Surface Book

「Surface Bookは、デザインや設計、グラフィックワークに耐える性能を持たせた。これを使えば、お客様先で、ディスカッションしながらアイデアに修正や変更を加えることも可能になる」と、町田ソリューションスペシャリストは胸を張る。

一方で「このカテゴリの製品は、今までなかったため、『これがあれば、こうした使い方ができるな』という新しい流れが、お客様の側に生まれてくると考えている」と、青木一人・Windows&デバイス本部シニアプロダクトマネージャーは話す。

町田匡史・マイクロソフト クラウド&ソリューションビジネス統括本部 デバイス&モビリティ営業本部 ソリューションスペシャリスト(左)と青木一人・マイクロソフト Windows&デバイス本部シニアプロダクトマネージャー

町田匡史・マイクロソフト クラウド&ソリューションビジネス統括本部 デバイス&モビリティ営業本部 ソリューションスペシャリスト(左)と青木一人・マイクロソフト Windows&デバイス本部シニアプロダクトマネージャー

変革をもたらすハードへのこだわり

一般にMSはWindowsに代表されるソフトウェア会社のイメージが強い。しかし、「当社はお客様にとって今すぐ必要なものというよりも、『近い将来、必要になるであろうもの』を作ってきており、ハードへのこだわりもある」(町田ソリューションスペシャリスト)という。

今回の展示でいえば、「Surface Hub」がそれにあたるだろう。超大型タブレットでテレビ会議なども行える。

Surface Hub

Surface Hub

Surface Hubは、今すぐ必要かといえば、そうではないかもしれない。しかし、明らかに、新たなワークスタイルを提案している。Surfaceも当初はコンシューマー向けだったが、現在は企業から「こういう使い方はできないか?」というビジネスシーンなどでの使い方の引き合いが増えているという。こうしたニーズをくみ取ることで、今後もMSではソフトだけでなくハードでも、面白い製品や既存の価値観やスタイルに変革をもたらすアイテムを送り出してくるかもしれない。


日本マイクロソフ
https://www.microsoft.com/ja-jp/


バックナンバー

モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】さらに広がり、深まるモバイルの可能性

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】さらに広がり、深まるモバイルの可能性
モバイル関連の企業が一堂に会した「スマートフォン&モバイルEXPO 春」。今年は東京ビッグサイトで5月11~13日の日程で開催。展示会ではスマホなどを活用した製品・サービス・情報が目白押しだった。ジョーシスでは、その中から注目のブースを順次レポートします。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】実用間近のスマートグラス コニカミノルタ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】実用間近のスマートグラス コニカミノルタ
コニカミノルタのブースでは、ウェアラブルコミュニケーター「WCc」を展示していた。これは「スマートグラスと」呼ばれるメガネ型ディスプレイだ。スマートグラスといえばグーグルグラスが知られた存在だが、その上をいくと思われる仕上がりだった。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】iPhone、iPod touchがバーコードリーダーに変身 アスタリスク

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】iPhone、iPod touchがバーコードリーダーに変身 アスタリスク
iPhone、iPod touchに装着して使うリーダーユニット「AsReader(アスリーダー)」を提供するアスタリスク。アップルの機器がそのままバーコードリーダーや非接触型ICリーダー・ライターで使えるのが特徴だ。アプリをインストールすることでさまざまな用途に活用できる。ブースでもその点をアピールしていた。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】Surfaceを体験展示でアピール マイクロソフト

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】Surfaceを体験展示でアピール マイクロソフト
マイクロソフトが今回、前面に押し出して展示したのは、タブレット端末「Surface(サーフェス)」の3機種。「Surface 3」「Surface Pro 4」「Surface Book」だ。いずれもすでに発売されているモデルだが、そこにはさまざまな驚きが待っていた。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】スマホが無限無線機に変身 アイニックス

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】スマホが無限無線機に変身 アイニックス
スマホを無線機のように使える。しかも通信可能距離は無制限。それが、アイニックスの提供するスマホを活用したサービス「EveryTalk(エブリートーク)」だ。音声だけでなく映像まで、プッシュトゥトークで一斉送信することができる。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】三拍子そろった法人通信サービス 2B

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】三拍子そろった法人通信サービス 2B
自由に選べるデバイス、ドコモ回線を使った高品質MVNO(仮想移動体通信事業者)通信と、そして導入から運用までのサポートをワンストップで提供するのが、2Bの総合通信サービス「Bizmo(ビズモ)」だ。きめ細やかなそのサービスは、IT機器の導入を図る企業にとって頼もしい存在といえる。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】イヤホンが寝過ごし防止アイテムに! キングジム

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】イヤホンが寝過ごし防止アイテムに! キングジム
キングジムといえば、代表的な文房具メーカー。「文具のメーカーが、どうしてモバイルEXPOに?」とも感じるが、実はモバイル関連の製品も手掛けている。今回は展示された製品の中でもユニークなアイテムにフォーカスした。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】その表情は「YES」か「NO」か? ウェブレッジ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】その表情は「YES」か「NO」か? ウェブレッジ
ソフトウェアの検証・品質改善などを手がけるウェブレッジが打ち出したのが、表情から感情を探り出すシステム「FACT4」だ。スマートフォンのカメラでユーザーの視線の動きと表情の変化を読み取り、詳細に分析することで、真の感情を探りだそうというものだ。
モバイル・ウェアラブル編集部おすすめ

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】1つの端末でデータ通信が世界中でできる エクスコムグローバル

【スマートフォン&モバイルEXPO 春】1つの端末でデータ通信が世界中でできる エクスコムグローバル
1台でアメリカ、アジア、欧州などで通信が行えるモバイルデータ通信サービスが登場した。それがエクスコムグローバルの新たに始める「keepgo(キープゴー)」だ。今回の展示会では黒を基調にしたブースで、サービスを来場者にアピールしていた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  2. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  3. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  4. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  5. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  6. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  7. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  8. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  9. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

  10. 今から始めるテレワーク!#2 テレワークの環境に必要な要素

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る