【スマート工場EXPO】工場のITセキュリティを守るソリューションをアピール トレンドマイクロ

  • 2017/1/27
  • 【スマート工場EXPO】工場のITセキュリティを守るソリューションをアピール トレンドマイクロ はコメントを受け付けていません。
2017/01/27

トレンドマイクロは、工場のITシステムやネットワーク環境を守るために最適というセキュリティ製品・ソリューション群の展示を行い、アピールしていた。

トレンドマイクロのブース

トレンドマイクロのブース

工場で使われる機器は、一般のPCやサーバーと異なり、普通のウィルス対策ソフトが使えないという。トレンドマイクロではUSBメモリを使ったウィルス検索・駆除ツール「Trend Micro Portable Security2」を開発した。

Trend Micro Portable Security2

Trend Micro Portable Security2

これはUSBメモリ内にウィルス対策ソフトと最新のパターンファイルを内蔵したシステム。インストール不要で、スキャン結果はUSBメモリに内蔵のLEDに表示されるため、ディスプレイが接続されていなくても結果が分かる。

また、常時ネットワークに接続しておらずパターンファイルを更新できない機器にはロックダウン型のウィルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock」を提供する。これはホワイトリスト方式で、使用できるアプリケーションを制限する。パターンファイルを更新することなくウィルス対策が可能だという。

そのほか、オフィスネットワークとの接続点に設置して、工場内ネットワーク全体を守る次世代型侵入防止システム「TippingPoint Threat Protection System」やはネットワーク内の異常を装置に検知システム「Deep Discovery Inspector」を展示。ともに脆弱性が残る可能性のある機器を守るセキュリティソリューションだ。

インダストリー4.0、IoTの核となるのは「ネットワーク化」。従来は閉じたネットワークで使われていた生産設備の制御機器やシステムが、社内のオフィスネットワークやインターネットに接続されるようになる。ネットワーク化によるメリットはたくさんあるが、その反面、外部からのサイバー攻撃に対するセキュリティリスクも高まる。

大田原忠雄・プロダクトマーケティング本部ソリューションマーケティンググループディレクター

大田原忠雄・プロダクトマーケティング本部ソリューションマーケティンググループディレクター

こうした点について「IoTの導入による機器・設備のネットワーク化によって、外部からのサイバー攻撃も容易になった。工場内の機械がサイバー攻撃を受けると、製造業にとって最大のリスクである『稼働停止』に追い込まれ、数千万単位の損失や、製品のリコールなどが起こり、製造業としての信用を失いかねない。製造業でもセキュリティは経営課題として経営層がしっかり認識することが大切」と、大田原忠雄・プロダクトマーケティング本部ソリューションマーケティンググループディレクターは強調した。

バックナンバー

【スマート工場EXPO】インダストリー4.0を実現する最新技術が集結した生産技術の展示会

【スマート工場EXPO】インダストリー4.0を実現する最新技術が集結した生産技術の展示会
東京ビックサイトで1月18~20日に開催された「第1回 スマート工場EXPO」。105社が出展し、ドイツ政府が提唱した「インダストリー4.0(第四次産業革命)」にある「スマート工場(自ら考える工場)」を実現に向けた技術が多くの企業から出展されていた。

【スマート工場EXPO】工場のIPネットワーク化をワンストップで提供 アライドテレシス

【スマート工場EXPO】工場のIPネットワーク化をワンストップで提供 アライドテレシス
ネットワーク機器のメーカーとして知られるアライドテレシスは、工場のIPネットワーク化ソリューション群を展示。インダストリー4.0、IoT時代に必要とされるネットワークシステムの導入から運用までをサポートサービスを展開する。

【スマート工場EXPO】プロジェクションマッピングでミスを防止するピッキングシステム アイオイ・システム

【スマート工場EXPO】プロジェクションマッピングでミスを防止するピッキングシステム アイオイ・システム
製造ラインや物流、流通の現場では欠かせないピッキングシステム。システムではラベルやバーコードなどを導入しミスを減らす仕組みが考えられてきたが、おのおので課題があった。それを解決したのが、アイオイ・システムの「プロジェクションピッキングシステム」だ。

【スマート工場EXPO】エージェントレス監視で、IoT機器の異常をいち早く検知 コムスクエア

【スマート工場EXPO】エージェントレス監視で、IoT機器の異常をいち早く検知 コムスクエア
ネットワーク機器の監視システムの開発を手がけるコムスクエアは、IoT(モノのインターネット)機器の監視運用ソリューションを出展。同社のブースでは多数の機器の監視運用業務のスマート化する「パトロールクラリス」を中心に展示を行っていた。

【スマート工場EXPO】工場のITセキュリティを守るソリューションをアピール トレンドマイクロ

【スマート工場EXPO】工場のITセキュリティを守るソリューションをアピール トレンドマイクロ
セキュリティ大手のトレンドマイクロは、工場のITシステムやネットワーク環境を守るためのセキュリティソリューションを展示。外部の攻撃者によって工場などがサイバー攻撃を受けて稼働停止になるリスクを対策する製品のデモを行いアピールしていた。

【スマート工場EXPO】すぐ始めることができるIoTを前面に展示 東洋ビジネスエンジニアリング

【スマート工場EXPO】すぐ始めることができるIoTを前面に展示 東洋ビジネスエンジニアリング
製造業向けシステムのインテグレーター、東洋ビジネスエンジニアリングは、「小さくはじめて、大きく育てるIoT」をキーワードに、導入しすぐに始められるIoTソリューションなどを前面に出展。ブースでは同社のモノづくり企業に対する姿勢が見られた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  4. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  2. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  3. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  4. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  5. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  7. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  8. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  9. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  10. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る