【ロボデックス】高齢化社会をサポートする補助ロボット イノフィス、東芝

  • 2017/1/25
  • 【ロボデックス】高齢化社会をサポートする補助ロボット イノフィス、東芝 はコメントを受け付けていません

マッスルスーツ 新型スタンドアローンタイプ

マッスルスーツ 新型スタンドアローンタイプ

「当社は2014年に本格的にマッスルスーツの販売を開始。介護現場を中心に1600台を出荷している。最大の特長は空気圧を使った人工筋肉を使っていること。また、モーターを使わないので、バッテリーを持たなくていいメリットがある」と、前田雅子・マーケティング部長は新製品について説明する。

最初のマッスルスーツはエアコンプレッサーを使ったモデルだったという。しかし「エアコンプレッサーモデルは、動作に必要な圧縮空気が常時コンプレッサーから送られるため、動作回数に制限がなく、補助力も30kg高いが、エア供給用ホースが付いているため、作業範囲に制約があるのが難点だった」(前田マーケティング部長)という。

そこで、自転車用の手押し空気入れポンプを流用し、ホースレス、軽量化を図ったスタンドアローンタイプを開発した。また、新製品では「市場の声を取り入れ、しゃがみやすさ、歩きやすさ、見た目のよさを改良した」(同)としている。

スタンドアローンタイプは、自分で空気を入れることができるため、騒音を発生するコンプレッサーが不要。介護現場など静かさが求められる場所でも使用可能だ。エアホースもなく、電源も不要なため、屋外でも使用できる。

市場での競争については「マッスルスーツの競争相手は1にロボット、2に補助となる椅子、3に作業用のコルセット。ただ、新型はパワーアシストをしながら楽に作業ができるようになるので、十分競争力があると考えている」と前田マーケティング部長は自信を見せた。


■東芝、作業標準に準拠した補助ロボットを参考出展

東芝は、工場などの作業標準に準拠したパワーアシストスーツ「ExPAS」を参考出展していた。

東芝が参考出展したパワーアシストスーツ「ExPAS」

東芝が参考出展したパワーアシストスーツ「ExPAS」

一般的に補助ロボットは、腰の動きをサポートするものが多い。これは重量物を持ち上げる際に腰に負担がかかるからだ。

しかし、一般的に工場や物流現場の作業標準では腰痛防止を主眼として、重量物を持ち上げる際には、腰ではなく、膝を曲げて持ち上げるように定められている。厚生労働省でも「職場における腰痛予防対策指針」の中で背筋を伸ばしてひざを使った姿勢を推奨している。

東芝はこの点に注目。一般的な作業標準に従い、膝曲げで重量物を持ち上げる姿勢に対応した「ExPAS」の開発を進めている。「ExPAS」は15Kg相当の力で膝の負担を軽減するという。

「ExPAS」は製品化の時期などは未定。ただ、作業標準に着目した点は、製造業の東芝らしさが現れているといえるだろう。

バックナンバー

【ロボデックス】最新ロボット技術が一同に介したロボット開発・活用展 注目ブースをレポート

【ロボデックス】最新ロボット技術が一同に介したロボット開発・活用展 注目ブースをレポート
東京ビックサイトで1月18~20日に開催された「第1回 ロボデックス ロボット開発・活用展」。産業用からサービス用までのロボットや、その周辺技術を取り扱う137社のロボット関連企業が出展した。

【ロボデックス】人が安心して一緒に働けるロボットを ライフロボ、カンタムエレ、川崎重

【ロボデックス】人が安心して一緒に働けるロボットを ライフロボ、カンタムエレ、川崎重
「人とともに協調して働くロボット」として注目を集める「協働ロボット」。ロボデックスでは数多くの企業から出展されていた。ロボットベンチャーのライフロボテクスは狭い場所でも導入できるロボット、カンタムエレクトロニクスは習字をするロボットを出展していた。

【ロボデックス】人に代わって受付業務 人間そっくりな案内ロボット ココロ

【ロボデックス】人に代わって受付業務 人間そっくりな案内ロボット ココロ
ロボデックスでは、人とコミュニケーションを取ってサービスを行う、いわゆるサービするロボットの出展も見られた。その中でもココロが出展した女性型の案内ロボットは、一見、人と見間違えるようなリアルな造形が来場者の注目を集めていた。

【ロボデックス】インダストリー4.0時代のロボット・製造ラインを展示 KUKA、ヤマハ発動機

【ロボデックス】インダストリー4.0時代のロボット・製造ラインを展示 KUKA、ヤマハ発動機
「第4の産業革命」といわれる「インダストリー4.0」。この製造ラインでは、生産の状況に応じてフレキシビリティが求められるようになる。インダストリー4.0の本場ドイツのKUKA(クカ)は、配置替えにも容易に対応できる協働型ロボット、ヤマハ発動機はIoT(モノのインターネット)に対応し、柔軟度も高い統合制御型ロボットシステムを展示していた。

【ロボデックス】高齢化社会をサポートする補助ロボット イノフィス、東芝

【ロボデックス】高齢化社会をサポートする補助ロボット イノフィス、東芝
高齢化社会を迎え、筋力や腰の負荷が高い介護現場や労働者の高齢化に対応するための補助ロボット開発も注目を集めている。今回のロボデックスでは、東京理科大学発のロボットベンチャー企業のイノフィスや東芝が補助ロボットを出展していた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る