【国際ドローン展】スピード重視で海外も狙うドローンベンチャー テラドローン

  • 2016/4/28
  • 【国際ドローン展】スピード重視で海外も狙うドローンベンチャー テラドローン はコメントを受け付けていません。
2016/04/28

テラドローンのブース

テラドローンのブース

テラドローンは、2016年3月に設立の会社だが、すでに土木測量分野で確固たる実績を築いている。同社はハード・ソフトの開発を手がけるが、その真価はベンチャー企業らしいスピードとフットワークの軽さにある。有望な市場にいち早く乗り込み、ビジネスモデルを定着させる。そのパワーは、日本発のドローンビジネスを世界に展開する強力な武器になるかもしれない。

土木測量分野での確たる実績

テラドローンは電動バイクや電気スクーターなどを製造・販売する「テラモーターズ」が親会社だ。テラモーターズでは手がける電動バイクなどの技術はドローンと基本的な部分で共通項が多い。そこで、電動モーターとその制御技術を応用するべく、テラドローンを設立。ドローン事業に参入した。

「会社は設立間もないのですが、すでに仙台市で測量の実証実験を行っており、手応えはつかんでいます」と事業開発部の神薗優太郎氏は自信を見せる。

テラドローンが開発した測量用のドローン

テラドローンが開発した測量用のドローン

使用された機体には、電動バイクなどで磨いた技術が詰め込まれている。神薗氏は自社の強みについて、次のように話す。

「空撮からCAD、測量までの広い範囲の業務を扱うことができるのが弊社の強みです。そうした持ち味を活かせる土木測量の分野に注力し、すでに多くの実績を積み上げています」。

抜群のスピード感で市場開拓

テラドローンの動きを追ってみると、「スピード感」が目につく。設立後からすぐに土木測量システムを構築。同時に営業活動も展開することで、すでに数十社の顧客を持ち、海外マーケットの開拓も行っている。「スピードが弊社の持ち味」と神薗氏が言う通り、フットワークの軽さが強みだ。

現在は土木測量に特化しているが、農薬散布や構造物点検というニーズも、もちろん視野に入れている。特に構造物検査はそのニーズの高さから、有望な市場だという。

「例えば、橋梁は総延長が70万橋あります。それを5年に1度は点検しなくてはいけない。どう考えても現状では人が足りていませんし、社会的な課題でもあります」と神薗氏はいい、ぜひ打って出たい分野だと力強く語る。

テラドローン 事業開発部 神薗優太郎氏

テラドローン 事業開発部 神薗優太郎氏

大規模倉庫などの資材管理でも、ドローンの活用は有益だと神菌氏は言う。例えば、建築資材置き場。特に海外では広大な敷地の中に数十万件もの資材が保管されている。すべてを機械管理することは難しいし、人の手を使うのもたいへんな作業になる。

「ここでもドローンが活用できます。今はまだ調査段階ですが、これら多くの選択肢から有望な市場を開拓していきます」(神薗氏)。

アジアから世界の空へ

テラドローンでは土木測量という用途に限ってみても、日本以上に大きなニーズがあると考えている。

「アジアはもちろん、測量分野のニーズが見込める国々は多々あります。国によって事情が違うので見極めは必要ですが、世界的な展開を進めていきたいと考えています」と神薗氏は力を込める。

海外進出を果たす上で役に立つのが母体の「テラモーターズ」のネットワークだ。同社は日本以外にベトナム、バングラディッシュ、インドに拠点を持つ。これはテラドローンにとって、大きなメリットになるだろう。「スピード」と「海外拠点の活用」で、世界進出を狙うテラドローン。その戦略が成功すれば、日本発のドローンがアジアや世界各国の空を飛び回る日も遠くないのかもしれない。


テラドローン

https://www.terra-drone.net/


バックナンバー

編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】日の丸ドローンの逆襲が始まった

【国際ドローン展】日の丸ドローンの逆襲が始まった
2016年4月20~22日の3日間、幕張メッセで「第2回国際ドローン展」が開催された。産業用ということで一般来場者の姿はほとんどなかったが、取材して感じたのは、国産メーカーの奮闘ぶりだ。ドローンの分野でモノ作りの国ニッポンが、その本領を発揮し始めている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】既存システム+ドローンで可能性を広げる NEC

【国際ドローン展】既存システム+ドローンで可能性を広げる NEC
NECの展示はドローンを使ったソリューションの提案だ。ソリューションは、国産メーカーのドローンを使い、そこに用途に応じたカスタマイズを加える。さらに必要なソフトを実装し、それらを全体的なシステムとして統合する。こうした、いかにも「NECらしい」といえる展示が行われていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】タフな災害救助ロボットを生み出せ! ImPACT

【国際ドローン展】タフな災害救助ロボットを生み出せ! ImPACT
内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム「ImPACT(インパクト)」。プログラムで行われているのが「タフ・ロボティクス・チャレンジ」だ。これは自然災害などの被災地で、人に代わって被災者救助に活躍する、ロボットによる救助システム。このシステムでは、空からのアプローチを支えるものとしてドローンが位置づけられている。ブースでは、その展示が行われていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】ユニークな機体で注目集める TEAD

【国際ドローン展】ユニークな機体で注目集める TEAD
TEAD(テッド)のブースは明るくカラフルだ。ブースにはさまざまなドローンが並んでおり、多くの人々でにぎわっていた。パーツから組み立て、ホビードローン、メンテナンスから機体製作と、ドローンのすべてを提供している同社。実は「純国産」を志向しつつ、ドローンの将来にも冷静に目を向けていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】研究室から世界に飛び立つ最新ドローン 自律制御システム研究所

【国際ドローン展】研究室から世界に飛び立つ最新ドローン 自律制御システム研究所
千葉大学の研究室から始まった自律制御システム研究所。その名の通り、自律制御システムの研究開発をメインとしている。大学発ということもあって、その開発パワーは圧倒的だ。ハード・ソフトにわたる先進的な技術を、数多く生み出している。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】ドローンで高齢社会を支える三河屋に MIKAWAYA21

【国際ドローン展】ドローンで高齢社会を支える三河屋に MIKAWAYA21
「21世紀の三河屋さん」をそのまま社名にしたMIKAWAYA21。ほかの出展社とは異なり、既存のサービスにドローンを組み込み、省力化を図るという新たなサービスの展示を行っていた。過疎地の高齢者層にとって福音となるそのサービスとは?
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】スピード重視で海外も狙うドローンベンチャー テラドローン

【国際ドローン展】スピード重視で海外も狙うドローンベンチャー テラドローン
日本を含めアジア地域に複数の拠点を持つテラドローン。展示そのものはシンプルで小規模だったが、すでに土木測量の分野で多くの実績を収めている。現在はその活動分野をさらに広げており、アジアの拠点を通じて世界への飛躍をも視野に入れている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】完成度の高い機体で圧倒的存在感 プロドローン

【国際ドローン展】完成度の高い機体で圧倒的存在感 プロドローン
小型機から大型機まで、完成度の高い機体をラインナップしているプロドローン。スピード重視の機体や積載量重視の機体、水面に着水可能な機体など、特徴的なドローンを手がけている。今回の展示会では一風変わった、特殊用途のドローンも見ることができた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  3. 『多くの人々の「笑顔」のために「感動」を届ける。』を企業理念に、人材・IT・サービスの3軸で…
  4. 2018/07/09 ITコンサルティング事業を主力とするハイブリィド株式…
  5. 2018/06/20 情シスの現場では「管理会計」というキーワードは、果たしてどのくらい浸透し…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典73「IPoE」

  2. 【ET & IoT Technology 2018】序章・ETもIoTも情シスは知っておくべき!?

  3. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  4. 【情シス×ストレッチ】~第4回~腰痛対策ストレッチ「腰レッチ①」

  5. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  6. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  7. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

  8. 【情シス女子】第44回「人と人を紡ぐ『笑顔』をこれからも大切にしていきたい」岡田真由さん

  9. ひとり情シスの功罪

  10. いまさら聞けない【情シス基礎知識】VPNってなに?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る