【国際ドローン展】既存システム+ドローンで可能性を広げる NEC

  • 2016/4/27
  • 【国際ドローン展】既存システム+ドローンで可能性を広げる NEC はコメントを受け付けていません。
2016/04/27

NECのブース

NECのブース

PCや通信機器のイメージが強いNEC。一方で、ドローンを使ったビジネスにも精力的だ。同社が現在注力しているのは、自社の特徴と強みを活かした、ドローンを活用した各種システム。顧客の要求に合わせたハードとソフトを開発し、最適なシステムとして構築することで、単体では得られない総合的な価値を提供する。

西沢俊広・NEC パブリックSC統括本部新事業推進部マネージャ

西沢俊広・NEC パブリックSC統括本部新事業推進部マネージャ

今回のドローン展で顕著だが、ドローンメーカー各社は機体だけではなく、「ソリューションの提供」に軸足を移している。NECでもドローンとソフトやシステムなどと組み合わせた提案を行っている。

具体的には、ドローンが空撮や検査などで取得したデータを解析するソフトウェア、最適な機体を手軽に導入できるリースシステム、操縦者の知識と技能向上のためのトレーニングプログラム、万が一の際に役立つドローン保険をパッケージ、あるいは必要なものを合わせて提供という形だ。

あまり知られてはいないかもしれないが、NECは航空関連事業も長く手がけている。同社にとって航空力学を踏まえた機体設計や評価、地上からの管制システムなど、航空事業で蓄積したノウハウを投入するには、ドローンは最適の分野といえる。

大きなニーズが見込める「打音検査システム」

今、NECが力を入れているのがドローンを使って構造物の検査を行う「打音検査システム」だ。橋梁やトンネルなど、構造物の検査には「打音検査」という方法が広く用いられている。これは検査対象を小さなハンマーで叩き、その音によって亀裂や劣化、コンクリートの剥離などをチェックする検査方法だ。

打音検査システム

打音検査システム

ただ、叩いた音だけで判断するのだから、経験を積んだベテランでなくてはできない仕事だ。人間の手と耳を使って行う作業のため、高い場所では足場を組んで作業を行うことになる。これをドローンでやってしまおうというのがこのシステムだ。

まず、垂直方向に屈曲する関節を持ったアームを、ドローンに取りつける。アーム内部には打音検査用のハンマーがセットされている。さらにアームの先端にはマイク、目視点検用のカメラが取りつけられている。点検員は打音の音響データと画像データをチェックして、異常がないかを確認する。

ドローンに打音検査用のハンマーなどが搭載されたアームをセットして検査を行う。

ドローンに打音検査用のハンマーなどが搭載されたアームをセットして検査を行う。

「打音点検ができるドローンというのは、まだほかにはありません。弊社ではハードだけではなく、地上からの機体の制御とデータの収集・記録までを含めたソリューションとして提供することを目指しています」と西沢マネージャは胸を張る。

システムは内閣府が主導する「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)の委託事業として開発に取り組んでいる。機体を製作する自律制御システム研究所や産業技術総合研究所、首都高速道路技術センターと共同作業で推進している。5年計画で進められているこのプロジェクトは、すでにシステムの評価段階に入っており「2019年からの社会実装を目指している」(西沢マネージャ)という。

ドローンの可能性はまだまだ広がる

「すでにあるシステムの中にドローンを組み込み、全体を1つのシステムとしてご提案する。それが弊社ならではの強みだと考えています」と西沢マネージャは説明する。空撮、農薬散布、荷物の運搬……。現状では、それ以外のドローンの用途はなかなか思いつかない。だが「既存のシステムにドローンを組み込む」というNECのような発想を持つことは、ドローンの可能性を大きく広げることになるかもしれない。

バックナンバー

編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】日の丸ドローンの逆襲が始まった

【国際ドローン展】日の丸ドローンの逆襲が始まった
2016年4月20~22日の3日間、幕張メッセで「第2回国際ドローン展」が開催された。産業用ということで一般来場者の姿はほとんどなかったが、取材して感じたのは、国産メーカーの奮闘ぶりだ。ドローンの分野でモノ作りの国ニッポンが、その本領を発揮し始めている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】既存システム+ドローンで可能性を広げる NEC

【国際ドローン展】既存システム+ドローンで可能性を広げる NEC
NECの展示はドローンを使ったソリューションの提案だ。ソリューションは、国産メーカーのドローンを使い、そこに用途に応じたカスタマイズを加える。さらに必要なソフトを実装し、それらを全体的なシステムとして統合する。こうした、いかにも「NECらしい」といえる展示が行われていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】タフな災害救助ロボットを生み出せ! ImPACT

【国際ドローン展】タフな災害救助ロボットを生み出せ! ImPACT
内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム「ImPACT(インパクト)」。プログラムで行われているのが「タフ・ロボティクス・チャレンジ」だ。これは自然災害などの被災地で、人に代わって被災者救助に活躍する、ロボットによる救助システム。このシステムでは、空からのアプローチを支えるものとしてドローンが位置づけられている。ブースでは、その展示が行われていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】ユニークな機体で注目集める TEAD

【国際ドローン展】ユニークな機体で注目集める TEAD
TEAD(テッド)のブースは明るくカラフルだ。ブースにはさまざまなドローンが並んでおり、多くの人々でにぎわっていた。パーツから組み立て、ホビードローン、メンテナンスから機体製作と、ドローンのすべてを提供している同社。実は「純国産」を志向しつつ、ドローンの将来にも冷静に目を向けていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】研究室から世界に飛び立つ最新ドローン 自律制御システム研究所

【国際ドローン展】研究室から世界に飛び立つ最新ドローン 自律制御システム研究所
千葉大学の研究室から始まった自律制御システム研究所。その名の通り、自律制御システムの研究開発をメインとしている。大学発ということもあって、その開発パワーは圧倒的だ。ハード・ソフトにわたる先進的な技術を、数多く生み出している。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】ドローンで高齢社会を支える三河屋に MIKAWAYA21

【国際ドローン展】ドローンで高齢社会を支える三河屋に MIKAWAYA21
「21世紀の三河屋さん」をそのまま社名にしたMIKAWAYA21。ほかの出展社とは異なり、既存のサービスにドローンを組み込み、省力化を図るという新たなサービスの展示を行っていた。過疎地の高齢者層にとって福音となるそのサービスとは?
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】スピード重視で海外も狙うドローンベンチャー テラドローン

【国際ドローン展】スピード重視で海外も狙うドローンベンチャー テラドローン
日本を含めアジア地域に複数の拠点を持つテラドローン。展示そのものはシンプルで小規模だったが、すでに土木測量の分野で多くの実績を収めている。現在はその活動分野をさらに広げており、アジアの拠点を通じて世界への飛躍をも視野に入れている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【国際ドローン展】完成度の高い機体で圧倒的存在感 プロドローン

【国際ドローン展】完成度の高い機体で圧倒的存在感 プロドローン
小型機から大型機まで、完成度の高い機体をラインナップしているプロドローン。スピード重視の機体や積載量重視の機体、水面に着水可能な機体など、特徴的なドローンを手がけている。今回の展示会では一風変わった、特殊用途のドローンも見ることができた。

関連記事

新着記事

  1. 2018/05/25 リリースから早5年。Office365を利用するユーザー企業からも、成功…
  2. 2018/05/23 時代のクラウド移行の流れもあり、Office365を導入する企業が増えて…

おすすめ記事

  1. クラウド選びに悩む、そんなとき 今やたくさんのサービスが存在するパブリッククラウド。いろいろ検…
  2. 2019年を境に、IT業界は深刻な人手不足に突入します もう、20年も前のこと。「2000年問…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る