【情報セキュリティEXPO 春】クラウドのあらゆる鍵を一元管理 ウィンマジック

  • 2016/5/19
  • 【情報セキュリティEXPO 春】クラウドのあらゆる鍵を一元管理 ウィンマジック はコメントを受け付けていません
2016/05/19

コーポレートカラーである白とライトグリーンでまとめられたウィンマジックのブース。そこに並べられた製品もいたってシンプルだ。しかし、そこには暗号化に取り組み始めて20年に及ぶウィンマジックの経験の蓄積が反映されている。

白とライトグリーンでまとめられたウィンマジックのブース。

白とライトグリーンでまとめられたウィンマジックのブース。

複数の暗号鍵を管理できるキーマネジメントが強み

ウィンマジックはカナダに本社を置く、ディスク暗号化ソフトの会社。日本ではウィンマジック・ジャパンがサービスを提供する。長年にわたって鍛え上げてきた暗号化技術が、ウィンマジックの武器。そのノウハウが投入された暗号化ソリューション「SecureDoc」シリーズが主力製品だ。

これはディスク、フォルダ、ファイルそれぞれをエンドポイントで暗号化するソリューション。そのため、どこに移動しても暗号化状態を維持することが可能で、高度のセキュリティを実現。使い方もドラッグドロップするだけと簡単だ。

ブースに展示された「SecureDoc」の説明パネル

ブースに展示された「SecureDoc」の説明パネル

今回の展示では「Secure Doc」シリーズの中でも暗号化技術を活用したクラウド向けのセキュリティソリューション「SecureDoc CloudVM」に力を入れてアピールしていた。

SecureDoc CloudVMは暗号化と鍵の一元管理を実現するソリューション。データの暗号化はもちろんだが、最大の特徴はクラウドサービスで使用するファイルなどの暗号鍵の一元管理できる機能にある。

クラウドサービスは多くのメリットがあるが、同時に厄介な課題も生み出している。その1つが、複数のクラウドサービスで使用する暗号鍵の管理だ。現実世界と同様に、鍵の管理は煩わしいもの。数が増えればなおさらだ。ウィンマジックでは、SecureDocで培った技術を活用することで複数のクラウドサービスで使用する暗号鍵を一元管理できるようにしたという。

「私たちが提供するのは、インテリジェントなキーマネジメント。さまざまな鍵を一元管理でき、それをクラウド上で提供する。それが当社製品の特徴であり、強みだと思っている」とマーク・ヒックマンCOO(最高執行責任者)は胸を張る。

マーク・ヒックマン・ウィンマジックCOO(最高執行責任者)

マーク・ヒックマン・ウィンマジックCOO(最高執行責任者)

日本のクラウド状況に商機あり

「クラウドに関しては、残念ながら日本のセキュリティ体勢はまだまだ遅れており、世界的な基準からはギャップがある。そうであっても今後、日本の企業がグローバルに戦っていくためには、クラウドへの移行が重要な課題となるでしょう」と、マークCOOは日本でのクラウド利用について、こう分析する。

こうした状況から、同社では自社のソリューションのニーズは高まると見ている。「私たちはセキュリティという点で、このインテリジェントなキー管理のソリューションを提供し、広めていきたいと思っています」とマークCOOは力を込める。

クラウドでデータの安全を考える時、暗号化は欠かせない。一方で、暗号化の操作や鍵の管理は煩雑になりがちだ。今後、テレワークが普及すればクラウドの利用も加速し、同時にセキュリティの重要性がますます高まってくる。その時にはSecureDocが活躍する場も広がってくるかもしれない。

 


ウィンマジック・ジャパン
http://www.winmagic.com/jp


バックナンバー

編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ
2016年5月11~13日にわたって、東京ビッグサイトで「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。情報・通信関連の複数の展示会との同時開催という形もあって、会場は多くの来場者で賑わう大盛況だった。ジョーシスでは、この展示会で注目のブースを取材。順次レポートします。
編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI
アルプス システム インテグレーション(ALSI)のフィルタリングソフトは、データベースが国内携帯会社の全社に採用されるなど高い実績を誇る。その信頼性をベースに、同社が出展の核としていたのが、2つの機能を持つWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」だ。
編集部おすすめセキュリティ

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る