【情報セキュリティEXPO 春】クラウドのあらゆる鍵を一元管理 ウィンマジック

  • 2016/5/19
  • 【情報セキュリティEXPO 春】クラウドのあらゆる鍵を一元管理 ウィンマジック はコメントを受け付けていません。
2016/05/19

コーポレートカラーである白とライトグリーンでまとめられたウィンマジックのブース。そこに並べられた製品もいたってシンプルだ。しかし、そこには暗号化に取り組み始めて20年に及ぶウィンマジックの経験の蓄積が反映されている。

白とライトグリーンでまとめられたウィンマジックのブース。

白とライトグリーンでまとめられたウィンマジックのブース。

複数の暗号鍵を管理できるキーマネジメントが強み

ウィンマジックはカナダに本社を置く、ディスク暗号化ソフトの会社。日本ではウィンマジック・ジャパンがサービスを提供する。長年にわたって鍛え上げてきた暗号化技術が、ウィンマジックの武器。そのノウハウが投入された暗号化ソリューション「SecureDoc」シリーズが主力製品だ。

これはディスク、フォルダ、ファイルそれぞれをエンドポイントで暗号化するソリューション。そのため、どこに移動しても暗号化状態を維持することが可能で、高度のセキュリティを実現。使い方もドラッグドロップするだけと簡単だ。

ブースに展示された「SecureDoc」の説明パネル

ブースに展示された「SecureDoc」の説明パネル

今回の展示では「Secure Doc」シリーズの中でも暗号化技術を活用したクラウド向けのセキュリティソリューション「SecureDoc CloudVM」に力を入れてアピールしていた。

SecureDoc CloudVMは暗号化と鍵の一元管理を実現するソリューション。データの暗号化はもちろんだが、最大の特徴はクラウドサービスで使用するファイルなどの暗号鍵の一元管理できる機能にある。

クラウドサービスは多くのメリットがあるが、同時に厄介な課題も生み出している。その1つが、複数のクラウドサービスで使用する暗号鍵の管理だ。現実世界と同様に、鍵の管理は煩わしいもの。数が増えればなおさらだ。ウィンマジックでは、SecureDocで培った技術を活用することで複数のクラウドサービスで使用する暗号鍵を一元管理できるようにしたという。

「私たちが提供するのは、インテリジェントなキーマネジメント。さまざまな鍵を一元管理でき、それをクラウド上で提供する。それが当社製品の特徴であり、強みだと思っている」とマーク・ヒックマンCOO(最高執行責任者)は胸を張る。

マーク・ヒックマン・ウィンマジックCOO(最高執行責任者)

マーク・ヒックマン・ウィンマジックCOO(最高執行責任者)

日本のクラウド状況に商機あり

「クラウドに関しては、残念ながら日本のセキュリティ体勢はまだまだ遅れており、世界的な基準からはギャップがある。そうであっても今後、日本の企業がグローバルに戦っていくためには、クラウドへの移行が重要な課題となるでしょう」と、マークCOOは日本でのクラウド利用について、こう分析する。

こうした状況から、同社では自社のソリューションのニーズは高まると見ている。「私たちはセキュリティという点で、このインテリジェントなキー管理のソリューションを提供し、広めていきたいと思っています」とマークCOOは力を込める。

クラウドでデータの安全を考える時、暗号化は欠かせない。一方で、暗号化の操作や鍵の管理は煩雑になりがちだ。今後、テレワークが普及すればクラウドの利用も加速し、同時にセキュリティの重要性がますます高まってくる。その時にはSecureDocが活躍する場も広がってくるかもしれない。

 


ウィンマジック・ジャパン
http://www.winmagic.com/jp


バックナンバー

編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ
2016年5月11~13日にわたって、東京ビッグサイトで「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。情報・通信関連の複数の展示会との同時開催という形もあって、会場は多くの来場者で賑わう大盛況だった。ジョーシスでは、この展示会で注目のブースを取材。順次レポートします。
編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI
アルプス システム インテグレーション(ALSI)のフィルタリングソフトは、データベースが国内携帯会社の全社に採用されるなど高い実績を誇る。その信頼性をベースに、同社が出展の核としていたのが、2つの機能を持つWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」だ。
編集部おすすめセキュリティ

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る