【情報セキュリティEXPO 春】低コスト・高セキュリティのシンクライアント エス・アンド・アイ

  • 2016/5/20
  • 【情報セキュリティEXPO 春】低コスト・高セキュリティのシンクライアント エス・アンド・アイ はコメントを受け付けていません。
2016/05/20

製品を擬人化したキャラクターでひときわ目を引いていたブースが、システムインテグレーターのエス・アンド・アイだ。遊び心一杯のブースだが、展示されていたシンクライアント端末「ThinBoot ZERO(シンブートゼロ)」とシンクライアントソリューション「ThinBoot PLUS(シンブートプラス)」は堅実な内容だった。

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

エス・アンド・アイのシンクラアント端末「ThinBoot ZERO」ではPCとタブレットを用意した。PCはレノボのノートPC「Think Pad(シンクパッド)」、タブレット端末はマイクロソフトの「Surface(サーフェース)」を採用した。

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版とレノボのノートPC「Think Pad(シンクパッド)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版とレノボのノートPC「Think Pad(シンクパッド)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

「いずれもウィンドウズエンベディットなので、使い慣れた既存のアプリを使うことができる。特にPC端末でタフさに定評があるレノボ製PCとの組み合わせは、モバイルワークには最適といえる」と、村田良成・執行役員 マーケティング本部本部長は自信を見せる。

村田良成・エス・アンド・アイ執行役員 マーケティング本部本部長

村田良成・エス・アンド・アイ執行役員 マーケティング本部本部長

レノボのThink Padをシンクライアント端末で使いたいというニーズは多く、これまで5万台以上の出荷実績があるという。一方で、今春からは携帯性に優れたタブレットのSurfaceを追加することで、端末の選択肢をさらに広げた。

従来コストの半分でシンクラ環境が可能

ThinBoot ZEROを使ってシンクライアント環境を構築するソリューション「ThinBoot PLUS」は、既存のサーバーと端末に実装するソフトウェアでシンクライアント環境を構築できる。コストも「一般的な端末の1.3~1.5倍程度。完全なデスクトップ仮想化と比較すると半分程度で導入が可能」(村田執行役員)というのがメリットだという。

テレワークでのセキュリティ確保ではデスクトップ仮想化という方法があるが、完全な仮想化を行うと常時接続が必須だ。一方、「ThinBoot PLUS」では接続が必要なのは起動時のアプリケーションの配信、シャットダウン時のデータセーブの時だけ。アプリケーションは一度配信されると、接続が切れても動作し続ける。

また、アプリケーションは起動のたびにサーバーから配信されるが、作業を終えて端末をシャットダウンすれば、クライアント側のデータはすべて消去されるため、一切残らないという。

テレワークの加速でニーズは増す

エス・アンド・アイではユーザーの要望に応じたカスタマイズにも対応する。

例えば、ユーザーの好みや使用状況に合わせて、デスクトップのデザインを変えたり、操作ガイドを組み込んだりすることが可能だ。ビデオ会議をしたい場合には、無料通話ソフト「Skype(スカイプ)」とウェブカメラのドライバをインストールすることもできる。

同社では今後、テレワークの導入を考えている企業をターゲットに顧客を開拓していく考え。「テレワークユースは、昨年から急速に増えている印象がある。(ThinBootは)仮想化と同等のセキュリティレベルの実現ができるので、今後、ますますニーズは増えていくと思っている」と、村田執行役員は期待している。

エス・アンド・アイは1987年に設立のシステムインテグレーター。ネットワーク専業インテグレーターとして事業をスタートした。システム構築・運用を手がけるほか、最近ではスマートフォンを活用した中心としたサービス、ソリューションも提供している。

製品をアニメキャラクターのように擬人化した展示が目を引いたエス・アンド・アイのブース。

製品をアニメキャラクターのように擬人化した展示が目を引いたエス・アンド・アイのブース。


エス・アンド・ア
http://sandi.jp/


バックナンバー

編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ
2016年5月11~13日にわたって、東京ビッグサイトで「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。情報・通信関連の複数の展示会との同時開催という形もあって、会場は多くの来場者で賑わう大盛況だった。ジョーシスでは、この展示会で注目のブースを取材。順次レポートします。
編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI
アルプス システム インテグレーション(ALSI)のフィルタリングソフトは、データベースが国内携帯会社の全社に採用されるなど高い実績を誇る。その信頼性をベースに、同社が出展の核としていたのが、2つの機能を持つWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」だ。
編集部おすすめセキュリティ

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  4. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  2. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  3. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  4. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  5. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  7. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  8. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  9. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  10. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る