【情報セキュリティEXPO 春】低コスト・高セキュリティのシンクライアント エス・アンド・アイ

  • 2016/5/20
  • 【情報セキュリティEXPO 春】低コスト・高セキュリティのシンクライアント エス・アンド・アイ はコメントを受け付けていません
2016/05/20

製品を擬人化したキャラクターでひときわ目を引いていたブースが、システムインテグレーターのエス・アンド・アイだ。遊び心一杯のブースだが、展示されていたシンクライアント端末「ThinBoot ZERO(シンブートゼロ)」とシンクライアントソリューション「ThinBoot PLUS(シンブートプラス)」は堅実な内容だった。

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

エス・アンド・アイのシンクラアント端末「ThinBoot ZERO」ではPCとタブレットを用意した。PCはレノボのノートPC「Think Pad(シンクパッド)」、タブレット端末はマイクロソフトの「Surface(サーフェース)」を採用した。

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版とレノボのノートPC「Think Pad(シンクパッド)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

マイクロソフトのタブレット「Surface(サーフェース)」版とレノボのノートPC「Think Pad(シンクパッド)」版のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」

「いずれもウィンドウズエンベディットなので、使い慣れた既存のアプリを使うことができる。特にPC端末でタフさに定評があるレノボ製PCとの組み合わせは、モバイルワークには最適といえる」と、村田良成・執行役員 マーケティング本部本部長は自信を見せる。

村田良成・エス・アンド・アイ執行役員 マーケティング本部本部長

村田良成・エス・アンド・アイ執行役員 マーケティング本部本部長

レノボのThink Padをシンクライアント端末で使いたいというニーズは多く、これまで5万台以上の出荷実績があるという。一方で、今春からは携帯性に優れたタブレットのSurfaceを追加することで、端末の選択肢をさらに広げた。

従来コストの半分でシンクラ環境が可能

ThinBoot ZEROを使ってシンクライアント環境を構築するソリューション「ThinBoot PLUS」は、既存のサーバーと端末に実装するソフトウェアでシンクライアント環境を構築できる。コストも「一般的な端末の1.3~1.5倍程度。完全なデスクトップ仮想化と比較すると半分程度で導入が可能」(村田執行役員)というのがメリットだという。

テレワークでのセキュリティ確保ではデスクトップ仮想化という方法があるが、完全な仮想化を行うと常時接続が必須だ。一方、「ThinBoot PLUS」では接続が必要なのは起動時のアプリケーションの配信、シャットダウン時のデータセーブの時だけ。アプリケーションは一度配信されると、接続が切れても動作し続ける。

また、アプリケーションは起動のたびにサーバーから配信されるが、作業を終えて端末をシャットダウンすれば、クライアント側のデータはすべて消去されるため、一切残らないという。

テレワークの加速でニーズは増す

エス・アンド・アイではユーザーの要望に応じたカスタマイズにも対応する。

例えば、ユーザーの好みや使用状況に合わせて、デスクトップのデザインを変えたり、操作ガイドを組み込んだりすることが可能だ。ビデオ会議をしたい場合には、無料通話ソフト「Skype(スカイプ)」とウェブカメラのドライバをインストールすることもできる。

同社では今後、テレワークの導入を考えている企業をターゲットに顧客を開拓していく考え。「テレワークユースは、昨年から急速に増えている印象がある。(ThinBootは)仮想化と同等のセキュリティレベルの実現ができるので、今後、ますますニーズは増えていくと思っている」と、村田執行役員は期待している。

エス・アンド・アイは1987年に設立のシステムインテグレーター。ネットワーク専業インテグレーターとして事業をスタートした。システム構築・運用を手がけるほか、最近ではスマートフォンを活用した中心としたサービス、ソリューションも提供している。

製品をアニメキャラクターのように擬人化した展示が目を引いたエス・アンド・アイのブース。

製品をアニメキャラクターのように擬人化した展示が目を引いたエス・アンド・アイのブース。


エス・アンド・ア
http://sandi.jp/


バックナンバー

編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ
2016年5月11~13日にわたって、東京ビッグサイトで「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。情報・通信関連の複数の展示会との同時開催という形もあって、会場は多くの来場者で賑わう大盛況だった。ジョーシスでは、この展示会で注目のブースを取材。順次レポートします。
編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI
アルプス システム インテグレーション(ALSI)のフィルタリングソフトは、データベースが国内携帯会社の全社に採用されるなど高い実績を誇る。その信頼性をベースに、同社が出展の核としていたのが、2つの機能を持つWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」だ。
編集部おすすめセキュリティ

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 悪しき慣習「パスワード付きzipファイル」もこれで終わるのか?

  2. 正規VPNインストーラにバックドアをバンドルし拡散する攻撃手口-セキュリティブログ

  3. パスワード付き圧縮ファイルに注意:IcedIDの攻撃が本格化の兆し-セキュリティブログ

  4. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#04:ゼロトラストセキュリティはテレワークをどう変える?

  5. レポート「ニューノーマルの働き方改革 :すぐに始められるデジタル変革への道」後編

  6. レポート「ニューノーマルの働き方改革 :すぐに始められるデジタル変革への道」前編

  7. シリーズ『IDaaSの教科書』1)IDaaSって何ですか

  8. 【情シスの疑問】テレワークにVPNは必要なのか

  9. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#03:優先順位がキモ、ゼロトラストセキュリティ構築手順

  10. Office2010 EOS:サポート切れのソフトを使い続けてはいけないワケ-is702

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
ページ上部へ戻る