【情報セキュリティEXPO 春】各種データ消去で万全のセキュリティ対策 パシフィックネット

  • 2016/5/20
  • 【情報セキュリティEXPO 春】各種データ消去で万全のセキュリティ対策 パシフィックネット はコメントを受け付けていません。
2016/05/20

パシフィックネットでは、ブース内を3つのエリアに分けて手がける事業内容を展示。その中でも多くの来場者が足を止めていたのが「HDD(ハードディスク)・メディア物理破壊サービス」だ。

物理破壊サービスが注目を集めていたパシフィックネットのブース

物理破壊サービスが注目を集めていたパシフィックネットのブース

物理破壊サービスが注目を集めていたパシフィックネットのブース

同社はPCをはじめとするIT機器のレンタルから事業をスタートした。その流れで、IT機器の買い取り・回収サービス、リユース販売、キッティングサービス、さらにはリユースや処分を行う機器のデータ消去サービスと事業を拡大してきた。

HDD・メディアの物理破壊を展示したコーナー

HDD・メディアの物理破壊を展示したコーナー

昨今の企業におけるセキュリティ意識の高まりに伴い、HDDなどの記録メディアの物理破壊サービスはニーズが高まっているという。

「当社では引取回収したIT機器のHDD内のデータの完全消去と消去証明書の発行を行っているが、お客様から『データ消去だけでもお願いすることはできないか?』という要望が増え、単体でもサービスとしてスタートした」と、仙台支店の西村直弥氏は説明する。

パシフィックネット 仙台支店の西村直弥氏

パシフィックネット 仙台支店の西村直弥氏

物理破壊によるデータ消去サービスでは、従来行われてきた穿孔破壊に加えて、加圧変形させる「V字破壊」も行っている。これは厳格な米国の国家安全保障局と合衆国国防総省の規定に準拠しており、安全性の高い消去方法だ。

一般にデータ消去には、専用ソフトウェアによる上書消去や磁気的に消去する方法もある。ただ、HDDやメディアについていえば、物理的に破壊してデータを消去する方法は目視で確認できることもあり、国内でも上書き消去や磁気消去と組み合わせる形で採用する企業が増えてきている。

データのセキュリティ意識の高まりで需要は拡大

そもそも日本は「PCセキュリティに対する認識がまだまだ甘い」といわれる。廃棄するPCなどの端末に保存されているデータに無頓着な人も少なくない。実際、パシフィックネットのブースを訪れる来場者の中には「データ消去」「HDD・メディアの物理破壊」というサービスが存在していることを初めて知ったという人も多いという。

企業や団体のPC処分の現状は「産廃業者に処分を依頼する、またはリサイクル業者に出すという方々が半々くらい」(西村氏)という。一方で「消去すべき重要なデータのセキュリティを気にされる方は増えている。情報を持つものとしての責任を企業がどのように果たすのかという意識は、確実に高まっている」(同)といい、同社では各種データ消去サービスの需要は今後ますます大きくなると見ている。

証明書の発行で官公庁からも受注

パシフィックネットではデータ消去サービスに付随して詳細な消去作業証明書も発行。これはクライアントが負う排出責任の一端を担う責任の表れと顧客に対しての信頼感を与える取り組みになっている。そのため、官公庁からの受注実績も数多いという。

ブースではキッティングやPC・タブレットのレンタルコーナーなども設けていた。

ブースではキッティングやPC・タブレットのレンタルコーナーなども設けていた。

排出した側の責任が問われ社会問題となった大気汚染や水質汚染と同様、これからは「処分する機器に記録された情報をいかに適切かつ安全に処分するか」が、すべての企業・団体にとって課題になる。そして、そうした意識が高まる中で高い信頼性と確実性を持つ同社のサービスは、不可欠になるだろう。


パシフィックネット
http://www.prins.co.jp/


バックナンバー

編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ
2016年5月11~13日にわたって、東京ビッグサイトで「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。情報・通信関連の複数の展示会との同時開催という形もあって、会場は多くの来場者で賑わう大盛況だった。ジョーシスでは、この展示会で注目のブースを取材。順次レポートします。
編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI
アルプス システム インテグレーション(ALSI)のフィルタリングソフトは、データベースが国内携帯会社の全社に採用されるなど高い実績を誇る。その信頼性をベースに、同社が出展の核としていたのが、2つの機能を持つWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」だ。
編集部おすすめセキュリティ

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 一人情シスの強い味方? 法律相談プラットホームサービス「AIリーガル コモン」【PR】

  2. 情報セキュリティ10大脅威 2020-IPA

  3. いまさら聞けない【情シス知識】INTERNETの仕組み

  4. 2019年度情報セキュリティに対する意識調査-IPA

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#7:Excelでヤラない4つの使い方

  6. 今から始めるテレワーク!#1 まず何をする?

  7. IT人のあこがれ!? ITS健康保険とは

  8. 使える! 情シス三段用語辞典101「ローコード開発」

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#6:定期的な集計を爆速にする方法

  10. 今だからあえて聞いてみる「そもそも情シスって何?」

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  3. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  4. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  5. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
ページ上部へ戻る