【情報セキュリティEXPO 春】精密なログ収集でトラブルを再現・調査 ソリトンシステムズ

  • 2016/5/20
  • 【情報セキュリティEXPO 春】精密なログ収集でトラブルを再現・調査 ソリトンシステムズ はコメントを受け付けていません。
2016/05/20

白と赤の配色が鮮やかなソリトンシステムズ(ソリトン)のブース。商談スペースもたっぷり確保した広いブース内には、ソリトンが誇るセキュリティソリューション「InfoTrace(インフォトレース)」シリーズが並んでいた。その中で、今回プッシュしていたのが新製品「InfoTrace Mark II」だ。

白と赤が配色されたソリトンシステムズのブース。

白と赤が配色されたソリトンシステムズのブース。

マルウェアの動きまでもログで記録

InfoTrace Mark IIは、エンドポイント(端末)のログを監視できるセキュリティソリューション。PC利用のログ収集・解析ソフトウェアとして、多くの法人に導入実績のある「InfoTrace」をベースに調査分析の機能を新たに追加して開発された。ログの収集ではマルウェアの一連の動作や、そのきっかけとなったPC操作までも詳細に記録して追跡することができる。

InfoTrace Mark IIの画面

InfoTrace Mark IIの画面

「ファイルやプロセス、レジストリ、通信の内容など、多岐にわたる情報をログとして細かくとるため、何が起こったか、あとから精密に再生することができる」と、小伊藤成毅・サイバーセキュリティ部長は胸を張る。

他社との連携で高い対応力を発揮

一方で、ソリトンでは自社製品にこだわることなく、他社との連携も積極的に行っていく考えだ。

「これからのセキュリティは単一製品では完結できないと私たちは考えている。そのため製品にも開放性を持たせて、他社製品との連携やほかからの情報も取り入れながら解決を図るという方向を摸索している」と、小伊藤部長は説明する。

その背景には「私たちは海外製品を販売する一方、自社開発もやってきた。サイバーセキュリティについての長年の知見がある」と荒木粧子・ITセキュリティ事業部マーケティング部エバンジェリストは言う。

小伊藤成毅・ソリトンシステムズ サイバーセキュリティ 部長(左)、荒木粧子・ソリトンシステムズ ITセキュリティ事業部マーケティング部エバンジェリスト

小伊藤成毅・ソリトンシステムズ サイバーセキュリティ 部長(左)、荒木粧子・ソリトンシステムズ ITセキュリティ事業部マーケティング部エバンジェリスト

それぞれの得意技を効率良く組み合わせ、ニーズに合わせた最適なソリューションを構築する。ロールプレイングゲームでパーティを組むようなイメージだが、それが今後のスタンダードになっていくのかもしれない。

ソリトンではその一環として、PCなどの電子機器の記録を収集・分析を手がけるJi2と経営統合を行った。これにより、トラブル前のセキュリティから、トラブル後の解析までもフォローする体制を整えた。

変わりつつある企業のセキュリティ意識

今回の展示会では「日本のセキュリティ意識は、まだまだ遅れている」という言葉があちこちで聞かれた。これは投資効果という観点からセキュリティを捉えると、その恩恵が見えにくいことが背景にある。ソリトンでも経営者に対してセキュリティの理解を深める取り組みが重要だと見ている。

「経営の立場から見ると、セキュリティに投資しても、それが直接お金を生むわけではない。しかし、その投資によってどれほどの損失を回避できるかを知ってもらうことが重要。実際、端末が1台被害に遭ったら、その後の処理で200万円ほどのコストがかかる」と、小伊藤部長は力説する。ソリトンではこのような啓蒙を続けた結果、最近になってようやく理解が進んできたという。

ただ、どれほど高性能なセキュリティを施しても、トラブルを完璧に防止はできない。そのため、守りを固めつつ、侵入された時にあ被害を最小限に食い止め、迅速な対応ができるような体勢を準備しておくことが重要になってくる。その場合、可能な限り詳細なログを収集できるソリトンのソリューションはユーザーにとって大きなメリットになるだろう。


ソリトンシステムズ
http://www.soliton.co.jp/


バックナンバー

編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】協業でさらに発展するセキュリティ
2016年5月11~13日にわたって、東京ビッグサイトで「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。情報・通信関連の複数の展示会との同時開催という形もあって、会場は多くの来場者で賑わう大盛況だった。ジョーシスでは、この展示会で注目のブースを取材。順次レポートします。
編集部おすすめセキュリティ

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI

【情報セキュリティEXPO 春】出入口で脅威を防ぐWebフィルタリング ALSI
アルプス システム インテグレーション(ALSI)のフィルタリングソフトは、データベースが国内携帯会社の全社に採用されるなど高い実績を誇る。その信頼性をベースに、同社が出展の核としていたのが、2つの機能を持つWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」だ。
編集部おすすめセキュリティ

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典85「Windows AutoPilot」

  2. 【情シスTips】もう怖くない!サービスとして活用するWindows10(第2回)

  3. 【知っ得言語】「Python」~特徴と学ぶべきその理由~

  4. 【情シスTips】もう怖くない!サービスとして活用するWindows10(第1回)

  5. Javaの無償サポート終了、放置しておく危険性とその影響

  6. 【情シス基礎知識】~Windows10を学ぶ~サービスチャネルと機能更新の関係

  7. 【情シス×ストレッチ】手首疲労対策ストレッチ「手首レッチ①」~第10回~

  8. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  9. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  10. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

関連サービス

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る