【教育ITソリューションEXPO】国も推進、動き出した巨大なICT市場

  • 2016/5/30
  • 【教育ITソリューションEXPO】国も推進、動き出した巨大なICT市場 はコメントを受け付けていません。
2016/05/30

この記事の目次

学校現場の教師を支援するICT機器やサービス、コンテンツ

文部科学省は「2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会」中間とりまとめを発表し、ICT活用をより推進していくことが大きな指針として示された。また、産業競争力会議では、安倍首相が、「プログラミング教育の初等中等教育での必修化」を表明した。つまり、国全体が「教育」という分野で、IT教育に力をいれていくことが鮮明となったのだ。

この流れを反映し、今回の「教育ITソリューションEXPO」では、東芝、NEC、エプソン、ソニー、シャープなどの大手家電メーカーをはじめ、教育分野で強みを持つ老舗企業、新しい切り口で教育市場にアプローチするベンチャー企業など、多くの企業が出展していた。その規模も前回を上回った。

今回の展示会は、学校、塾などの教育機関、教育委員会、地方自治体や企業研修担当に向けた最新の機器やサービス、ソリューションなどを展示した「教育ITソリューションEXPO」がメイン会場(東京ビッグサイト)。そして、プログラミング教育やロボットなどこれからの教育の姿をプレゼンする「学びNEXT」が併設(TFTホール)で構成。

メイン会場では、「ICT機器」「教材・教育コンテンツ」「学校業務支援」「eラーニング」「セキュリティ」「特別支援教育」の各ゾーンで、大手家電メーカー、教育専門企業、ベンチャーなどがイチ押しの機器、ソリューション、サービスなどを展示した。

 

タブレットや電子黒板、プロジェクターなど授業ソリューション機器やネットワーク機器を展示

まず、目を引いたのは「タブレット」や「電子黒板」「プロジェクター」など、授業で使用するIT機器やソリューションの展示だ。国の方針でタブレットは教育現場に必須となる。また、今後強化される「アクティブ・ラーニング」に活用するため、ビジネスで使われる最新のプレゼンテーション設備に近いディスプレイ、書画カメラなどの新製品が多数展示されていた。

大手家電メーカーの例を挙げれば、電子黒板で大きなシェアを誇るエプソンは電子黒板機能内蔵プロジェクターを展示し、タブレットやプリンタとの連携で授業や学校業務支援などを訴求していた。

NECは電子黒板(液晶ディスプレイ版、プロジェクター版)やタブレット、テレビ会議システムとプロジェクションマッピングの技術を活用した遠隔授業体験などをプレゼン。来場客が離れた場所の授業を、すぐそばで受けているような不思議な授業体験ができるデモを行っていた。

東芝は「スマートスクール」をうたい、タブレットや4Kディスプレイ搭載のパソコンなどを展示し、同社が考える近未来の「学び」を提案していた。

「紙」ではなく、タブレットやプロジェクターで活用できる「教育コンテンツ」でも多種多様な製品が展示され、人工知能を活用した対話型コンテンツも注目を集めていた。この分野では、大手だけではなく、中小の老舗教育関連企業やベンチャー企業などもユニークなコンテンツを展開していた。

学校現場でICTを使った教育を実施するためには当然ネットワークの充実も必須になる。しかし、意外と気がつかない教育現場も少なくないという。タブレットの活用では無線LANの構築と多数のアクセスがスムーズに行えるネットワークの構築が求められる。

また、学校現場でも情報セキュリティ面の確保は必須になる。そこで、ネットワーク構築やセキュリティ強化をワンストップで実施する企業なども目についた。

各社に共通していたのは、「学校現場の教師を支援すること」だ。教師によっては必ずしもITリテラシーは高くない。機器の操作でもたつくと子供達が飽きてしまい、授業のリズムが壊れてしまう恐れがある。そのため、教育現場に知見がある教育専業企業の製品やサービスでは、教師が使いやすいインターフェイスの開発に知恵を絞っていた。

子どもプログラミング教育必修化を見据えた「学びNEXT」

メイン展示の「教育ITソリューションEXPO」以上に、興味を惹かれるのは、未来の学びを提案する「学びNEXT」の会場だろう。子供向けの教育玩具やプログラミング教育教材などがカラフルに展示され、注目を集めていた。

注目を集めた別会場の「学びNEXT」

注目を集めた別会場の「学びNEXT」

迫り来る小・中学校でのプログラミング教育実施への期待や不安を表わしてか、こちらの会場も、多くの来場者でにぎわっていた。学校教育だけでなく、エンジニア向けや新入社員の研修に使えそうなメニューや製品、ワークショップの考え方など、情報システム担当者も参考になりそうな展示も多く見られた。

バックナンバー

編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】国も推進、動き出した巨大なICT市場

【教育ITソリューションEXPO】国も推進、動き出した巨大なICT市場
2016年5月17~19日に開催された「第7回 教育ITソリューションEXPO」。教育という分野に、これまで以上にICT業界全体が関わって行くことが国の方針で明確になったことで、新たなビジネスチャンスをつかもうとする企業と、教育のIT化に関心を持つ関係者などの来場者で会場は熱気に包まれていた。ジョーシスでは注目のブースを取材。順次レポートしていく。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】世界中の教師をICTで支援する チエル

【教育ITソリューションEXPO】世界中の教師をICTで支援する チエル
「先生の教える仕事を支える」「学生の学びを支える」というメッセージが目を引いたのがチエルのブースだ。旺文社を源流とする同社は、ICT教育支援に特化した企業。「学校」という世界を知り尽くしているのが1つの強みとなっている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】使い勝手を重視した新型書画カメラ エルモ社

【教育ITソリューションEXPO】使い勝手を重視した新型書画カメラ エルモ社
「次世代書画(しょが)カメラ」の展示が眼を引いたのがエルモのブースだ。「書画カメラ」を知っている人は少ないかも知れない。しかし、実は教育現場では重要な機器で、国の方針では電子黒板とともに各学級に1台を設置するという目標が示されている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】子どもを飽きさせないeラーニング すららネット

【教育ITソリューションEXPO】子どもを飽きさせないeラーニング すららネット
eラーニング関連ゾーンで特徴あるアニメ教材を展示していたのが、すららネットのブースだ。同社は対話型のデジタル教材「すらら」を展開している企業だ。アニメのようなキャラクター、対話型のコンテンツが、子ども達への教育にどんな効果を発揮するのだろうか?
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】学校セキュリティ対策を支援 安川情報システム

【教育ITソリューションEXPO】学校セキュリティ対策を支援 安川情報システム
これからの学校では情報セキュリティ強化も大きな課題だ。教育ITソリューションEXPOでは関連企業の出展も目立つ。その中で安川情報システムは、従来提供していた学校向けセキュリティ・サーバーの機能をさらに強化し、「NetSHAKER W-NAC(ダブルナック)」として展示。あわせて情報モラル教育支援ソフト「事例で学ぶNetモラル」を紹介していた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】「かたまり」で読む速読法をアピール SRJ

【教育ITソリューションEXPO】「かたまり」で読む速読法をアピール SRJ
「みんなの速読」というロゴも鮮やかだったSRJのブース。展示会でアピールしていたのが「速読」だ。同社によると、我々が普通に読んでいるスピードより、さらに速く読めて学習効果が高いメソッドがあるという。その速読方法について聞いた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】米Newline社のICT教育製品を展開 フォースメディア

【教育ITソリューションEXPO】米Newline社のICT教育製品を展開 フォースメディア
日本のICT教育に関する取り組みは世界の中で大きく後れを取っており、国は急ピッチで教育現場のICT化を推進している。そんな中、2015年から米国のICT教育機器メーカー、Newline(ニューライン)社の販売代理を行うフォースメディアのブースが眼を引いた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】遊びながら知能が育つタブレット ユニティ

【教育ITソリューションEXPO】遊びながら知能が育つタブレット ユニティ
展示会で「遊びながら学ぶ」というメッセージを多く見かける中、「あそんでまなぶ!タブレット」という製品を展示していたのがユニティだ。同社は2003年にインターネットの有害サイトをフィルタリングする家庭用サーバーの開発を目的に設立された。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】ユニークなアイデアがキラリと光る企業

【教育ITソリューションEXPO】ユニークなアイデアがキラリと光る企業
今回のEXPOでは、大手企業や有名教育企業だけではなく、アイデアや強みを活かした企業も数多く出展していた。ここでは、一風変わったソフトを手がける会社や電子実験キットの会社、楽譜管理ソフトの会社の3社を紹介する。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】教育版レゴで楽しい研修や「まなび」を実現 アフレル

【教育ITソリューションEXPO】教育版レゴで楽しい研修や「まなび」を実現 アフレル
「教育ITソリューションEXPO」の別会場に併設された「学びNEXT」。先端テクノロジーによる“みらいの学び”が、おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかさで展示されていた。その中で目を引いたのが、アフレルが出展したレゴのカラフルな教育システムだ。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】日本最大級のロボット教室を展開 ヒューマンアカデミー

【教育ITソリューションEXPO】日本最大級のロボット教室を展開 ヒューマンアカデミー
教育事業の大手であるヒューマンアカデミー。同社はロボットクリエーター高橋智隆氏をアドバイザーに迎え「ヒューマンアカデミー ロボット教室」を全国展開している。ロボット市場の拡大や理工系人材の育成が注目される中、「学びNEXT」の同社ブースでは、さまざまなロボットが並び来場客を引きつけていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】遊び心を込めたプログラム教材 ワイズインテグレーション

【教育ITソリューションEXPO】遊び心を込めたプログラム教材 ワイズインテグレーション
「学びNEXT」の中で目立っていたのが、ワイズインテグレーションのブース。段ボール製のロボットがそろって踊る展示で来場者の注目を集めていた。同社は「ソビーゴ」のブランド名で子ども用のロボット・プログラミング教材を展開している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018/4/9   まさに熱狂といった言葉が相応しく、大盛況で幕を閉じた第1回目から約…
  2. 本用語辞典は「ITの知識がある人向け」「ITが苦手な経営者向け」そして「小学生向け」と3パターンの説…
  3. 本用語辞典は「ITの知識がある人向け」「ITが苦手な経営者向け」そして「小学生向け」と3パターンの説…
  4. 今回の情シス女子は、アクサ生命保険の南嶋千春さんです。南嶋さんが今携わっているのが、短期間でソフトウ…
  1. BC Vol:01「何が入っているの?ブロックチェーンの気になる中身

  2. 「日本のエンジニアの給料は高いか、安いか」

  3. IoT Vol:0「考える前に、事例でサクっとわかるIoT!!」

  4. 【第2回AI・人工知能EXPO】進化やまないAIサービスの最前線を突撃レポート!!

  5. BC Vol.0 ブロックチェーンとはいったい何なのか? 何がすごいのか?

  6. AI Vol.0 コンピュータは人の知能の代替となり得るのか? 〜魅惑的なAIの世界へようこそ〜

  7. 使える! 情シス三段用語辞典57「シングルサインオン」

  8. 使える! 情シス三段用語辞典56「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」

  9. 使える! 情シス三段用語辞典51「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」

  10. 【情シス女子】第38回 「今は何もできないけれど『いないと困る存在』に絶対なる!」 森岡友美さん

登録されているプレスリリースはございません。

新着記事

  1. IoTは、実は30年も前から考えられていたのです ボタンひとつで欲しいもの…
  2. ワタシたちは、いろいろお役に立ちはじめています すごいことはわかっていても、どこがどうすご…

おすすめ記事

  1. 2018/4/9   まさに熱狂といった言葉が相応しく、大盛況で幕を閉じた第1回目から約…
  2. 「暗号通貨の一種ですか? いいえ、テクノロジーです」 2017年12月にその価格が20…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る