【Japan Drone 2016レポート】「日々の保守点検に使えるドローンを目指して」NTT東日本

  • 2016/4/4
  • 【Japan Drone 2016レポート】「日々の保守点検に使えるドローンを目指して」NTT東日本 はコメントを受け付けていません。
2016/04/04

2016年3月24日(木)~26日(土)に、幕張メッセで開催された『Japan Drone 2016』の、最新のドローンやソリューションをジョーシス編集部がレポートします!

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)さんのブースで目立ったのは2機のドローンと、ジオラマでした。ほかとは異なり『何かを販売する』というのではなく、東日本大震災をきっかけとしたNTT東日本のドローンへの取り組みを紹介するブースは、実は業務にどのようにドローンを取り入れていけばよいのかという非常に示唆に富む展示内容でした。

ネットワーク事業推進本部 高度化推進部 担当課長の芹田尚さんに詳しいお話を伺いました。

この記事の目次

電話線は命をつなぐ線。一日も早い復旧のために

「東日本大震災では、津波により当社の設備も甚大な被害を受けました。電話線や光ファイバーの線といった通信線は、さまざまな情報を伝達できる分、切断されてしまうと緊急時の情報を伝達することができなくなってしまうため、一日でも早い復旧が必須です。その一方、河川や池沼をまたいだり、山を超えたりと、復旧が困難な場所を通る通信線も多数あります。実際、東日本大震災の際には、川を渡すのに地元の漁師さんに協力を仰ぎ、船を出していただいたということもありました。」

NTT東日本 ネットワーク事業推進本部 高度化推進部 担当課長 芹田尚さん(左)、ネットワーク事業推進本部 高度化推進部 部門長 上原邦明さん(右)

NTT東日本 ネットワーク事業推進本部 高度化推進部 担当課長 芹田尚さん(左)、ネットワーク事業推進本部 高度化推進部 部門長 上原邦明さん(右)

「そこで、自力で迅速な通信線の復旧を図る体制を作るために、その頃から普及の始まったドローンに注目しました。災害復旧の手段としての研究を進め、2012年からは実際の災害復旧現場でも実践を積み、改良を加えてきました。実際の災害復旧現場への投入も進めています。例えば、あるダム湖に面した道路が地すべりで遮断された際、以前でしたら船を用意して仮設電話線を敷設していましたが、ドローンによって仮設の電話線を設置することで、大幅に復旧の時間を短縮できるようになりました。当初は通信線を引っ張るワイヤーをドローンで敷くというところから始めましたが、最近ではドローンの改良を続けてペイロードを増やし、直接電話線や光ファイバーケーブルを敷設する機体の開発を始めました。これにより復旧時間の短縮をより実現できると考えています。」

日常の保守点検にもドローンを活用

NTT東日本のブースで展示していたドローン

NTT東日本のブースで展示していたドローン

「災害復旧での活用が進むにつれ、『災害復旧だけではもったいない、日々の保守点検にも活用できるのではないか』という考えが浮かぶようになりました。通信線の保守点検は目視で行うため、足場や特殊な機器の準備が必要なことを考えると、ドローンを使ってカメラで目視点検ができれば、点検を効率化することができます。但し、安心・安全のために活用するドローンで事故を起こすのは、避けねばなりません。そこで、操縦者の社内資格や教育制度、社内運用のルールを充実させました。」

「例えば、『操縦は社内規定による有資格者に限る』『運用高度は150mまで』『1回の運用時間は15分以内』『雨天は運用しない』『必ず3名で運用する』といったことです。厳しいと感じられるかもしれませんがまず安全第一。「安全はすべてに優先する」という考えに基づいたものです。去年12月の改正航空法に基づく申請でも、スムーズに許可をいただくことができ、これもこれまでの取り組みの成果と考えています。」

災害時のドローンを使った通信線の復旧イメージをジオラマモデルで展示

災害時のドローンを使った通信線の復旧イメージをジオラマモデルで展示

「現在、社内では54名の資格保有者がいますが、今後更に育成を推進し、資格保有者を増やしていきます。また、あらゆる現場に対応できるよう機体もより進化させて行きます。今後も様々な取り組みを通じ安心・安全な運行を実現し、当たり前のようにドローンを使う環境づくりを目指していきたいと考えています。」


NTT東日本
企業ウェブサイトURL:https://www.ntt-east.co.jp/


バックナンバー

編集部おすすめデジタル機器全般

『Japan Drone 2016』最新のドローンが幕張メッセに大集結しました!

『Japan Drone 2016』最新のドローンが幕張メッセに大集結しました!
Japan Drone 2016が2016年3月24日(木)~26日(土)、幕張メッセで開催されました。最新のドローンやソリューションが一堂に会したこのイベントを、ジョーシスが取材しました!
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「安全なドローン運用のための地図作りを」株式会社ゼンリン

【Japan Drone 2016レポート】「安全なドローン運用のための地図作りを」株式会社ゼンリン
改正航空法の施行で飛行禁止区域が設定されたこともあり、安全なドローン飛行には正確な地図が欠かせません。ゼンリンは地図情報のプロとして新たなソリューションを提案しています。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「ドローンの世界でも安全・安心・快適・便利を追い求めます」セコム株式会社

【Japan Drone 2016レポート】「ドローンの世界でも安全・安心・快適・便利を追い求めます」セコム株式会社
「“ALL SECOM”で安心・安全・快適・便利な社会の実現」を目指すセコムらしい警備システムや不正使用されたドローン検知システムなどの取り組みについてお話を伺いました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「スクールを通して安全なドローン利用のために貢献したい」五光物流株式会社

【Japan Drone 2016レポート】「スクールを通して安全なドローン利用のために貢献したい」五光物流株式会社
五光物流では、将来の物流業へのドローン活用を見据えて、つくばにドローン操縦者を育成する、ドローンスクールを2016年4月1日に開校します! 詳しくお話しを伺いました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「来る自動飛行時代に欠かせない航路シミュレーションを」株式会社フォーラムエイト

【Japan Drone 2016レポート】「来る自動飛行時代に欠かせない航路シミュレーションを」株式会社フォーラムエイト
建設関係のパッケージソフトハウスとしてはトップシェアを誇るフォーラムエイトは、もう1つの柱である3DリアルタイムVRソフトを進化させたドローン向けソリューションを展示。ドローンの業務活用支援の1つの形を見ることができました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「長時間の飛行ならお任せください!」田中電気株式会社

【Japan Drone 2016レポート】「長時間の飛行ならお任せください!」田中電気株式会社
無線操縦のドローン展示が多い中、田中電気のブースでは有線タイプのドローンが出展されていました。一見、制限が多そうな有線型ですが、無線型にはないメリットがあるといいます。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「ドローンに載せる物ならなんでもお任せください」株式会社ジェピコ

【Japan Drone 2016レポート】「ドローンに載せる物ならなんでもお任せください」株式会社ジェピコ
フライトコントローラ、パラシュート、ドローン検知器、各種カメラ、3D LiDER などなど、ドローン周辺機器を幅広く取り扱うジェピコ。事業を開始して2年でこれだけの製品を揃えた背景には、電子部品商社ならではの強みがありました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「日々の保守点検に使えるドローンを目指して」NTT東日本

【Japan Drone 2016レポート】「日々の保守点検に使えるドローンを目指して」NTT東日本
東日本大震災の復旧工事を通して、ドローンの有用性を認識したNTT東日本は、5年間かけて、災害復旧から日常の保守点検業務へのドローン運用の体系化を進めてきました。NTT東日本のドローンへの取り組みについて、これまで、今、そして未来についてお話を伺いました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「ラジコンで培った技術とノウハウをドローンに活かします」双葉電子工業株式会社

【Japan Drone 2016レポート】「ラジコンで培った技術とノウハウをドローンに活かします」双葉電子工業株式会社
双葉電子工業といえば、ラジコンをイメージされる方も少なくないでしょう。その双葉電子工業がラジコンで培った技術を持ってドローンの世界に参入。そして安全啓蒙を進める立場としてドローンスクールを開校します。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「目的に合わせて最適な機体を提案します」静岡理工科大学

【Japan Drone 2016レポート】「目的に合わせて最適な機体を提案します」静岡理工科大学
ドローンというと4~6つのプロペラがついたマルチコプターを連想しがちですが、マルチコプターも使い方によっては向き不向きがあるそうです。「使い方に合わせて、機体の形状を選ぶべき」という静岡理工科大学の田村先生にお話を伺いました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「ドローン活用のためのさまざまなソリューションを」株式会社構造計画研究所

【Japan Drone 2016レポート】「ドローン活用のためのさまざまなソリューションを」株式会社構造計画研究所
今年創業60年を迎える構造計画研究所は、これまで培ってきた通信や画像処理技術を使って、さまざまなドローン活用のためのソリューションを提供しています。いずれも基礎技術的なもので派手さはありませんが、いずれもビジネスにおけるドローン活用で役に立つ技術を3つ紹介していました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】「BtoBドローンマーケットへ本格的に参入していきます」DJI JAPAN株式会社

【Japan Drone 2016レポート】「BtoBドローンマーケットへ本格的に参入していきます」DJI JAPAN株式会社
ドローン機体ではシェアトップを占めるDJI。実はDJIがこれまで手がけてきたドローンは“ドローン”ではなかったそうです。そのDJIが“ドローン”を市場に投入するということでお話を伺ってきました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】春原久徳 セキュアドローン協議会会長インタビュー(前編)「ドローンが日本の農業を変えていく」

【Japan Drone 2016レポート】春原久徳 セキュアドローン協議会会長インタビュー(前編)「ドローンが日本の農業を変えていく」
2016年は「ビジネスドローン元年」といわれています。そこで、ビジネスにおけるドローン活用の展望について、ドローンの商用利用コンサルティングを手掛け、IT企業の立場からドローン活用を研究するセキュアドローン協議会を立ち上げた、ドローン・ジャパン株式会社代表の春原久徳氏に話を聞きました。
編集部おすすめデジタル機器全般

【Japan Drone 2016レポート】春原久徳 セキュアドローン協議会会長インタビュー(後編)「ドローン開発を活発にする環境づくりを」

【Japan Drone 2016レポート】春原久徳 セキュアドローン協議会会長インタビュー(後編)「ドローン開発を活発にする環境づくりを」
ドローン・ジャパンでは、ビズネスドローンの発展に欠かせない、航行制御のプログラム開発力を高めるため、ドローンソフトウェアのエンジニア育成プロジェクトを開始しました。前編に続き、セキュアドローン協議会会長と、ドローン・ジャパン株式会社の会長を務める春原久徳氏にお話を伺いました。

関連記事

新着記事

  1. 2018/05/23 時代のクラウド移行の流れもあり、Office365を導入する企業が増えて…
  2. 2018/05/22 ガートナー、全社員のIT活用力強化に向けた3つの施策を発表 企業がデジタル…

おすすめ記事

  1. クラウド選びに悩む、そんなとき 今やたくさんのサービスが存在するパブリッククラウド。いろいろ検…
  2. 2019年を境に、IT業界は深刻な人手不足に突入します もう、20年も前のこと。「2000年問…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る