【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる

  • 2016/9/18
  • 【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる はコメントを受け付けていません

2016/09/18

VRに対するゲーム産業の熱気伝えたビジネスデイ

近年のモバイル、オンライン、家庭用ゲームの活況、昨年1兆3千億円という過去最高に達した国内ゲーム市場だが、今回のゲームショウはVR(仮想現実)が主役だった。今年は「VR元年」といわれ、会場でもVR・AR(拡張現実)市場への期待感の高まりが肌で感じられた。

これを受けて「ビジネスデイ」として開幕した15日、商談・プレス向けにもかかわらず、開幕前から数多くのビジネスパーソンと報道陣が集まり、会場は早々からにぎわいを見せていた。また、広大な会場に立ち並ぶ各メーカー渾身のブースは、新ゲーム機や新コンテンツを持ち寄り独自の趣向を凝らしており、コンパニオンやコスプレイヤーたちが一層の華を添えていた。

出展企業のブースにはゲームのキャラクターなどのコスプレをしたコンパニオンも目立った

出展企業のブースにはゲームのキャラクターなどのコスプレをしたコンパニオンも目立った

イベントで最も注目を集めていたのがソニー。超大型スクリーンのコンテンツPVと鳴り響く音楽で、来場者の好奇心をさらに刺激し、巨大なブースには早い時間から人だかりができていた。また、VR元年の火付け役とされる、「プレイステーション(PS)VR」の体験ブースも設けられており長蛇の列となった。会場には、今回が初となるPSVRを使って各メーカーのゲームが楽しめるVR体験コーナーも設けられた。

今回のゲームショウでは初めてVRの体験コーナーが設置された

今回のゲームショウでは初めてVRの体験コーナーが設置された

カプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコエンターテイメントなど、国内のトップゲームメーカーもVR対応ゲームを核に自社の超人気ゲームなどを展示した。また、パソコンメーカーのデルはゲーミングPCブランドでVR対応機を発表。こうしたVR関連を展示を行う各企業のブースには多くの人がつめかけていた。

“学ぶ場”と位置付けて専門学校なども出展

会場には、ゲームクリエーターをめざす、大学や専門学校の生徒の作品等を展示したゲームスクールコーナーもあった。出展した学校の1つである新潟コンピュータ専門学校の山中祐介・ゲームクリエーター科学科長は「ゲームショウは生徒たちがゲーム業界に直に触れられる貴重な体験の場」と出展の狙いを話した。

ゲームショウ会場には大学や専門学校も出展(写真は新潟コンピュータ専門学校のブース)

ゲームショウ会場には大学や専門学校も出展(写真は新潟コンピュータ専門学校のブース)

最新のゲーム機ありソフトが並び、そして学びの場であるゲームショウ。今回はVRで新たなファンを獲得していた。

バックナンバー

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる
千葉市の幕張メッセにて、2016年9月15日~18日の4日間、世界最大級の規模となるゲーム見本市「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が開催された。20周年を迎えた今年は、37の国と地域から総勢614企業・団体が出展し、4日間の総来場者数は、27万1224人と歴代最多。まさにグローバルなゲームの祭典となった。

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル
ゲームショウで目玉の1つだったのがVRを実現するためのハードウェアの展示だ。その中でも「プレイステーション VR」を投入するソニーとゲームショウに合わせてVR対応の新型ノートPCを発表したデルに注目が集まっていた。

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー
今年は「VR元年」といわれ、今回のゲームショウでは各ゲームソフトメーカーがVR対応タイトルを続々と発表。カプコンは「バイオハザード」、バンダイナムコは「アイドルマスター」などを投入。また、ソーシャルゲームを手がけるグリーもVR市場を開拓する。

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展
VR市場にはゲームメーカーだけでなく大手出版社なども参入。ゲームショウではそうした企業も出展していた。仮想現実一色だった会場だが、VRと並び注目されている「人工知能(AI)」もコーナーもあり、先端技術のコンテンツが展示されていた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る