【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展

  • 2016/9/21
  • 【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展 はコメントを受け付けていません
スクエア・エニックスのブース

スクエア・エニックスのブース

スクエア・エニックスではVR対応タイトルとして「ファイナルファンタジーXV」を展示。15作目となる今回はアクション性の高いバトル機能を導入し、プレイヤーが臨場感を味わうことができるという。VR対応の詳細については発表の予定だ。

「ファイナルファンタジーXV」

「ファイナルファンタジーXV」

「ファイナルファンタジーXV」では体験コーナーも設けられ盛況を博していた。ファイナイルファンタジー以外で、注目を集めていたのが、「プロジェクト Hikari」の展示だ。スクエニの開発技術と漫画を融合させたプロジェクトでVR×漫画というユニークな試みから、あたらしいコンテンツの可能性を示唆していた。

講談社、オリジナルキャラのアイドルVRコンテンツ

各メーカーのタイトルが並ぶVRコーナーでひときわ異彩を放っていたのが、講談社だ。同社はアイドルミュージックコンテンツ「Hpo Step Sing!(ホップ ステップ シング!)」を出展した。

講談社のブース

講談社のブース

「Hpo Step Sing!」は3人のアイドルの活動を楽しむVRコンテンツ。社内での新規事業アイデア募集に応募し発足したプロジェクトだという。

コンテンツは出版社ならではの作家ネットワークを活かし、キャラクターデザインをアニメ「TARI TARI」を手がけたtanu氏、音楽プロデュースをアニメ「ラブライブ!」の音楽プロデュースを行ったランティスが担当するなど、すべてオリジナルで制作した。

「Hpo Step Sing!」

「Hpo Step Sing!」

「少年時代から好きだったパーチャルリアリティと、アイドルを融合させたコンテンツを目指した」と、松下友一・第四事業局キャラクターVRチーム チーフプロデューサーは説明する。

松下友一・第四事業局キャラクターVRチーム チーフプロデューサー

松下友一・第四事業局キャラクターVRチーム チーフプロデューサー

MSの女子高生AI「りんな」が注目集めたAIコーナー

VRが会場を席巻していた今回のゲームショウだが、VRと並んで今年に注目されている「人口知能(AI)」の出展もあった。

日本マイクロソフトのブース

日本マイクロソフトのブース

その1つが日本マイクロソフトのおしゃべりボット・女子高生AI「りんな」だ。ブースはりんなの部屋をイメージして作られており、AIのりんなとLINEを使って対話ができる。今回の展示では、ユーザーのファッションをチェックする機能や、ラップ調で返答する機能の紹介もしていた。

りんなとLINEで会話ができるデモ(左)とりんなの部屋をイメージした展示

りんなとLINEで会話ができるデモ(左)とりんなの部屋をイメージした展示

開発の狙いについて、クライアン(小林)桃・サーチテクノロジー開発統括部プログラムマネージャーは「今後のSNSは音声による会話がコミュニケーションの中心になると考えており、りんなはその第一歩となるAI。現在はユーザーとより自然な対話をすることを目標にしている。これは長期プロジェクトなので、じっくりと精度を上げてよりよいものを作っていきたいと考えている」と話した。

クライアン(小林)桃・サーチテクノロジー開発統括部プログラムマネージャー

クライアン(小林)桃・サーチテクノロジー開発統括部プログラムマネージャー

バックナンバー

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる
千葉市の幕張メッセにて、2016年9月15日~18日の4日間、世界最大級の規模となるゲーム見本市「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が開催された。20周年を迎えた今年は、37の国と地域から総勢614企業・団体が出展し、4日間の総来場者数は、27万1224人と歴代最多。まさにグローバルなゲームの祭典となった。

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル
ゲームショウで目玉の1つだったのがVRを実現するためのハードウェアの展示だ。その中でも「プレイステーション VR」を投入するソニーとゲームショウに合わせてVR対応の新型ノートPCを発表したデルに注目が集まっていた。

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー
今年は「VR元年」といわれ、今回のゲームショウでは各ゲームソフトメーカーがVR対応タイトルを続々と発表。カプコンは「バイオハザード」、バンダイナムコは「アイドルマスター」などを投入。また、ソーシャルゲームを手がけるグリーもVR市場を開拓する。

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展
VR市場にはゲームメーカーだけでなく大手出版社なども参入。ゲームショウではそうした企業も出展していた。仮想現実一色だった会場だが、VRと並び注目されている「人工知能(AI)」もコーナーもあり、先端技術のコンテンツが展示されていた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る