【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル

  • 2016/9/20
  • 【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル はコメントを受け付けていません
2016/09/20

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースには、イベント当日に発売となった「プレイステーション(PS)4」、10月13日に発売の「プレイステーション4 Pro」、11月10日発売の「プレイステーション VR」という、そうそうたる顔ぶれの展示・体験コーナーが設けられていた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース

PS4はPS3に比べコンパクト。価格も2万9980円と誰もが手軽にゲームを楽しめる機器といった印象だ。PS4 Proは、4KやHDRに対応するハイエンドモデルの位置づけで、PS VRとの連携を想定したゲーム機という。

「プレイステーション4 Pro」(左)と「プレイステーション VR」

「プレイステーション4 Pro」(左)と「プレイステーション VR」

ソニーのPSVR対応のゲーム体験できるコーナーには、VRの世界を体験しようと多くの来場者が訪れ長蛇の列ができており、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶりだった。

ソニーが設けたPSVR対応ゲームの体験コーナー

ソニーが設けたPSVR対応ゲームの体験コーナー

「PS VRの特徴は、何といってもハイスペックであること。高画質なPS 4の映像を再現し、映像の遅延もなく、肉眼で見ているのとかわらないスピードで映像を動かすことができる」。

今年の目玉でもあるPS VRについて、ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏はこう自信を見せる。

ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏

ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏

また、「当社は、3年前よりゲームショウでのVR出展を行い、丁寧な情報発信に取り組んできた。通常、新製品を連続出展することはないが、今回のゲームショウで非常に多くの方々が体験を希望しているのも、こういった取り組みの成果だと思う」と話した。

デルはVRに対応のゲーミングノートPCを発表

一方、ゲーム機メーカーだけではなくパソコンメーカーもVRに対応した機器を投入する。デルは出展したゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」でVRに対応したノートPC「ALIENWERE 17」「同15」を9月23日に発売する。デルではゲームショウで発表会を開催。新型ノートPCをアピールした。

デルのゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」のブース

デルのゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」のブース

「ALIENWERE 17」「同15」はゲーマー向けのノートPC。新型のきょう体を採用し、薄型化・軽量化を図る一方、GPUにNVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載することで、グラフィックス能力を強化した。2機種ともにVRのヘッドセットに対応する。

ALIENWERE 17

ALIENWERE 17

ALIENWERE 17はCPUにインテルのCore i5-6700HQなどの搭載が可能。17.3型の液晶ディスプレー、HDDは1TBや512GBの容量を選ぶことができる。OSはWindows 10 Home 64ビット版。視線追跡センサー「Tobii」を搭載できる。ユーザーがPCから離れると自動ロックやスリープモードに切り替わる機能などが利用できる。

ALIENWERE 15

ALIENWERE 15

一方、ALIENWERE 15は、CPUにCore i5-6300HQなどの搭載が可能。標準で15.6型のフルHD液晶を装備する。HDDは1TBや512GBの容量を選ぶことが可能。OSはWindows 10 Home 64ビット版。

ALIENWEREのブースでもVRを体験できるコーナーを設置

ALIENWEREのブースでもVRを体験できるコーナーを設置

会見でジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクターは「新作の大きなキーはVR対応。業界をリードし続けてきた当社のコアバリューを強化するという意味でもVRへの参入は必須で、後の10年を見据えても非常に重要な要素になる。また、VRの利用では外部設備を用意する必要なく、スムーズにプレイすることが可能」と強調した。

ジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクター

ジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクター

バックナンバー

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる
千葉市の幕張メッセにて、2016年9月15日~18日の4日間、世界最大級の規模となるゲーム見本市「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が開催された。20周年を迎えた今年は、37の国と地域から総勢614企業・団体が出展し、4日間の総来場者数は、27万1224人と歴代最多。まさにグローバルなゲームの祭典となった。

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル
ゲームショウで目玉の1つだったのがVRを実現するためのハードウェアの展示だ。その中でも「プレイステーション VR」を投入するソニーとゲームショウに合わせてVR対応の新型ノートPCを発表したデルに注目が集まっていた。

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー
今年は「VR元年」といわれ、今回のゲームショウでは各ゲームソフトメーカーがVR対応タイトルを続々と発表。カプコンは「バイオハザード」、バンダイナムコは「アイドルマスター」などを投入。また、ソーシャルゲームを手がけるグリーもVR市場を開拓する。

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展
VR市場にはゲームメーカーだけでなく大手出版社なども参入。ゲームショウではそうした企業も出展していた。仮想現実一色だった会場だが、VRと並び注目されている「人工知能(AI)」もコーナーもあり、先端技術のコンテンツが展示されていた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#15:デジタル庁はIT版巨災対になれるのか?

  2. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#05:ゼロトラストセキュリティを牽引する企業トップ14

  3. 悪しき慣習「パスワード付きzipファイル」もこれで終わるのか?

  4. 正規VPNインストーラにバックドアをバンドルし拡散する攻撃手口-セキュリティブログ

  5. パスワード付き圧縮ファイルに注意:IcedIDの攻撃が本格化の兆し-セキュリティブログ

  6. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#14:データ移行で炙り出される要件漏れ

  7. 【脱!SIerへの丸投げ】IT投資効率を悪化させるSI業界 vol.2 ~IT投資をゆがめるSIer~

  8. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#04:ゼロトラストセキュリティはテレワークをどう変える?

  9. レポート「ニューノーマルの働き方改革 :すぐに始められるデジタル変革への道」後編

  10. レポート「ニューノーマルの働き方改革 :すぐに始められるデジタル変革への道」前編

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
ページ上部へ戻る