【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル/ジョーシス

  • 2016/9/20
  • 【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル/ジョーシス はコメントを受け付けていません。
2016/09/20

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースには、イベント当日に発売となった「プレイステーション(PS)4」、10月13日に発売の「プレイステーション4 Pro」、11月10日発売の「プレイステーション VR」という、そうそうたる顔ぶれの展示・体験コーナーが設けられていた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース

PS4はPS3に比べコンパクト。価格も2万9980円と誰もが手軽にゲームを楽しめる機器といった印象だ。PS4 Proは、4KやHDRに対応するハイエンドモデルの位置づけで、PS VRとの連携を想定したゲーム機という。

「プレイステーション4 Pro」(左)と「プレイステーション VR」

「プレイステーション4 Pro」(左)と「プレイステーション VR」

ソニーのPSVR対応のゲーム体験できるコーナーには、VRの世界を体験しようと多くの来場者が訪れ長蛇の列ができており、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶりだった。

ソニーが設けたPSVR対応ゲームの体験コーナー

ソニーが設けたPSVR対応ゲームの体験コーナー

「PS VRの特徴は、何といってもハイスペックであること。高画質なPS 4の映像を再現し、映像の遅延もなく、肉眼で見ているのとかわらないスピードで映像を動かすことができる」。

今年の目玉でもあるPS VRについて、ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏はこう自信を見せる。

ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏

ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏

また、「当社は、3年前よりゲームショウでのVR出展を行い、丁寧な情報発信に取り組んできた。通常、新製品を連続出展することはないが、今回のゲームショウで非常に多くの方々が体験を希望しているのも、こういった取り組みの成果だと思う」と話した。

デルはVRに対応のゲーミングノートPCを発表

一方、ゲーム機メーカーだけではなくパソコンメーカーもVRに対応した機器を投入する。デルは出展したゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」でVRに対応したノートPC「ALIENWERE 17」「同15」を9月23日に発売する。デルではゲームショウで発表会を開催。新型ノートPCをアピールした。

デルのゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」のブース

デルのゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」のブース

「ALIENWERE 17」「同15」はゲーマー向けのノートPC。新型のきょう体を採用し、薄型化・軽量化を図る一方、GPUにNVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載することで、グラフィックス能力を強化した。2機種ともにVRのヘッドセットに対応する。

ALIENWERE 17

ALIENWERE 17

ALIENWERE 17はCPUにインテルのCore i5-6700HQなどの搭載が可能。17.3型の液晶ディスプレー、HDDは1TBや512GBの容量を選ぶことができる。OSはWindows 10 Home 64ビット版。視線追跡センサー「Tobii」を搭載できる。ユーザーがPCから離れると自動ロックやスリープモードに切り替わる機能などが利用できる。

ALIENWERE 15

ALIENWERE 15

一方、ALIENWERE 15は、CPUにCore i5-6300HQなどの搭載が可能。標準で15.6型のフルHD液晶を装備する。HDDは1TBや512GBの容量を選ぶことが可能。OSはWindows 10 Home 64ビット版。

ALIENWEREのブースでもVRを体験できるコーナーを設置

ALIENWEREのブースでもVRを体験できるコーナーを設置

会見でジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクターは「新作の大きなキーはVR対応。業界をリードし続けてきた当社のコアバリューを強化するという意味でもVRへの参入は必須で、後の10年を見据えても非常に重要な要素になる。また、VRの利用では外部設備を用意する必要なく、スムーズにプレイすることが可能」と強調した。

ジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクター

ジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクター

バックナンバー

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる

【TGS2016】東京ゲームショウ2016 主役はVR、対応ハード・ソフトの展示に注目集まる
千葉市の幕張メッセにて、2016年9月15日~18日の4日間、世界最大級の規模となるゲーム見本市「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が開催された。20周年を迎えた今年は、37の国と地域から総勢614企業・団体が出展し、4日間の総来場者数は、27万1224人と歴代最多。まさにグローバルなゲームの祭典となった。

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル

【TGS20165】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル
ゲームショウで目玉の1つだったのがVRを実現するためのハードウェアの展示だ。その中でも「プレイステーション VR」を投入するソニーとゲームショウに合わせてVR対応の新型ノートPCを発表したデルに注目が集まっていた。

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー

【TGS2016】ゲーム各社VR続々投入、モバイルVRにらむ企業も カプコン、バンダイナムコ、グリー
今年は「VR元年」といわれ、今回のゲームショウでは各ゲームソフトメーカーがVR対応タイトルを続々と発表。カプコンは「バイオハザード」、バンダイナムコは「アイドルマスター」などを投入。また、ソーシャルゲームを手がけるグリーもVR市場を開拓する。

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展

【TGS2016】FF新作でVR対応のスクエニ、VR新規参入の講談社、AIでMSが出展
VR市場にはゲームメーカーだけでなく大手出版社なども参入。ゲームショウではそうした企業も出展していた。仮想現実一色だった会場だが、VRと並び注目されている「人工知能(AI)」もコーナーもあり、先端技術のコンテンツが展示されていた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018/4/9   まさに熱狂といった言葉が相応しく、大盛況で幕を閉じた第1回目から約…
  2. 本用語辞典は「ITの知識がある人向け」「ITが苦手な経営者向け」そして「小学生向け」と3パターンの説…
  3. 本用語辞典は「ITの知識がある人向け」「ITが苦手な経営者向け」そして「小学生向け」と3パターンの説…
  4. 今回の情シス女子は、アクサ生命保険の南嶋千春さんです。南嶋さんが今携わっているのが、短期間でソフトウ…
  1. BC Vol:01「何が入っているの?ブロックチェーンの気になる中身

  2. 「日本のエンジニアの給料は高いか、安いか」

  3. IoT Vol:0「考える前に、事例でサクっとわかるIoT!!」

  4. 【第2回AI・人工知能EXPO】進化やまないAIサービスの最前線を突撃レポート!!

  5. BC Vol.0 ブロックチェーンとはいったい何なのか? 何がすごいのか?

  6. AI Vol.0 コンピュータは人の知能の代替となり得るのか? 〜魅惑的なAIの世界へようこそ〜

  7. 使える! 情シス三段用語辞典57「シングルサインオン」

  8. 使える! 情シス三段用語辞典56「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」

  9. 使える! 情シス三段用語辞典51「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」

  10. 【情シス女子】第38回 「今は何もできないけれど『いないと困る存在』に絶対なる!」 森岡友美さん

登録されているプレスリリースはございません。

新着記事

  1. IoTは、実は30年も前から考えられていたのです ボタンひとつで欲しいもの…
  2. ワタシたちは、いろいろお役に立ちはじめています すごいことはわかっていても、どこがどうすご…

おすすめ記事

  1. 2018/4/9   まさに熱狂といった言葉が相応しく、大盛況で幕を閉じた第1回目から約…
  2. 「暗号通貨の一種ですか? いいえ、テクノロジーです」 2017年12月にその価格が20…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る