よい会社をつくるのはやっぱり人・・・、いや猫と犬だ!

愛しいペットが働く気も呼び覚ましてくれます

無機質なオフィスで、黙々とPCに入力。はるか向こうの窓を眺め、なんとなくため息。隣の同僚がイライラしていて、私もイライラ。ただでさえ狭いデスクは資料の山でマウスがぶつかる。 “あぁ、もういやだ”。会社勤めをしていると、ふとダウナーな気分になることもあります。そんなとき、ひとときの癒しに浸りたいものですが・・・、何を癒しとすればよいのやら。

 

仕事なんて放っておいて、早く帰ってペットと遊びたい−−、きっとそんな風に感じている人もいることでしょう。

さて、そんな働く人の気持ちを知ってか知らずか。最近、「ペットがいる会社」が世界で増えているのだとか。オフィスでふと合う目と目。気まぐれか、察しているのか、そっと体を擦り寄せてくれるネコやイヌたち。そんな環境で働けたら、きっと生産性3割アップ間違いなし! ですよね。

ペットとの同伴をOKにした会社には、実はちゃんとした理由があるそう。「アニマルセラピー」の一環で、仕事のストレスを和らげてくれる効果があると科学的に証明されているんだそうです。愛しいペットと出勤として一緒に帰る、そんなスタイルが当たり前の時代もやってくるのかもしれません。

 

あのグーグルもアマゾンもペット同伴OKです

 ペット同伴でとくに有名なのが、GoogleやAmazon。イヌとの同伴を許可しているGoogleは、イヌに対する考えを企業理念に掲げるなど、かなり積極的にフォローアップしている模様。Amazonでは、同伴リストに2,000匹のイヌたちが登録されているとともに、ペットの種類も多くインコやブタ、なんとニシキヘビと出勤している社員もいるとか。

 

そのほかにも、アメリカ発のニュースサイト・ハフィントンポストやソーシャルメディアのTumblr、アイスクリームブランド・ベン&ジョリーズなども制度を設けているそうで、ペット同伴は先端&有名企業の間で着実に広まりつつあるようです。

そして、ブームは日本にもすでに到来。キットカットやコーヒーで知られる「ネスレ日本」やスニッカーズで知られる「マースジャパンリミテッド」、ペットショップなどの運営を手がける「UGペット」なども以前から制度を設けていて、マースジャパンリミテッドはキャットルームや獣医師の常駐、UGペットは託児ならぬ託イヌスペースも完備しているといいます。

さらに、有名なのがITベンチャーの「ファーレイ」。ネコとの同伴が可能なだけでなく、保護ネコを飼っている従業員には月5,000円の「ネコ手当」なるものも用意されているとか。これらの制度は、「恵まれないネコたちの保護を通して社会貢献に寄与したい」との思いからはじめたそうです。すばらしい!

 

かけがえのないペットと働き、溢れるしあわせ感

最後に、ペットと働く効果について、詳しく見ていきましょう。

純真無垢な仕草や表情を見るとき、ふいになぜたり抱きしめたくなったりする人は多いハズ。また、そうして幸せを感じる人も。私たちのこういった感情には「オキシトシン」というホルモンが密接に関係しています。

オキシトシンとは、脳に流入する神経伝達物質であり、主に「楽しさや愛情」を感じたときに分泌されることから「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」ともよばれます。そして、例えば恋愛やハグ、映画を観て感動するなど日常のさまざまなイベントほか、ペットとのスキンシップでも多く分泌されることがわかっています。ここで、とても興味深いのが、それは“人だけではない”こと。飼い主とのスキンシップで、ペットもオキシトシンを分泌しているのです。

とくに、顕著なのが犬だといいます。

 

2015年にScienceに掲載された麻布大学、自治医科大学、東京医療学院大学の共同グループによる研究成果によれば、「人とイヌの“絆”は愛情表現とオキシトシンにより深まる」とのことで、さらに、他の動物では敵意を表す「見つめ合い」が、イヌのオキシトシン分泌濃度を上昇させることが明らかになったそうです。

また、アメリカのクレアモント大学院大学の神経経済学者ポール・ザック博士も興味深い研究結果を発表しています。飼い主に遊んでもらったイヌのオキシトシンを計測するもので、10匹を調べた結果、平均57%以上のオキシトシンを分泌したといいます。この割合を人に当てはめると「子どもやパートナーとのふれ合い以上」なのだそう。イヌが飼い主とのコミュニケーションをいかに大切に感じているかがわかります。

加えて、ザック博士は、「オキシトシンは、人間が心地よさや楽しさを感じたときに分泌される」「その分泌量の違いは、どれだけストレスを抱えていたかに比例する」とも。まさに、ここがペットとともに働く効果だといえそうです。つまり、クリエイティブな業務にしても、ルーチンな業務にしても、職場は継続的にストレスが発生しやすい場所。そこにペットがいてくれることで、気持ちをリセットでき、フレッシュな意欲を持って働くことができるのです。

サイクルが早く競争も熾烈きわまるIT業界で、大きな存在感を誇示し続けるGoogleAmazon。このハイパージャイアントたちの同伴制度は、IT人材のパフォーマンスを最大化させる環境を追求した結果なのかもしれません。働き方改革が叫ばれる昨今ですが、労働の仕組みだけではなく、こういったところにも注目する必要がありそうです。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. 経営陣から変化を求められる情シス。企業経営にITが欠かせなくなったビジネスの潮流を考えればさもありな…
  5. 2018/06/20 情シスの現場では「管理会計」というキーワードは、果たしてどのくらい浸透し…
  1. 【情シスTips】無線LAN設定、スモールオフィスで忘れちゃいけない5つの項目

  2. 【無料セミナー】セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2019

  3. 【SORACOM Discovery 2019】IoTだけじゃない、情シス向けSORACOM活用術

  4. 【知っ得言語】「Ruby」~特徴とその学ぶべき理由~

  5. ご存じですか?「テレワーク・デイズ2019」

  6. 【情シスTips】もう怖くない!サービスとして活用するWindows10(第5回)

  7. 使える! 情シス三段用語辞典88「EPP(Endpoint Protection Platform)」

  8. 【徹底比較】Webブラウザ最新事情・2019年版

  9. 【情シスTips】もう怖くない!サービスとして活用するWindows10(第4回)

  10. 入退管理システムにおける情報セキュリティ対策要件チェックリストを公開-IPA

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  2. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  3. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  4. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  5. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  6. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
ページ上部へ戻る