アクロニス、ランサムウェア保護やファイル改ざん検証機能を搭載したバックアップソフト新版

  • 2017/6/29
  • アクロニス、ランサムウェア保護やファイル改ざん検証機能を搭載したバックアップソフト新版 はコメントを受け付けていません
2017/06/29

アクロニス・ジャパンは、企業向けバックアップソフト「Acronis Backup 12.5」を発売したと発表した。オラクルのデータベースソフト「Oracle Database」に対応したほか、ランサムウェアの検知・復旧やファイル改ざん防止など機能を強化した。

「Acronis Backup 12.5」の概要

「Acronis Backup 12.5」の概要

新製品は「Acronis Backup」と「Acronis Backup Advanced」の既存ソフトを統合した新バージョンになる。Windows ServerやLinuxなどの物理サーバー用ソフト、Azure VM、Amazon EC2などのクラウド、VMwareなどの仮想環境といったソフト、プラットフォームに既存製品と同様に対応するほか、今回、新たにオラクルのデータベースソフト「Oracle Database」にも対応。21のソフト、プラットフォームをサポートする。また、バックアップ先はローカルディスク、NAS、SAN、磁気テープなどを選ぶことができる。

目玉となるのは、ランサムウェアを検知・復旧機能「Acronis Active Protection」とバックアップファイルの改ざん証明機能「Acronis Notary」。Acronis Active Protectionは未知のタイプを含むランサムウェアを検知すると遮断を行い、仮に感染してしまった場合でもアクロニスが運営するクラウドのストレージに保存しておいたバックアップデータを使って自動で復旧する。

「Acronis Active Protection」の仕組み

「Acronis Active Protection」の仕組み

一方、Acronis Notaryはビットコインで利用されているブロックチェーン技術を利用してファイルが改ざんされていないことを証明する。具体的にはブロックチェーン技術を使ったプラットフォーム「Ethereum(イーサリアム)」を利用し、指定したファイルのハッシュ値を生成しておき、比べ合わせることでデータがオリジナルであることを証明する。

「Acronis Notary」の仕組み

「Acronis Notary」の仕組み

「リアルタイムでセキュリティも確保しながらデータをバックアップするという高いレベルを担保したデータバックアップのニーズに対し、今回の製品でフォローすることができた」と、発表会で大岩憲三社長は新製品について胸を張った。

大岩憲三社長

大岩憲三社長

新製品は磁気テープやAcronis Notaryなどの機能を省いたStandard版とフル機能のAdvanced版を用意。ライセンスのサブスクリプション(利用期間に応じて料金を支払う方式)と買い切りで提供する。価格はStandard版のWindows Server、Linux対応のServer版サブスクリプション(1年)で5万49000円(税抜)から。Advanced版は、Windows Server、Linux対応のServer版サブスクリプション(1年)で9万500円(同)から。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る