アクロニス、ランサムウェア保護やファイル改ざん検証機能を搭載したバックアップソフト新版

2017/06/29

アクロニス・ジャパンは、企業向けバックアップソフト「Acronis Backup 12.5」を発売したと発表した。オラクルのデータベースソフト「Oracle Database」に対応したほか、ランサムウェアの検知・復旧やファイル改ざん防止など機能を強化した。

「Acronis Backup 12.5」の概要

「Acronis Backup 12.5」の概要

新製品は「Acronis Backup」と「Acronis Backup Advanced」の既存ソフトを統合した新バージョンになる。Windows ServerやLinuxなどの物理サーバー用ソフト、Azure VM、Amazon EC2などのクラウド、VMwareなどの仮想環境といったソフト、プラットフォームに既存製品と同様に対応するほか、今回、新たにオラクルのデータベースソフト「Oracle Database」にも対応。21のソフト、プラットフォームをサポートする。また、バックアップ先はローカルディスク、NAS、SAN、磁気テープなどを選ぶことができる。

目玉となるのは、ランサムウェアを検知・復旧機能「Acronis Active Protection」とバックアップファイルの改ざん証明機能「Acronis Notary」。Acronis Active Protectionは未知のタイプを含むランサムウェアを検知すると遮断を行い、仮に感染してしまった場合でもアクロニスが運営するクラウドのストレージに保存しておいたバックアップデータを使って自動で復旧する。

「Acronis Active Protection」の仕組み

「Acronis Active Protection」の仕組み

一方、Acronis Notaryはビットコインで利用されているブロックチェーン技術を利用してファイルが改ざんされていないことを証明する。具体的にはブロックチェーン技術を使ったプラットフォーム「Ethereum(イーサリアム)」を利用し、指定したファイルのハッシュ値を生成しておき、比べ合わせることでデータがオリジナルであることを証明する。

「Acronis Notary」の仕組み

「Acronis Notary」の仕組み

「リアルタイムでセキュリティも確保しながらデータをバックアップするという高いレベルを担保したデータバックアップのニーズに対し、今回の製品でフォローすることができた」と、発表会で大岩憲三社長は新製品について胸を張った。

大岩憲三社長

大岩憲三社長

新製品は磁気テープやAcronis Notaryなどの機能を省いたStandard版とフル機能のAdvanced版を用意。ライセンスのサブスクリプション(利用期間に応じて料金を支払う方式)と買い切りで提供する。価格はStandard版のWindows Server、Linux対応のServer版サブスクリプション(1年)で5万49000円(税抜)から。Advanced版は、Windows Server、Linux対応のServer版サブスクリプション(1年)で9万500円(同)から。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  1. 【情シス基礎知識】~Windows10を学ぶ~サービスチャンネルと機能更新の関係

  2. PCNW「YOUはどうして情シスに?」第三回クライアント勉強会@東京

  3. 【情シス×ストレッチ】手首疲労対策ストレッチ「手首レッチ①」~第10回~

  4. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLoginポータルへのログインをバイパスする

  5. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  6. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  7. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

  8. 【情シス基礎知識】CISOとCSIRT、その関係性は?

  9. 【情シス知っ得言語】「Go言語」のメリットと学ぶべき理由

  10. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

関連サービス

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る