サイランス、無料マルウェア分析・検知サービス「VirusTotal」にAI活用の対策エンジンを提供へ

  • 2017/7/12
  • サイランス、無料マルウェア分析・検知サービス「VirusTotal」にAI活用の対策エンジンを提供へ はコメントを受け付けていません。
2017/07/12

米サイランスは、人工知能(AI)を使ったサイランスのマルウェア対策エンジンを無料のマルウェア分析・検知サービス「VirusTotal」に提供すると発表した。同社では今回の提供によって同サービスで拡張子に「.exe」が付くファイルと、そのハッシュ値でマルウェアを検知することができるという。

サイランスのAIを使ったマルウェア防御の仕組み

サイランスのAIを使ったマルウェア防御の仕組み

サイランスのマルウェア対策エンジンは、WindowsなどのOSを構成するプログラムファイルをはじめ、マルウェアが格納するファイルなど、10億個のファイルを自動で収集。ファイルの安全性を確かめ、「よい」「悪い」という判断で各ファイルを分類。このデータをAIに機械学習をさせて、予測モデルを作りリアルタイムでマルウェアを検知する仕組み。同社によると、この方法では未知・既知を含めマルウェアの99.7%を検出できるという。

乙部幸一朗・サイランス ジャパン・最高技術責任者(CTO)

乙部幸一朗・サイランス ジャパン・最高技術責任者(CTO)

ウイルス対策ソフトでのAI活用は他社も進めている。しかし、記者説明会で、乙部幸一朗・サイランス ジャパン・最高技術責任者(CTO)は「シマンテック、トレンドマイクロ、マカフィーなどは、一般的にシグネチャ(特定のマルウェア検体に共通する一続きのプログラム)を使ってウイルスを検出のための時間短縮でAIが使われている。我々はAIを使った予測モデルでマルウェアの検出をしており、方法が異なる」と話した。

また、会見では、サイランスが2015年10月に発表したマルウェア対策エンジンで、2017年5月に全世界で感染が拡大したランサムウェア「WannaCry」や、2017年6月に確認されたマルウェア「Petya」の亜種「Petya-Like」も検知したことも説明。

チャッド・スキッパー・米サイランス・バイスプレジデント インダストリーリレーション&プロダクトテスティング

チャッド・スキッパー・米サイランス・バイスプレジデント インダストリーリレーション&プロダクトテスティング

チャッド・スキッパー・米サイランス・バイスプレジデント インダストリーリレーション&プロダクトテスティングは説明会で「2015年のデータモデルで、ランサムウェアの『WannaCry』と、マルウェアの『Petya-Like』を防げたことで、われわれの技術の時間的な優位性を証明できた」と強調した。

サイランスがマルウェア対策エンジンを提供する「VirusTotal」はコンピューターウイルスやワームなどがファイルとURLに含まれているかを複数のウイルス対策エンジンとWebスキャナーで分析・検知できる無料オンラインサービス。ただ、同社では製品版の機能の一部のみを提供するとしており「製品版と異なり、必ずしもマルウェアすべてを検出できるわけではない」(乙部・CTO)と説明している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典78「reCAPTCHA」

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. PCNW「社内コミュニケーションの変遷と実情」第二回ITトレンド勉強会@東京(2/21)

  4. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  5. 【日本ものづくりワールド2019レポート】ものづくりAI/IoT展

  6. 使える! 情シス三段用語辞典77「SoR(モード1)/SoE(モード2)」

  7. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  8. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  9. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  10. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る