デル、ビジネスノートPC新モデル 「価格」「安全」「サポート」の三拍子で販売拡大

  • 2016/9/29
  • デル、ビジネスノートPC新モデル 「価格」「安全」「サポート」の三拍子で販売拡大 はコメントを受け付けていません。
2016/09/29

New Vostroはエントリーモデルと呼ぶ低価格機種で、ベンチャー企業や中小・中堅企業を主なターゲットにする。発売するのは「New Vostro 14/15 5000」「New Vostro 14/15 3000」の4機種。

ベンチャー企業などでの利用をイメージした展示

ベンチャー企業などでの利用をイメージした展示

「New Vostro 14/15 5000」は、「プレミアムノートPC」として、シリーズでは上位機種にあたる。New Vostro 14 5000は、14型HD(ハイビジョン)またはFHD(フルハイビジョン)の非光沢タイプの液晶ディスプレイを搭載。New Vostro 15 5000は、15.6型HDまたはFHDの非光沢タイプの液晶ディスプレイを採用した。

New Vostro 15 5000

New Vostro 15 5000

CPUはインテルのCore i-6006U*、Core i3-7100U、Core i5-7200U、Core i7-7500Uを選べる。メモリは4または8GBのDDR4、記憶媒体は500GB、1TBのHDD、256GBのSSDから選択が可能。OS(基本ソフト)はWindows 10 Home 64ビット版、またはWindows 10 Professional 64ビット版。

サイズは14が18.5(高さ)×340(幅)×240(奥行き)㎜、重さが1.59kg、15は19.2(高さ)×380(幅)×252.5(奥行き)㎜、重さが1.98kg。カラーは14がグレー、ゴールド、15がグレー、ゴールド、ナイトブルーを用意した。

デザインではプレミアム感を強調

デザインではプレミアム感を強調

デザインはタッチパッド周辺にダイヤモンドカットを施し、メタッリクを基調にした仕上がりにするなど「色合い、加工、素材で洗練された高級感を提供」(デザインを担当するマックス・スー・エクスペリエンス・デザイングループ・デザイン・ディレクター)とこだわった。

マックス・スー・エクスペリエンス・デザイン・グループ デザイン・ディレクター

マックス・スー・エクスペリエンス・デザイン・グループ デザイン・ディレクター

価格は14、15ともにCPUがCore i3-7100U、メモリ4GB、HDD500GBの最小構成で14が6万9980円から。

一方、「New Vostro 14/15 3000」はコストパフォーマンスを重視した低価格モデルとして販売する。

New Vostro 14 3000が14型HD非光沢タイプの液晶ディスプレイ、New Vostro 15 3000は15.6型HD非光沢タイプの液晶ディスプレイを搭載。CPUはインテルのCeleron 3855U、Core i3-6006U*、Core i3-6100U、Core i3-7100U、Core i5-7200U、Core i7-7500Uから選択ができる。

New Vostro 15 3000

New Vostro 15 3000

メモリは14が4GBのDDR。15は4または8GBのDDR4から選択が可能。記憶媒体は14が500GBのHDD。15は500GB、1TBのHDD、128GBのSSDから選べる。OS(基本ソフト)はWindows 10 Home 64ビット版またはWindows 10 Professional 64ビット版。

デザイン面ではケミカルエッチング加工を施したマイクロパターンを採用。カラーバリエーションを重視し、14でブラック、ホワイト、グレー、15ではブラック、レッド、グレーを揃えることで「女性向けのホワイト、従来からのニーズが高いブラックにも対応した」(マックス・スー・ディレクター)という。

New Vostro 3000ではカラーバリエーションの豊富さを強調

New Vostro 3000ではカラーバリエーションの豊富さを強調

ビジネス用途のため、セキュリティ機能も充実させた。14/15 5000がオプションでTPM(セキュリティチップ)と指紋認証機能に対応、14/15 3000ではTPM、フリーフォーセンサーを標準搭載したほか、オプションで指紋認証にも対応した。

また、2シリーズともに法人利用で重視されるサポート面も拡充。1年間の利用が可能な国内電話サポート、出張サポート、セキュリティソフトに標準で対応。オプションでエンジニアが訪問して対応する「プロサポート」や落下や水漏れなどのトラブル時の保証をする「アクシデンタルダメージ」を用意。「ハード、サポート面を充実させ幅広いニーズに応えられるようにした」(文英梅・クライアント・ソリューションズ統括本部クライアント・ソリューションズ・マーケティング本部コマーシャルリーダー)。

文英梅・クライアント・ソリューションズ統括本部クライアント・ソリューションズ・マーケティング本部コマーシャルリーダー

文英梅・クライアント・ソリューションズ統括本部クライアント・ソリューションズ・マーケティング本部コマーシャルリーダー

山田千代子・執行役員 クライアント・ソリューションズ統括本部統括本部長は、説明会で2016年第2四半期のPC出荷台数でデルが国内シェア第3位を獲得し、法人向けPCで前年同期比18%増であることを強調した。

山田千代子・執行役員 クライアント・ソリューションズ統括本部統括本部長

山田千代子・執行役員 クライアント・ソリューションズ統括本部統括本部長

法人向けのPC販売が好調なことをアピール

法人向けのPC販売が好調なことをアピール

また、法人販売で選定窓口となる情報システム担当者やIT担当者には「『低価格』『セキュリティ』『サポート』の3つをアピールしていく。IT担当者は価格面を重視するが、New Vostroは低価格で、さらに、その時々の最新機能を盛り込んでいる。また、セキュリティやサポート体制の充実で担当者がPCの管理を容易に行える。こうした点をメリットとして購入につなげていきたい」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典78「reCAPTCHA」

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. PCNW「社内コミュニケーションの変遷と実情」第二回ITトレンド勉強会@東京(2/21)

  4. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  5. 【日本ものづくりワールド2019レポート】ものづくりAI/IoT展

  6. 使える! 情シス三段用語辞典77「SoR(モード1)/SoE(モード2)」

  7. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  8. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  9. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  10. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る