デルとEMC、最新サーバー「PowerEdge」を発表 拡張性や運用管理、セキュリティを強化

  • 2017/7/14
  • デルとEMC、最新サーバー「PowerEdge」を発表 拡張性や運用管理、セキュリティを強化 はコメントを受け付けていません。
2017/07/14

デルとEMCジャパンは、新型サーバー「Dell EMC PowerEdge(パワーエッジ)」を発表した。インテルのサーバー向けCPU「Xeon」を搭載。使用用途に応じた最適な機能・拡張性と運用管理の自動化、セキュリティを強化したのが特長。7機種を用意し、7月13日から順次発売を開始した。

PowerEdge R940

PowerEdge R940

新型サーバーは、PowerEdgeの14世代となる製品。ラインアップは、1U・2ソケットタイプの「PowerEdge R640」(税別:70万1900円~)、2U・2ソケットタイプの「PowerEdge R740」(同:71万9000円~)、2U・2ソケットとストレージを搭載する「PowerEdge R740xd」(同:76万9900円~)、3U・4ソケットタイプの「PowerEdge R940」(同:168万5600円~)、モジュラー型で2ソケットの「PowerEdge C6420」(同:28万6500円~)、コンパクトタイプのモジュラー型・2ソケットの「PowerEdge M640」、2U・8ソケットの「PowerEdge FC640」。M640、FC640は2017年下半期の出荷予定で価格は未定となっている

今回発表されたPowerEdgeのラインアップとワークロード

今回発表されたPowerEdgeのラインアップとワークロード

デルとEMCジャパンでは製品の投入に併せ発表会を開催。PowerEdgeの開発トップのラヴィ・ペンディカンティ・デルEMC シニアバイスプレジデント サーバソリューション プロダクトマネージメント兼マーケティング担当は新製品について「『スケーラブルなビジネスアーキテクチャ』と『インテリジェントなオートメーション(運用管理の自動化)』、『統合されたセキュリティ』の3点だ」と説明した。

ラヴィ・ペンディカンティ・デルEMC シニアバイスプレジデント サーバソリューション プロダクトマネージメント兼マーケティング担当

ラヴィ・ペンディカンティ・デルEMC シニアバイスプレジデント サーバソリューション プロダクトマネージメント兼マーケティング担当

「スケーラブルなビジネスアーキテクチャ」は、PowerEdgeの導入企業ごとで異なる用途に幅広く対応するという意味で、サーバーにソフトを組み込んだ「ソフトウエア・デファインド・ストレージ」やデータベース、仮想化といった利用方法ごとで、最適なサーバー製品を用意したとしている。

運用管理の自動化では新しい管理ツール「OpenManage Enterprise」を採用。サーバーの更新やメンテナンスなどの作業の自動で行えるようにした。また、セキュリティでは管理者以外がシステム変更を不可能にする「System Lockdown」機能やサーバーを停止した際に内蔵データを完全に消し去る機能「System Erase」機能などを搭載した。

松本光吉・デル 執行役員副社長 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括

松本光吉・デル 執行役員副社長 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括

松本光吉・デル 執行役員副社長 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括も発表会で「ハイパーコンバージド、ソフトウエア・デファインドなど(ITシステムで)今までよりも大きな変化が訪れている。今回の製品は、そうした変化に対応するためセキュリティ強化や自動で運用管理の担保がポイントになっている」と語った。

日本市場における5つの販売施策

日本市場における5つの販売施策

デルとEMCでは新製品の拡販にも力を入れる。デルとEMC社内での連携を密にして案件の見積もりやサーバー構成支援の専門組織を立ち上げた。独自にサポートサービスを行う自営保守パートナーに、従来の伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とユニアデックスに加え、日本IBMとリコージャパンを加えた。そのほか、導入企業の予算や計画などに併せた支払いサービスの導入の提供なども行う。

上原宏・デル 執行役員 インフラストラクチャ・ソリューションズ 事業統括 製品本部本部長

上原宏・デル 執行役員 インフラストラクチャ・ソリューションズ 事業統括 製品本部本部長

販売施策を説明した上原宏・デル 執行役員 インフラストラクチャ・ソリューションズ 事業統括 製品本部本部長は「今回の製品は我々のお客様の要求を満たす自信作だ」と、繰り返し強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. クラスメソッドでIT推進室室長を務める植木氏。社内ツールやサービスの導入、見直しをする情シスの親分と…
  2. クラスメソッドでIT推進室室長を務める植木氏。社内ツールやサービスの導入、見直しをする情シスの親分と…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  4. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  5. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典81「LTSC(LTSB)」

  2. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLoginポータルへのログインをバイパスする

  3. 使える! 情シス三段用語辞典80「WUfB(Windows Update for Business)」

  4. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  5. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLogin DesktopでMacのデスクトップ認証を行う

  6. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  7. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

  8. くらめその情シス“技”【番外編】:MacのログインをActive Directory認証にする

  9. 【情シス基礎知識】CISOとCSIRT、その関係性は?

  10. 【情シス知っ得言語】「Go言語」のメリットと学ぶべき理由

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る