世界中で圧倒的な導入実績を誇るデータ消去ソフト「Blancco」とは? [PR]

2015/11/27
Blanccoのイメージ画像

前回は「データ消去」についてご紹介しましたが、さまざまなデータ消去方法・データ消去ソリューションがあるなかで、どのようなソリューションを採用し、どのように運用するかでお悩みではないでしょうか。今回は、データ消去方法の一つである上書き消去のソリューション開発に特化した「Blancco(ブランコ)」についてご紹介します。

グローバルで圧倒的な導入実績を誇るデータ消去ソフト専門ベンダー

Blancco(ブランコ)は、フィンランドに本社を置く、データ消去ソリューションの開発に特化したソフトウェアベンダーで、1997年の設立以来、世界中の一般企業や政府機関・官公庁向けにデータ消去ソリューションを提供しています。全世界でのライセンス出荷数は8,000万ライセンス以上で、日本国内では2,000以上の企業に選ばれ、1,800万ライセンス以上のライセンス出荷実績のあるデータ消去ソリューションのグローバルリーダーです。現在は、世界中で毎日約5万台の情報機器がBlanccoソフトでデータ消去されており、欧州、北米、アジア、オセアニアなどに海外拠点を展開することで、世界各国でのデータ消去ニーズに対応しています。

【日本・韓国での導入事例】
http://www.blancco.jp/casestudy/index.htm
【グローバルでの導入事例】
http://www.blancco.com/en/customer-success

公的認定取得による品質へのコミットメント

データ消去ソフトを選定するうえで、もっとも重要なことの1つに、データ消去ソフトの信頼性があります。データ消去ソフトに限らず、セキュリティ製品を選定するうえで、その製品がいかに信用できる製品かを判断するものさしが必要で、データ消去ソフトを導入しても、データ消去の品質が確かなものではない場合、安心して端末を処分することができません。Blanccoは、お客様に安心してBlanccoソフトをご利用いただけるよう、国際認定のISO15408(Common Criteria)をはじめ、各国の政府機関や第三者機関からの認定を数多く取得しています。政府機関や第三者機関がソフトウェアを厳格に評価し、各機関のセキュリティ基準を満たす製品として認定を付与するため、お客様に安全なデータ消去ソリューションをご提供することが可能になります。

【Blanccoが取得している製品認定】
http://www.blancco.jp/aboutus/certification/index….

  1. 政府機関による認定
    英国政府 - CESG(英国政府通信司令部通信電子セキュリティグループ)
    英国防衛省指定製品 - DIPCOG
    フランス国防省 - DCSSI(情報システムセキュリティ中央局)
    オランダ政府 - NLNCSA
    スウェーデン軍
    ノルウェー政府 - NSM (ノルウェー国際安全機関)
    ポーランド政府 - ABW(国内保安庁)
    チェコ共和国 - National Security Authority
    アメリカ国防総省
  2. 公的機関による認定
    Common Criteria(ISO15408)
    NATO(北大西洋条約機構)
    TÜV SÜD
  3. 独立系機関による認定
    NSTL(National Software Testing Laboratories)
    RITEA(一般社団法人 情報機器リユース・リサイクル協会)

多様化するITプラットフォームに対応

企業では、新システムへの対応や業務効率の改善を目的とした、新たなITプラットフォームの導入が急速に進んでいます。クラウド・仮想化環境の利用、スマートフォン・タブレットの導入が主な例ですが、クライアントPCひとつにしても、HDD(ハードディスクドライブ)ではなく、SSD(ソリッドステートドライブ)を搭載したPCを導入するなど、新たな技術・デバイスの導入が採用されています。しかし、新たなIT資産・プラットフォームの導入時には、それらのIT資産の処分・リプレイス時のデータ消去について検討しておくことが非常に重要となります。

SSDはHDDと同じ消去方法では消去ができないことが研究結果で明確になっていますが、SSDを確実に消去するためのSSD専用消去方式(欧州で特許を取得)を開発するなど、データ消去ソフト専門ベンダーであるBlanccoには、社内にデータ消去専門の研究開発体制があります。クライアントPCやサーバだけでなく、スマートフォン・タブレット、そしてクラウド環境にも対応したデータ消去ソリューションを開発することで、お客様の安全なIT資産の処分をサポートしています。

【Blancco製品一覧】
http://www.blancco.jp/product/index.htm

日々変化するセキュリティ要件へ対応したソリューション

2016年1月より、マイナンバー制度が開始され、どのように運用していくかを現在も検討されている企業が多いのではないでしょうか。個人情報保護法の改正も正式に決定し、データ消去を含むコンプライアンス遵守のための対策ソリューションへの注目が一段と高まっています。今までは端末の廃棄時に実施していたデータ消去も、「マイナンバーガイドライン」では、「個人番号若しくは特定個人情報ファイルを削除した場合、又は電子媒体等を廃棄した場合には、削除又は廃棄した記録を保存すること(※1)」と記載されており、ファイル単位でのデータ消去に加え、削除記録を保存することも必要になってきます。Blanccoでは、記憶媒体に保存されたすべてのデータを消去するソリューションだけでなく、ファイル単位でデータ消去を行い、消去ログを自動で取得可能なソフトウェアも開発しております。セキュリティ要件は日々変化し、それらの要件をクリアしていくために、また、お客様の企業価値を高めていくために、Blanccoはこれからもお客様のニーズに応えていきます。

※1 参照:特定個人情報保護委員会事務局「マイナンバーガイドライン入門」
https://www.keidanren.or.jp/policy/2014/105_shiryo…


今ならファイル消去ソフト「Blancco File」の10日間無料お試しアカウントをプレゼント中!
応募者全員に当たります!!

応募期間:12/1(火)~12/25(金)17:00
応募方法:「プレゼント告知ページ」をご確認ください

※本プレゼントは既に終了しております


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018/07/13 今年も年に一度のPCNW大会がスタート 「PC・ネットワークの管理…
  2. 2018/07/09 ITコンサルティング事業を主力とするハイブリィド株式…
  3. 2018/07/09 ITコンサルティング事業を主力とするハイブリィド株式…
  4. 2018/07/09 ITコンサルティングを主力事業とするハイブリィド株式…
  5. 2018/06/18 過去の記事にて、今、「攻めの情シス」に注目が集まっていることを紹…
  1. 【情シス豆知識】すべての企業のITを応援!? 「IoT税制」ってなに?

  2. 【情シス基礎知識】信じていいのか、無線LAN!!

  3. 【情シス奮闘記】第17回 自社のIT部門をゼロから支えてきた情シス兼エンジニアの歩み フュービック

  4. プログラミング言語別年収ランキング2018-求人検索エンジン「スタンバイ」

  5. いまさら聞けない【情シス基礎知識】基幹システムのクラウド化は、なぜ加速する?

  6. IPA:セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2018 開催

  7. 【情シス奮闘記】第16回 不動産流通業界に革新を! “不動産×TECH”を支える情シスたち ランドネット

  8. VAIO独自のリモートアクセスソリューション「VAIO® Secure SIM™」

  9. 【総務・人事・経理ワールド2018】見えてきた、働き方改革と情シスの関係

  10. 情シスの集い「PCNW」2018・東京大会レポート

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス


 
情シスの戦略・企画人材育成


 
情シス向け業務支援ツール

新着記事

  1. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  2. IDC Japanは、国内SDN(Software-Defined Network)市場に関するベン…

おすすめ記事

  1. 2018/06/27 あと1年半まで迫ったWindows 7のサポート終了。しっかりとしたPC…
  2. 2018/06/20 情シスの現場では「管理会計」というキーワードは、果たしてどのくらい浸透し…
  3. 2018/06/15 Windows7のサポート終了までおよそ1年半。Windows10への移…
ページ上部へ戻る