トレンドマイクロ、16年第3四半期セキュリティ報告書 ランサムウェアが前期比4倍増に

2016/11/16

報告書名は「2016年第3四半期セキュリティラウンドアップ:アンダーグラウンドが加速させるランサムウェアの脅威」。報告書によると、2016年第3四半期(7~9月)にはランサムウェア(身代金誘導型ウイルス)の国内検出台数が3万4200台に上り、前期(4~6月)より約4.1倍に増加したことが分かったという。

日本のランサムウェア国内検出台数推移

日本のランサムウェア国内検出台数推移

この検出台数は同社がランサムウェアを観測してから、最大の数値という。また、ランサムウェア感染を狙った不正メールの全世界での検出数も2016年第3四半期は8530万件と前期に比べ約4.5倍に増えた。

全世界でのランサムウェア感染を狙った不正メール検出数

全世界でのランサムウェア感染を狙った不正メール検出数

アンダーグラウンド市場では、不正メールの送信サービスが売買されており、利用すれば容易に大規模な攻撃が可能となる。そのため、攻撃者がランサムウェアの配布にサービスを利用しているとトレンドマイクロでは見ている。

オンラインバンクを狙った詐欺ツールも前期比で4倍に増加

報告書によると、オンラインバンク詐欺ツールの国内検出台数も急増。3万9900台と前期比で約4倍となった。これは過去最大の検出台数だった2014年4~6月の2万4900台を大きく上回る数値だという。

日本のオンラインバンク詐欺ツール検出台数

日本のオンラインバンク詐欺ツール検出台数

トレンドマイクロでは、2016年第3四半期には「BEBLOH(ベブロー)別名:URLZONE」と「URSNIF(アースニフ)、別名:GOZI」と呼ばれる2種類のオンラインバンク詐欺ツールの大量流通を確認。国内の検出台数のうちで、この2種類が約93%を占めていると報告している。

「BEBLOH」と「URSNIF」を感染させようとする不正メールの件名は、「ファイル送付の連絡」や「特許関連資料」など、添付ファイルをクリックしてしまうようなユーザーの心理を巧みにつく形で送られてくるという。トレンドマイクロでは被害にあわないためにも不正メール対策機能を搭載したセキュリティソフトの導入を推奨している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る