トレンドマイクロ、16年第3四半期セキュリティ報告書 ランサムウェアが前期比4倍増に

2016/11/16

報告書名は「2016年第3四半期セキュリティラウンドアップ:アンダーグラウンドが加速させるランサムウェアの脅威」。報告書によると、2016年第3四半期(7~9月)にはランサムウェア(身代金誘導型ウイルス)の国内検出台数が3万4200台に上り、前期(4~6月)より約4.1倍に増加したことが分かったという。

日本のランサムウェア国内検出台数推移

日本のランサムウェア国内検出台数推移

この検出台数は同社がランサムウェアを観測してから、最大の数値という。また、ランサムウェア感染を狙った不正メールの全世界での検出数も2016年第3四半期は8530万件と前期に比べ約4.5倍に増えた。

全世界でのランサムウェア感染を狙った不正メール検出数

全世界でのランサムウェア感染を狙った不正メール検出数

アンダーグラウンド市場では、不正メールの送信サービスが売買されており、利用すれば容易に大規模な攻撃が可能となる。そのため、攻撃者がランサムウェアの配布にサービスを利用しているとトレンドマイクロでは見ている。

オンラインバンクを狙った詐欺ツールも前期比で4倍に増加

報告書によると、オンラインバンク詐欺ツールの国内検出台数も急増。3万9900台と前期比で約4倍となった。これは過去最大の検出台数だった2014年4~6月の2万4900台を大きく上回る数値だという。

日本のオンラインバンク詐欺ツール検出台数

日本のオンラインバンク詐欺ツール検出台数

トレンドマイクロでは、2016年第3四半期には「BEBLOH(ベブロー)別名:URLZONE」と「URSNIF(アースニフ)、別名:GOZI」と呼ばれる2種類のオンラインバンク詐欺ツールの大量流通を確認。国内の検出台数のうちで、この2種類が約93%を占めていると報告している。

「BEBLOH」と「URSNIF」を感染させようとする不正メールの件名は、「ファイル送付の連絡」や「特許関連資料」など、添付ファイルをクリックしてしまうようなユーザーの心理を巧みにつく形で送られてくるという。トレンドマイクロでは被害にあわないためにも不正メール対策機能を搭載したセキュリティソフトの導入を推奨している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. コンテナ型仮想化はSaaS/クラウドの未来!?気になる「向き・不向き」

  2. ハルト君の「転職成功の秘訣」#1 失敗しない履歴書の書き方

  3. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」Vol.5:開発未経験の情シスはローコード開発をやってみる

  4. 【情シス基礎知識】Webアイソレーションとその活用事例

  5. 【PCNW】第二回ITトレンド勉強会(2/7 大阪・2/12 東京)開催

  6. 使える! 情シス三段用語辞典100「BIツール」

  7. セキュリティブログ:2019年 サイバー犯罪が覆す「安全」の常識

  8. 【1/29】Corporate Engineer Night #2 おれたちは愛されコーポレートITになる

  9. SaaS普及のラストピース? APIエコノミー

  10. 株式会社クリアス・テクノロジー「エンジニア」ポジションのご紹介[PR]

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  2. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  3. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  4. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  5. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
ページ上部へ戻る