トレンドマイクロ、Wi-Fiの通信を暗号化するスマホ・タブレット向けアプリ

2017/03/13

トレンドマイクロはWi-Fi(無線LAN)の通信を暗号化するスマートフォン(スマホ)とタブレット向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売した。価格は1年版ライセンスが2900円(税込)、2年版ライセンスは同5000円(同)。Android版はGoogle Play、iOS版はApp Storeで購入できる。

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

ユーザーがWi-Fi利用時に、スマホなどから「フリーWi-Fiプロテクション」のインフラに接続することで、Wi-Fiのアクセスポイントの通信がVPN(仮想私設網)で暗号化。第三者から通信を傍受されることやデータの情報漏えいを防ぐ。トレンドマイクロでは通信を暗号化していない安全性が低い無料Wi-Fiの接続時や、ユーザーが指定したWi-Fiの接続などでの利用を想定している。

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

アプリのインフラはトレンドマイクロのクラウドを使ったセキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」に連携しており、インターネットを利用時にフィッシング詐欺サイトや偽サイトなど、不正サイトへアクセスすることをブロックする。ただし、対象はHTTPを使ったウェブサイトに限られる。

トレンドマイクロでは、無料Wi-Fiでは正規の事業者が提供する安全性の高いサービスのほかに、通信を暗号化していない安全性の低いサービスやサイバー犯罪者が設置した無料Wi-Fiなどが混在し、利用者がそれらの安全性を接続前に確認するのは非常に難しい状況にあると指摘。同社ではアプリを使えば安全性の低い無料Wi-Fiのアクセスポイントに接続した場合でも、通信を暗号化できるため通信の盗み見や情報漏えいのリスクを低減できるという。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る