トレンドマイクロ、Wi-Fiの通信を暗号化するスマホ・タブレット向けアプリ

2017/03/13

トレンドマイクロはWi-Fi(無線LAN)の通信を暗号化するスマートフォン(スマホ)とタブレット向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売した。価格は1年版ライセンスが2900円(税込)、2年版ライセンスは同5000円(同)。Android版はGoogle Play、iOS版はApp Storeで購入できる。

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

ユーザーがWi-Fi利用時に、スマホなどから「フリーWi-Fiプロテクション」のインフラに接続することで、Wi-Fiのアクセスポイントの通信がVPN(仮想私設網)で暗号化。第三者から通信を傍受されることやデータの情報漏えいを防ぐ。トレンドマイクロでは通信を暗号化していない安全性が低い無料Wi-Fiの接続時や、ユーザーが指定したWi-Fiの接続などでの利用を想定している。

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

アプリのインフラはトレンドマイクロのクラウドを使ったセキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」に連携しており、インターネットを利用時にフィッシング詐欺サイトや偽サイトなど、不正サイトへアクセスすることをブロックする。ただし、対象はHTTPを使ったウェブサイトに限られる。

トレンドマイクロでは、無料Wi-Fiでは正規の事業者が提供する安全性の高いサービスのほかに、通信を暗号化していない安全性の低いサービスやサイバー犯罪者が設置した無料Wi-Fiなどが混在し、利用者がそれらの安全性を接続前に確認するのは非常に難しい状況にあると指摘。同社ではアプリを使えば安全性の低い無料Wi-Fiのアクセスポイントに接続した場合でも、通信を暗号化できるため通信の盗み見や情報漏えいのリスクを低減できるという。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. PCNW:本気で考える「いつも」と「もしも」のテレワーク 4/16@東京 クライアント管理勉強会#3

  2. 一人情シスの強い味方? 法律相談プラットホームサービス「AIリーガル コモン」【PR】

  3. 情報セキュリティ10大脅威 2020-IPA

  4. いまさら聞けない【情シス知識】INTERNETの仕組み

  5. 2019年度情報セキュリティに対する意識調査-IPA

  6. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#7:Excelでヤラない4つの使い方

  7. 今から始めるテレワーク!#1 まず何をする?

  8. IT人のあこがれ!? ITS健康保険とは

  9. 使える! 情シス三段用語辞典101「ローコード開発」

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#6:定期的な集計を爆速にする方法

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  3. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  4. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  5. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
ページ上部へ戻る