ドコモ、スマホの高速データ通信サービスを発表 2017年3月から開始

  • 2016/9/14
  • ドコモ、スマホの高速データ通信サービスを発表 2017年3月から開始 はコメントを受け付けていません。
2016/09/14

NTTドコモはスマートフォン(スマホ)のデータ受信速度を最大で毎秒512メガビットと従来よりも40%引き上げるサービスを提供すると発表した。2017年3月に東京23区や大阪、名古屋の近郊から開始する。

新しいデータ通信を発表するNTTドコモの三木睦丸・ネットワーク部部長

新しいデータ通信を発表するNTTドコモの三木睦丸・ネットワーク部部長

新しい高速通信サービスでは、これまで1分半かかっていた5分程度の4K動画が30秒と3分の1の時間でダウンロードできる。そのため、スマホで大容量動画を快適に楽しめるという。

高速通信サービスは「4×4MIMO(マイモ)」と「256QAM(キューエーエム)」という2つの新技術によって実現した。4×4MIMOは基地局と端末とのやりとりをするアンテナを現行の2本から4本に増やす技術。この技術によって通信速度が毎秒512メガビットまで高速化できるという。

もう1つの256QAMは一回の通信で送る情報量を増やす技術で、通信速度が毎秒500メガビットまで高めることができるとしている。9月13日に開かれた記者説明会で、三木睦丸・ネットワーク部部長は「当社は今ネットワークの高速、大容量化に取り組んでいる。ネットワークのよさには自信があり、多くの人に利用してもらいたい」と話した。

ドコモでは9月13日に定額制の大容量データ通信の新料金プラン「ウルトラパック」も発表した。月20GBのプランが税別で月6000円、30GBのプランが税別8000円。家族でデータ量を分け合える月100GBのプランも提供する。価格は税別で2万5000円。大容量データ通信の料金プランは携帯大手3社ではソフトバンクが先駆けて発表。KDDI(au)も大容量データ通信プラン「スーパーデジラ」を発表している。KDDIのサービスは月20GBの料金プランで税別6000円、月30GBは税別8000円。スマホ向けの高速データ通信サービスの料金では各社横並びとなった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. シリーズ【SSL可視化とセキュリティ】1)可視化が求められる背景

  2. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  3. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  4. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  5. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  6. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  7. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  8. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  10. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る