ドコモ、スマホの高速データ通信サービスを発表 2017年3月から開始

  • 2016/9/14
  • ドコモ、スマホの高速データ通信サービスを発表 2017年3月から開始 はコメントを受け付けていません
2016/09/14

NTTドコモはスマートフォン(スマホ)のデータ受信速度を最大で毎秒512メガビットと従来よりも40%引き上げるサービスを提供すると発表した。2017年3月に東京23区や大阪、名古屋の近郊から開始する。

新しいデータ通信を発表するNTTドコモの三木睦丸・ネットワーク部部長

新しいデータ通信を発表するNTTドコモの三木睦丸・ネットワーク部部長

新しい高速通信サービスでは、これまで1分半かかっていた5分程度の4K動画が30秒と3分の1の時間でダウンロードできる。そのため、スマホで大容量動画を快適に楽しめるという。

高速通信サービスは「4×4MIMO(マイモ)」と「256QAM(キューエーエム)」という2つの新技術によって実現した。4×4MIMOは基地局と端末とのやりとりをするアンテナを現行の2本から4本に増やす技術。この技術によって通信速度が毎秒512メガビットまで高速化できるという。

もう1つの256QAMは一回の通信で送る情報量を増やす技術で、通信速度が毎秒500メガビットまで高めることができるとしている。9月13日に開かれた記者説明会で、三木睦丸・ネットワーク部部長は「当社は今ネットワークの高速、大容量化に取り組んでいる。ネットワークのよさには自信があり、多くの人に利用してもらいたい」と話した。

ドコモでは9月13日に定額制の大容量データ通信の新料金プラン「ウルトラパック」も発表した。月20GBのプランが税別で月6000円、30GBのプランが税別8000円。家族でデータ量を分け合える月100GBのプランも提供する。価格は税別で2万5000円。大容量データ通信の料金プランは携帯大手3社ではソフトバンクが先駆けて発表。KDDI(au)も大容量データ通信プラン「スーパーデジラ」を発表している。KDDIのサービスは月20GBの料金プランで税別6000円、月30GBは税別8000円。スマホ向けの高速データ通信サービスの料金では各社横並びとなった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 悪しき慣習「パスワード付きzipファイル」もこれで終わるのか?

  2. 正規VPNインストーラにバックドアをバンドルし拡散する攻撃手口-セキュリティブログ

  3. パスワード付き圧縮ファイルに注意:IcedIDの攻撃が本格化の兆し-セキュリティブログ

  4. レポート「ニューノーマルの働き方改革 :すぐに始められるデジタル変革への道」後編

  5. レポート「ニューノーマルの働き方改革 :すぐに始められるデジタル変革への道」前編

  6. シリーズ『IDaaSの教科書』1)IDaaSって何ですか

  7. 【情シスの疑問】テレワークにVPNは必要なのか

  8. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#03:優先順位がキモ、ゼロトラストセキュリティ構築手順

  9. Office2010 EOS:サポート切れのソフトを使い続けてはいけないワケ-is702

  10. 知っ得スキル!もらってうれしいRFP ~最終章~提案受領へ

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
ページ上部へ戻る