ドコモ、月980円でスポーツ映像を見放題の新サービス「DAZN for docomo」を開始

  • 2017/2/9
  • ドコモ、月980円でスポーツ映像を見放題の新サービス「DAZN for docomo」を開始 はコメントを受け付けていません。
2017/02/09

NTTドコモは、スポーツのライブやオンデマンド映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を行う英動画配信大手のパフォームグループとスポーツ映像配信の新サービス「DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)」を2月15日から開始すると発表した。発表会には吉澤和弘・NTTドコモ社長とジェームズ・ラシュトン・パフォームグループCEOが登場し、新サービスについて説明した。

(左から)NTTドコモの吉澤和弘社長とパフォームグループのジェームズ・ラシュトンCEO

(左から)NTTドコモの吉澤和弘社長とパフォームグループのジェームズ・ラシュトンCEO

目標は100万契約、あらゆるところでスポーツ観戦できる環境を提供

「DAZN for docomo」は、Jリーグや独ブンデスリーガ、伊セリエAなどの国内外のサッカーや広島東洋カープなどのプロ野球、バレーボールのVリーグ、F1など国内外130種類以上のスポーツで年回6000試合以上の映像を配信する。映像はスマートフォン(スマホ)やタブレット端末、Amazon Fire TVやGoogle Chromecastなどのセットトップボックス、家庭用ゲーム機のXbox oneなどで視聴できる。

「DAZN for docomo」の画面。スマホやタブレット端末、セットトップボックスや家庭用ゲーム機などにも対応する

「DAZN for docomo」の画面。スマホやタブレット端末、セットトップボックスや家庭用ゲーム機などにも対応する

料金はドコモの加入者は月額980円で利用できる。ドコモの映像配信サービス「dTV」(月額500円)とセットで利用すると780円。月額1280円でDAZN for docomoとdTVを視聴できる。

利用にはdアカウントの認証が必要。1アカウント最大2台まで同時視聴できる。ドコモのユーザーは携帯電話料金と一緒に支払える。ドコモの携帯電話が未契約であってもdアカウントを持っていれば利用が可能。

パフォームグループが手がける「DAZN」は、スポーツに特化したライブストリーミング配信サービス。Jリーグなど、国内外の130以上のスポーツコンテンツを揃え、年間6000試合以上の試合が月額1750円で見放題になる。日本では2016年8月からサービスを始めていた。

ラシュトンCEO

ラシュトンCEO

パフォームグループではドコモのユーザーを通じてサービス利用者を獲得する狙い。「日本では71%がリビングルームでテレビを見ているが、今回のダ・ゾーンのリリースでPCやスマホから見る人が増え、この数字は大きく変わっていく。ドコモの顧客やドコモショップを通じて加入者を獲得する」と、ラシュトンCEOは強調した。

吉澤社長

吉澤社長

一方、ドコモは新サービスで既存契約者の囲い込みを図ると同時に2020年に開催される東京オリンピックに向けてスポーツ観戦する人が増えてくると想定。スポーツファンを取り込む。「2020年の東京オリンピックに向けて、ドコモの技術をあらゆるところで活用してスポーツを盛り上げていきたい」と、ドコモの吉澤社長は抱負を述べた。獲得ユーザー数については「できるだけ早く100万の大台に乗せたい」(吉澤社長)考え。

「9個のカメラで選手の表情をより身近に感じられる」村井チェアマン

発表会には、日本プロサッカーリーグの村井満チェアマンや日本バレーボールリーグ機構の嶋岡健治会長、日本サッカー協会(JFA)の北澤豪理事、バレーボールのプロスポーツ選手でパナソニックパンサーズに所属する清水邦広選手、サントリーサンバーズ所属の柳田将洋選手、岡山シーガルズ所属の山口舞選手、PFUブルーキャッツ所属の江畑幸子選手が登場し、新サービスへの期待などを語った。

(左から)北澤豪理事、村井満チェアマン、柳田将洋選手、ラシュトンCEO、江畑幸子選手、吉澤社長、山口舞選手、嶋岡健治会長、清水邦広選手

(左から)北澤豪理事、村井満チェアマン、柳田将洋選手、ラシュトンCEO、江畑幸子選手、吉澤社長、山口舞選手、嶋岡健治会長、清水邦広選手

村井チェアマンは「Jリーグの試合では9個のカメラを入れる予定で、シュートを外した時の選手の悔しい表情などを見ることができる。試合前は試合の見どころやプレビュー番組、ハーフタイムや試合後にはダイジェスト番組を見られるなど」と見どころを語った。

嶋岡会長は「バレーボールを今までよりずっと身近に感じてもらえるのは嬉しい。また、選手としても相手がどういったことをやっているのか対策を練るためにも使える」と述べた。北澤理事「我々の時代はサッカーの試合を見て、刺激をもらって上手くなった。980円でスポーツを今まで以上に身近に感じられるのはとても魅力的」と話した。

また、出席した選手は「バレーボールを通してみなさんに元気になってもらえるよう私たちも頑張っていく」(山口選手)、「バレーボールは全国各地で試合をやっているので来られない方もダ・ゾーン通して試合を見てもらいたい」(江畑選手)「今回の配信でバレーボールに触れられる機会が増えると選手のモチベーションアップにもつながる」(柳田選手)「15年間ドコモと契約していて、本当によかったです」(清水選手)と、それぞれコメントした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  4. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  2. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  3. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  4. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  5. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  7. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  8. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  9. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  10. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る