仕事の効率化とメンタルヘルスの管理 第3回 「管理職として部下の仕事の効率化とメンタルヘルスを管理する方法」

2016/03/10
部下の仕事の効率化とメンタルヘルス管理のイメージ画像

今回は管理職視点で前半に技術的な手法を1つ、後半ではマインドに焦点を当てた手法をいくつかご紹介します。

まずは上司と部下の間のズレを直すことから始めましょう

部下の仕事を管理する時大事なのは「納期」と「品質」です。ここが守れていない人は往々にしてタスクのプライオリティがつけられていなかったり、上司の考えとズレが生じています。そこでまず週報では時間単位で書いてもらうようにします。書く方も見る方もかなり面倒ですが1カ月もすればみんな慣れてきますし、webプログラミングができる人がいれば簡単な週報入力サイトを作ってもらうといいでしょう。そこには「月曜日 9:00~10:00 メールチェック、返信」「月曜日 10:00~11:00 設計書作成」など1時間単位でその日こなした業務内容を簡潔に記載してもらいます。これによって上司とのプライオリティのズレを確認し、また本人にも「効率的に仕事ができているか」セルフチェックを促すことができます。

本人に気付いてもらえる手助けをしましょう

次にメンタル部分についてです。「モチベーションリーダー」という言葉が以前流行りましたが、それほど今の日本ではメンタルケアが管理職に求められているのだと思います。

まずは管理職の心得について。

 

一つは「否定しない」ということ。部下に限らず仕事仲間がなにか提案したり意見を出してくれた時に「それは違う」と思っても絶対に否定しないということです。そう心がけることで険悪なムードにならないコミュニケーションが自然とできるようになります。

 

そして「叱ってもいいけど怒ってはいけない」と強く心に刻んでおきます。注意する、叱るというのは部下が躍進するためにも必要です。しかしそこに感情が入った「怒る」という行為はなにも産みません。部下に注意をしようとした時一度深呼吸して「これから言おうとしていることは事実か、それとも自分の感情か」を一度自問してみるといいでしょう。

 

手法としては「MBO(Management By Objectives):目標管理」をお勧めします。テンプレートを作り、チームメンバーに3カ月に一度目標を記載してもらいます。そして1カ月ごとに自己レビューを記載してもらい、面談します。

 

この時スターバックスの手法がとても参考になります。スターバックスでも同様の面談を頻繁にしているそうですが、その際思い違いしている部下がいたとしても上司は答えを提示せず、「どうしてそうなると思う?」と誘導尋問して本人に気付いてもらうようにするのです。時間はかかりますが、上司から答えを出すのではなく、本人が考えることで、その後の仕事の取り組み方が変わってくるのです。

社員間のコミュニケーションを活発にできる方法を教えます

次にこれも米国のある企業の例ですが、「サンクスレター」というイベントがあります。

これは同じ部署の自分以外の人にあてて「~についてありがとう」を可能な限り書いてもらうのです。それを上司であるあなたが集めます。メールで書いてもらうのがいいでしょう。そして会議などでサンクスレターとして印刷したものを本人に渡します。ただし、この時誰が書いたのかは伏せます。もらった人は誰が書いたか分からないけど、ずらずらっと自分に対する感謝の言葉を見て、「え、そんなことで」と驚きます。試してみると実感しますが、次の日から部署の雰囲気が一変します。

 

最後にもう一つ。定期的な飲み会を開催しましょう。私は「OOO(トリプルオー、Out Of Officeの略)」と称して月に一度開催しています。これには条件をつけていて「飲み会だけど仕事の話を7割、それ以外を3割にする」「仕事で今取り組んでいるものを1つ、全員が発表する」としています。飲み会を嫌う若い人が多くて言い出せないという管理職の方も多いと思いますが、意外と喜んで飲み会に参加してくれますよ。仕事に対する情熱をどう見せるか、そこが大事です。

Wag

携帯キャリア、ISPSIerなどを転々と転職してきたエンジニア。現在はゲイトウェイ・コンピュータ株式会社でシステム構築、セキュリティサービス開発、コンサルタントなどを担当。趣味はBORGで鳥の写真を撮ること。

所属:ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社

関連記事

ピックアップ記事

  1. 近年世界的に増えているというビジネスメール詐欺。2018年には日本語で書かれたビジネス詐欺メールが確…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  2. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  3. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  4. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  5. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  6. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  7. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  8. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  9. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  10. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る