仕事の効率化とメンタルヘルスの管理 第4回 レバレッジを効かせて施策を効率的に展開するには?

2016/03/23
レバレッジの効果的な活用方法のイメージ画像

業務を効率よくこなし、かつレバレッジを効かせて最大の成果を生むという趣旨でコラムを書きましたが、レバレッジについてもう少し詳細をという声を頂きました。そこで本コラムではレバレッジについて補足したいと思います。

まずレバレッジについて理解する

レバレッジには2つの方向性があります。

 

理想的な環境で出せるベストパフォーマンスを「1」とします。オフィスがうるさい等様々な要因で通常はベストパフォーマンスを出せるものではありませんが、0.30.5しか出せないパフォーマンスを極力「1」に持っていく「効率化」が1つの方向性。もう1つは自分一人ではどうやっても「1」にしかならない成果を10にも100にも引き上げる方向性です。

 

どちらにしろ、この時キモになる考え方は「少しの手間を惜しまない」です。

 

仕事ができる人ほど実はレバレッジを考える習慣がないことがあります。というのも「自分でした方が速い/早い」と考えがちだからです。しかし、そこをぐっとこらえて「人に振る」という一手間を惜しまないのです。人に振る手間と、それによって一見余分に見える必要な時間は「コスト」ではなく、「投資」です。結果的には大きなリターンが返ってくるからです。

自分の能力以上の成果を出す方法

例えば新規に導入するソフトウェアのマニュアルが英語で800ページあったとしましょう。これを自分一人で読んで理解するにはそれ相応の時間がかかるはずです。しかし同僚やメンバーに英語が得意な人がいれば、通読作業をお願いし、1週間後に「要点を教えて」と要約してもらった方がはるかに効率的ですし、浮いた時間でたくさんのことができます。

また、若い人にぜひ覚えて欲しいのが「上司をうまく使う」考えです。

私自身20代の時に経験したのが、社内のメールサーバが停止した事件です。8時間かけてログを調べたり、設定を見直しても分からなかったのが「ちょっと見せてみ」と上司がsendmail.cf30秒ほど眺めただけで「ここ、セミコロンが抜けてるんじゃない?」と指摘し、解決したことがあります。自分よりもはるかに能力のある上司にお願いした方が瞬殺で解決する、上司にうまくお願いすることも大事と知った出来事でした。

若い時から「自分の力以上に成果を出す方法」を考える癖をつけておきましょう。この時、第2回のコラムでも書きましたが「できる/できないの制限は課さない」ことが大事です。

身近な問題の解決策を考えるクセをつける

例えばこういう課題はどうでしょう。

「朝に弱いプログラマーが多いので昼前後にメンバーが集まり、いつもソースコードが上がって来るのが遅い。納期前になると深夜にタクシーで帰るメンバーが多いため想定以上の経費がかかり、赤字になってしまう。どうすれば根本的な解決ができるだろうか」

ここで「朝に強い人になるための習慣を作る」というのはありがちですが、エンジニアに「朝早く出社しろ」と言っても難しいですし、仮に出社できても効率が上がらないため「品質を最大限に、納期は最速で」というレバレッジ的解決にはなっていません。

一旦「自分にできるかどうか」の制限を外すと例えばこんな解決策が出てきます。それは電車を24時間運行にしてもらえばいいのです。終電があるから納期直前になると「いいよ、タクシー使って」となり、経費がかさんでしまうわけです。

JRや私鉄が24時間運行をしてくれると、「何時に出社してくれてもいい。あなたが一番効率よく、ベストパフォーマンスを出せる時間帯に仕事をしてくれればいい」というマネジメントが可能になります。

もちろん現実的には法律の問題などもあり、難しいでしょう。しかし「知恵を絞る」段階では「できる・できない」の制限を外して、できるだけたくさんのアイデアを出すことで現実的に可能で、かつレバレッジの効いた解決策を見出すことが可能になります。

ぜひ若いうちから身近な問題に取り組む習慣をつけてください。

Wag

携帯キャリア、ISPSIerなどを転々と転職してきたエンジニア。現在はゲイトウェイ・コンピュータ株式会社でシステム構築、セキュリティサービス開発、コンサルタントなどを担当。趣味はBORGで鳥の写真を撮ること。

所属:ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る