使える! 情シス三段用語辞典15 「クラウド」

2016/08/23

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「クラウド」の意味

インターネットを経由して、データセンターなどに設置されているサーバーなどのコンピューター資源を使うのがクラウドの概念を指す。正確には「クラウドコンピューティング」という。技術的には大きく3つの種類に分けられる。

1つめは、以前はASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)と呼ばれていた、メールやグループウエアなど、アプリケーションソフトウェアをインターネット経由で提供するサービス。「SaaS(Software as a Service)」という。代表的なものとしては、グーグルのGメール、マイクロソフトのOffice onlineなどが挙げられる。

2つめはアプリケーションサーバーやデータベースなど、アプリケーションのプラットフォームを提供するサービス。「PaaS(Platform as a Service)」と呼ばれる。アマゾン・ドットコムが提供するAmazon Web Service(AWS)のAmazonS3や、マイクロソフトのAzure、グーグルのGoogle App Engineが代表的なPaaSである。

3つめはデータセンターにあるサーバーそのものを提供するサービス。「IaaS(Infrastructure as a Service)」といわれている。IaaSではユーザー自身でOS(基本ソフト)などをインストールし、自由にカスタマイズして使うことができる。以前からホスティングという形でレンタルサーバー事業者が行なってきたサービスは、このIaaSの1つにあたる。近年ではAWSのAmazonEC3のように仮想化技術を生かし、コンピューター資源の利用量による従量課金制のサービスも増えている。

二段目 ITが苦手な経営者向け

パソコンが普及してから、コンピューターを使う時は、手元にあるPCや、社内にあるサーバーを利用するのが一般的でした。これをクラウドに対して「オンプレミス」といいます。しかし、インターネットの普及と高速化によって、インターネット経由でコンピューターを利用することが実用的になってきたことで、2000年代に入り実用的なクラウドコンピューティングのサービスが普及し始めました。

クラウドコンピューティングのメリットは「コンピューター資源(アプリケーションやサーバーなど)を必要な時に必要なだけ使うことができる」ということです。

例えば、事業拡大で急にユーザー数が増えた場合など、これまでは買い足したPCに、アプリケーションをインストールしたり、サーバーを買い足したりしていました。しかし、クラウドを活用することで、極端な場合、クリック1つでユーザー数を増やしたり、サーバーを増やしたりすることも可能になります。

三段目 小学生向け

みなさんはスマホのゲームをしたことはありますか?

普通、ゲームは家に置くタイプのゲーム機や携帯型のゲームとソフトのカートリッジを買って遊びますよね。そして、ゲームがどこまで進んだかなどのデータは、そのゲーム機に保存します。だから、もしゲーム機が故障したら、それまで遊んでいたゲームの記録も全部が消えてしまいます。そうなったらがっかりですよね。

しかし、スマホのゲームは違います。スマホでは、ゲームアプリをダウンロードしてゲームを楽しみます。そして、遊んだゲームのクリアした「面」や点数などは、実はゲーム機ではなくて別の場所にあるコンピューターに保存されているのです。

それが「クラウド」という場所です。この場所にコンピューターがあります。このクラウドのコンピューターに自分が遊んだゲームのデータが保存されています。「クラウド」とは英語で「雲」のことをいいます。「雲」のように遠い所にあることから、こういわれているのです。

スマホのゲームは始める時にデータをスマホが通信してクラウドから保存したゲームのデータを持ってきて、ゲームが終わったら、そこまで遊んだゲームのデータをクラウドに戻すと仕組みなのです。そのため、もしスマホが壊れても別のスマホに同じゲームアプリを入れれば、データを呼び出してゲームの続きができるのです。これだと安心ですよね。このように、クラウドは皆さんの身近なところで、すでに使われているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  1. 【情シス基礎知識】~Windows10を学ぶ~サービスチャンネルと機能更新の関係

  2. PCNW「YOUはどうして情シスに?」第三回クライアント勉強会@東京

  3. 【情シス×ストレッチ】手首疲労対策ストレッチ「手首レッチ①」~第10回~

  4. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLoginポータルへのログインをバイパスする

  5. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  6. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  7. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

  8. 【情シス基礎知識】CISOとCSIRT、その関係性は?

  9. 【情シス知っ得言語】「Go言語」のメリットと学ぶべき理由

  10. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

関連サービス

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る