使える! 情シス三段用語辞典33「エッジコンピューティング」

2017/02/01

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「エッジコンピューティング」の意味

「エッジコンピューティング」とは、「エッジ」つまり「末端」に存在するコンピューターのことを指す。設備や組織でインターネットに接続するネットワークの「末端」や、通信回線が本線と分かれる分岐点などに設置されるため、こう呼ばれている。

これまで、エッジに存在するコンピューターの役割は、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)など、大量のコンテンツを配信するためのサーバーとして使われることが多かった。しかし、最近ではIoT(モノのインターネット)の普及に伴い、これまでと逆でデータの収集で使われるようになってきている。

IoTでは、ビックデータ分析を行うために、機器などから集められた大量のデータをクラウド上のサーバーに送る必要がある。しかし、そのデータはあまりにも膨大なため、送る時間や分析に時間がかかるようになることが予想されている。

そこで、エッジコンピューティングで、機器に近いローカル側である程度のデータ処理を行うことで、クラウドに送るデータ量を減らし、クラウドのサーバー負荷分散を実現することで、ユーザーが即時にデータを活用する環境作りができると考えられている。

二段目 ITが苦手な経営者向け

「エッジコンピューティング」とは「末端のコンピューター」という意味です。こう聞くとパソコンを連想する方も多いでしょう。パソコンは、エッジコンピューティングでのコンピューターはパソコンではありません。インターネットの接続などに使われるサーバーのことを指しているのです。

2010年頃から、高速インターネットの普及で、クラウド・コンピューティングの時代が到来しました。クラウド・コンピューティングでは、すべての処理がクラウドのサーバーで行われるようになりました。

しかし、現在。IoTの普及で、かつてないほどのデータ処理が必要となってくると、クラウドのサーバーにすべて送って処理するやり方では、通信時間も処理時間も膨大になり、リアルタイムでの利用が難しくなってしまいます。そこで、社内などにある外部ネットワークなどつなぐ複数のサーバーで分散して送るデータをある程度の処理をしてからクラウドのサーバーに送る方法が注目されています。これが「エッジコンピューティング」という考えなのです。

三段目 小学生向け

みなさんは「IoT(アイ・オー・ティー)」や「モノのインターネット」という言葉を聞いたことはありますか? これは、家にある家電や、工場にある機械などの機器をインターネットにつなげる技術のことです。

でも、IoTは「機器をインターネットにつなげる」というだけではないのです。実は、機器からデータを集めて、詳しく調べることで新しい発見をすることが一番の目的です。

集めるデータは、例えば、テレビなら、どんな番組が見られているか、電気メーターなら、どれくらいの電気が家で使われているか、工場の機械なら、どれぐらいの製品を作ったかなどです。このデータをインターネット経由で調べて分析するためのコンピューターに送るのです。

一方でIoTを使ってインターネットにつながる機器(IoT機器といいます)の数は、2013年は158億個でしたが、2020年には全世界で530億個(世界の人口の約7倍)になると考えられています(総務省調べ)。これだけの機器が一斉にインターネットで大量のデータを送り始めたらインターネットがパンクしてしまう可能性もあるのです。

そこで、家や会社の中などで、IoT機器の近くにコンピューターを置いて、そのコンピューターでデータの処理を行ってしまおうという方法が考えられました。これを「エッジコンピューティング」というのです。

「エッジコンピューティング」で、データはある程度処理すれば、必要なデータだけを、それを分析したり、まとめたりする別のコンピューターに送ることになるので、処理も速く行うことができるようになるのです。これからIoTが進んでいくと、みなさんの家にもエッジコンピューティング用のコンピューターが置かれる日が来るかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#02:ゼロトラストモデルが求める7つの要件とは

  2. 怪しい添付ファイルやURLリンクを開いてしまったときの対処法【2020年】-is702

  3. 中小企業向けテレワーク(在宅勤務)ツール14選~コラボ業務編~

  4. 情報セキュリティ関連文書(NIST)を翻訳&公開-IPA

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#11:複雑な関数やVBAをやめたら属人化Excelは無くなるのか?

  6. いまさら聞けない【情シス知識】SSLとTLSって何?

  7. シリーズ”ウィズコロナ”#01:テレワークと安全配慮義務

  8. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#01:守るから許すセキュリティへ

  9. テレワークの意識調査:安全のためにセキュリティ教育が重要なワケ-セキュリティブログ

  10. 【知っ得スキル】もらってうれしいRFP ~第2章~システム要件

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Google検索におけるページランクのアルゴリズムやChromeの安全性を高めるための手段として、「…
  2. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  3. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  4. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  5. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
ページ上部へ戻る