使える! 情シス三段用語辞典33「エッジコンピューティング」

2017/02/01

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「エッジコンピューティング」の意味

「エッジコンピューティング」とは、「エッジ」つまり「末端」に存在するコンピューターのことを指す。設備や組織でインターネットに接続するネットワークの「末端」や、通信回線が本線と分かれる分岐点などに設置されるため、こう呼ばれている。

これまで、エッジに存在するコンピューターの役割は、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)など、大量のコンテンツを配信するためのサーバーとして使われることが多かった。しかし、最近ではIoT(モノのインターネット)の普及に伴い、これまでと逆でデータの収集で使われるようになってきている。

IoTでは、ビックデータ分析を行うために、機器などから集められた大量のデータをクラウド上のサーバーに送る必要がある。しかし、そのデータはあまりにも膨大なため、送る時間や分析に時間がかかるようになることが予想されている。

そこで、エッジコンピューティングで、機器に近いローカル側である程度のデータ処理を行うことで、クラウドに送るデータ量を減らし、クラウドのサーバー負荷分散を実現することで、ユーザーが即時にデータを活用する環境作りができると考えられている。

二段目 ITが苦手な経営者向け

「エッジコンピューティング」とは「末端のコンピューター」という意味です。こう聞くとパソコンを連想する方も多いでしょう。パソコンは、エッジコンピューティングでのコンピューターはパソコンではありません。インターネットの接続などに使われるサーバーのことを指しているのです。

2010年頃から、高速インターネットの普及で、クラウド・コンピューティングの時代が到来しました。クラウド・コンピューティングでは、すべての処理がクラウドのサーバーで行われるようになりました。

しかし、現在。IoTの普及で、かつてないほどのデータ処理が必要となってくると、クラウドのサーバーにすべて送って処理するやり方では、通信時間も処理時間も膨大になり、リアルタイムでの利用が難しくなってしまいます。そこで、社内などにある外部ネットワークなどつなぐ複数のサーバーで分散して送るデータをある程度の処理をしてからクラウドのサーバーに送る方法が注目されています。これが「エッジコンピューティング」という考えなのです。

三段目 小学生向け

みなさんは「IoT(アイ・オー・ティー)」や「モノのインターネット」という言葉を聞いたことはありますか? これは、家にある家電や、工場にある機械などの機器をインターネットにつなげる技術のことです。

でも、IoTは「機器をインターネットにつなげる」というだけではないのです。実は、機器からデータを集めて、詳しく調べることで新しい発見をすることが一番の目的です。

集めるデータは、例えば、テレビなら、どんな番組が見られているか、電気メーターなら、どれくらいの電気が家で使われているか、工場の機械なら、どれぐらいの製品を作ったかなどです。このデータをインターネット経由で調べて分析するためのコンピューターに送るのです。

一方でIoTを使ってインターネットにつながる機器(IoT機器といいます)の数は、2013年は158億個でしたが、2020年には全世界で530億個(世界の人口の約7倍)になると考えられています(総務省調べ)。これだけの機器が一斉にインターネットで大量のデータを送り始めたらインターネットがパンクしてしまう可能性もあるのです。

そこで、家や会社の中などで、IoT機器の近くにコンピューターを置いて、そのコンピューターでデータの処理を行ってしまおうという方法が考えられました。これを「エッジコンピューティング」というのです。

「エッジコンピューティング」で、データはある程度処理すれば、必要なデータだけを、それを分析したり、まとめたりする別のコンピューターに送ることになるので、処理も速く行うことができるようになるのです。これからIoTが進んでいくと、みなさんの家にもエッジコンピューティング用のコンピューターが置かれる日が来るかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  3. 『多くの人々の「笑顔」のために「感動」を届ける。』を企業理念に、人材・IT・サービスの3軸で…
  4. 2018/07/09 ITコンサルティング事業を主力とするハイブリィド株式…
  5. 2018/06/20 情シスの現場では「管理会計」というキーワードは、果たしてどのくらい浸透し…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典73「IPoE」

  2. 【ET & IoT Technology 2018】序章・ETもIoTも情シスは知っておくべき!?

  3. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  4. 【情シス×ストレッチ】~第4回~腰痛対策ストレッチ「腰レッチ①」

  5. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  6. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  7. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

  8. 【情シス女子】第44回「人と人を紡ぐ『笑顔』をこれからも大切にしていきたい」岡田真由さん

  9. ひとり情シスの功罪

  10. いまさら聞けない【情シス基礎知識】VPNってなに?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る