使える! 情シス三段用語辞典37「SDN」

2017/02/28

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「SDN」の意味

SDN(エスディーエヌ)は「Software-Defined Networking」の略。ソフトウエアでネットワークの構造や構成、設定などの変更ができる仕組みを指す。SDNではソフトウエアで論理的に定義する。ネットワークの物理構成に左右されず、柔軟で動的にネットワーク構成を変更することができるため、ネットワークの効率的な利用や管理が行える。

SDNを実現する技術標準では「OpenFlow(オープンフロー)」が知られている。OpenFlowはドイツテレコム、フェイスブック、グーグル、マイクロソフト、ベライゾンなどが中心となったNPO「Open Networking Foundation」が標準化を進めている。最近ではOpenFlowに対応するネットワーク機器も増えている。

二段目 ITが苦手な経営者向け

従来のネットワークの仕組みでは、発信元から目的地まで、どういう経路でデータを送るのか、どういうルールで送るのかなどを、ネットワーク機器1台1台設定する必要がありました。

このため、機器の構成や設定を自由に変えることは難しかったのです。例えば、社内のフロアレイアウトの変更でネットワークの機器構成を変える場合は機器設定や接続に手間がかかっていました。また、ネットワークの混雑具合をみて経路を変えることは困難でした。

しかし、SDNを使うとソフトウエアでネットワークの設定、制御が可能になります。そのため、ネットワーク構成の変更やネットワーク混雑時に経路の変更などが、ソフトで書き換えるだけで済むのです。また、セキュリティソフトと組み合わせて、マルウエアに感染したPCをネットワークから即座に切り離すこともできます。このように、従来のネットワーク機器ではできなかったことがSDNでは可能になります。

三段目 小学生向け

みなさんがふだんスマホなどでやっているメールやLINEは、メッセージをネットワークという道路を使って送っています。そして、ネットワークを利用するための機械は、相手にどうやったら届くかという道筋を調べて送るようにしています。

ネットワークは網の目のようにつながっているので、どのような道筋をたどっても相手に届けることができます。そして、ネットワークの機械は一番短い道筋を選ぶようになっています。ただし、ほかの道筋を知らないため、たくさんデータを送らなくては行けない時でも一番短い道筋を選んでしまい、ネットワークが混雑してしまうことがあるのです。

ところが、「SDN(エスディーエヌ)」という仕組みを使うと、プログラムで、この道筋を変えることがかんたんにできます。例えば、「A」という道筋が混雑していることがわかったら、「B」という道筋で行くように変える、別の「C」という道筋でデータを送るというふうに変えることができるのです。

このようにSDNを使うことで、今よりより便利にネットワークを使えるようになるのです。SDNでは機械の仕組みも簡単にできるので、機械の値段を安くできるともいわれています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  4. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  5. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  6. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  7. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

  8. 2018年「法人」を狙うセキュリティ三大脅威にみる今後の対策

  9. いまさら聞けない【情シス基礎知識】BitLockerとTPMとは

  10. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(インフラ編)-ノークリサーチ調査

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る