使える! 情シス三段用語辞典38「グレーウェア」

2017/03/06

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「グレーウェア」の意味

「グレーウェア」は、マルウェアなどと同じ悪意あるソフトウエアの一種。「グレイウェア」とも呼ばれる。すぐに深刻な破壊活動を行わないことがほとんどだが、勝手にポップアップ広告を頻出させたり、設定を変更したりすることでPCなどに悪影響を及ぼす。処理速度が遅くなる、予期せぬクラッシュを引き起こすなど迷惑事象の発生原因にもなる。セキュリティに関わる問題を引き起こすこともある。

グレーウェアは、正規のソフトウエアをインストールする時に、意図せずに紛れ込む場合もあるので取り扱いが難しい。それが「グレー」と言われる由縁にもなっている。対策としては専門のサポートサービスに相談することが望ましい。

二段目 ITが苦手な経営者向け

社長は、「マルウェア」がどれだけ危険かはご存じですよね? いろいろ対策も考えていらっしゃると思います。ところが、そこまで危険ではないけれど、迷惑なマルウェアがあります。これは「グレーウェア」と呼ばれています。

グレーウェアには、正規の手続を踏んでソフトウエアをインストールしたのに、いつの間にかパソコンに常駐して、「何だか重くなったな……」というような影響を及ぼすものが多くあります。すぐに深刻な状態にはならないこともありますが、放置しておくとパソコンの不具合や、情報漏えいのきっかけを作ってしまう場合があります。ただし、先ほど述べたように、正規のソフトウエアをインストールする時に紛れ込む場合があります。

だからといって、パソコンなどのソフトを何でもかんでも消してしまうというわけにはいきませんよね。対策としては、情報システム部門と相談して、グレーウェア専門の駆除サポートを受けるのも1つの方法です。「うちの社長はセキュリティに詳しくなってきたな」と思われるかもしれませんよ。

三段目 小学生向け

みなさんが毎日食べているものに悪い細菌、ばい菌が混じっていたらとても困りますよね。お腹をこわしてしまうかもしれません。そんなことがないように、みなさんのお父さんお母さんは、きっと安全な食べ物を用意してくれていると思います。「これはちゃんと産地がわかるな」とか「有害なものは入っていないね」と、買う時に気を付けてくれているわけです。

でも、世の中にはいろいろな食べ物があります。その中には、少しぐらい食べたり飲んだりしてもあまり体には影響はないけれど、長い間食べていると、だんだん体によくない影響を与えてしまう食べ物もあります。これは、お父さん、お母さんが注意していても、気が付かないことがあるので困った食べ物なのです。

食べ物に入っている「ばい菌」はコンピューターの世界にもいます。これは「コンピューターウイルス」と呼ばれています。コンピューターウイルスは、お父さん、お母さんのパソコンに侵入してパソコンに悪さをします。そこで、お父さんお母さんはコンピューターウイルスが侵入しないように「ウイルス対策」をしてパソコンを守っています。また、定期的に検査して、ウイルスを見つけたら取り去っています。そうしないと安心して仕事ができないからです。

誰が作ったのか分からない怪しいソフトには、そういう悪い「コンピューターウイルス」が潜んでいる可能性があります。だから、そういった悪いものをパソコンやスマートフォンに入れないよう注意しています。お父さん、お母さんがみなさんの食べ物に気を付けているのと同じですね。

ところが、「安全だ」と思ってパソコンに入れたソフトに「グレーウェア」といわれるコンピューターウイルスが潜んでいる場合があります。グレーウェアは急にパソコンを壊したり、悪さをしたりするものではありません。これは、先ほど話した、食べ物に入っていて長い時間をかけて体に悪い影響を与えるばい菌と同じです。だから、うっかり見逃してしまいがちになります。

でも、しばらくすると、パソコンが使いづらくなったり、おかしな動きをしたりすることがあるのです。これは先ほど話した、食べ物に入っていて長い時間をかけて体に悪い影響を与えるばい菌と同じです。そうなると、パソコンには「よくない状態」になります。仕事がしにくくなるかもしれません。なので、パソコンの専門家の意見を聞きながら、グレーウェアをどうするかを決めるのがよいといわれています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 近年世界的に増えているというビジネスメール詐欺。2018年には日本語で書かれたビジネス詐欺メールが確…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  2. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  3. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  4. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  5. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  7. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  8. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  9. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  10. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る