使える! 情シス三段用語辞典41「ベアメタルクラウド」

2017/04/12

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「ベアメタルクラウド」の意味

「ベアメタルクラウド」とは、データセンター(DC)に設置してある「物理サーバー」をクラウドサーバーサービスと同様に使うことができるサービスを指す。「ベアメタル」とは、OS(基本ソフト)やソフトウエアなどがインストールされていないHDD(ハードディスク)を搭載する物理サーバーをいう。

一般にクラウドサービスでは仮想化を使って、低コストや拡張性を確保しているのが利点になる。一方で、処理などの性能面で物理サーバーに劣る部分があるのが課題となっていた。そこで、物理サーバーをクラウドサービスと同じような形で使えるようにして解決を図ったのがベアメタルクラウドだ。

ベアメタルクラウドは、物理サーバーのパフォーマンスとクラウドの手軽さ、メンテナンス負荷の軽減を享受できるのが特長。クラウド環境と親和性が高いサービスが多く、オンプレミス(物理サーバー)とクラウドを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」環境を構築しやすいというメリットもある。

また、仮想環境を使わないという点で、オンプレミスで構築したシステムの交換手段としても適していると考えられており、2016年から2017年にかけて大手クラウドサービス会社が続々とサービス開始を発表している。

二段目 ITが苦手な経営者向け

「ベアメタル」の元々の意味は「むき出しの金属」、加工前の金属素材や、塗装前の金属機械のことをいいます。ITの世界では、これが転じて「OS(基本ソフト)もインストールされていないサーバー」の意味で使われています。このベアメタル(サーバー)をデータセンター(DC)に置いて、クラウドサービスと同じ感覚で使えるようにしたのが「ベアメタルクラウド」です。

実は、サーバーをDCに設置して使う方法は、「ホスティングサービス」「ハウジングサービス」と呼ばれるサービスとして昔からありました。ベアメタルクラウドが、従来のサービスと異なるのは、サーバーを自社で所有してDCに設置するのが不要になることです。

ベアメタルクラウドのサービスでは提供会社がサーバーを用意。利用者は「外部サービス」として使えるわけです。そのため、サーバーを購入して自社資産に組み込む必要がなくなります。サービスは契約すれば当日中に使い始められるものも多く、月単位の契約で利用できます。

クラウドサービスではデータの分析など負荷が大きい処理を行う場合には、その分だけ利用コストが上がっていきます。しかし、ベアメタルクラウドでは月額定額制のサービスも多く、いくら使ってもコストが変わらないというメリットもあります。

三段目 小学生向け

今、世の中には、1台のコンピューターを、2台、3台と複数のコンピューターのように使う「仮想化」という方法を使って、インターネットを通して使うことができる「クラウドサーバー」というサービスがあります。

このクラウドサーバーは、高いコンピューターを安く使えることがよい点です。でも、よくない点もあります。実はクラウドサーバーではコンピューターを「仮想化」するためのソフトが必要で、コンピューターでそのソフトを別に動かさなければいけません。すると、コンピューターは、そのソフトを動かすのに余分な力を取られてしまうのです。

そのため、普通の仕事に使うときは、大丈夫なのですが、とてもたくさんのデータを扱ったりするような仕事で使うときには対応できなくなってしまうのです。この問題を解決するために考えられたのが「ベアメタルクラウド」というサービスなのです。

ベアメタルクラウドは1台のコンピューターを、そのままインターネット経由で使えるようにしています。だから、仮想化のソフトもいりません。コンピューター本来の力を発揮することができるのです。さらに、毎月決まったお金で利用できるサービスが多いので、クラウドサーバーと同じように安く使えます。新しいコンピューターの使い方として注目されているんですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  4. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  5. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  6. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  7. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

  8. 2018年「法人」を狙うセキュリティ三大脅威にみる今後の対策

  9. いまさら聞けない【情シス基礎知識】BitLockerとTPMとは

  10. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(インフラ編)-ノークリサーチ調査

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る