国内システム/サービス管理ソフトウェア市場予測-IDC

27日、IDC Japanは、国内システム/サービス管理ソフトウェア市場の2017年の実績と2018年~2022年の予測を発表。システム/サービス管理ソフトウェアとは、ITシステムとITサービスを管理、運用する目的で使用するソフトウェアであり、システム/サービス管理ソフトウェア市場にはSaaS(Software as a Service)として提供されているサービスも含んでいる。

・2017年の国内システム/サービス管理ソフトウェア市場は前年比成長率2.8%で2,707億円、シェア1位は日立製作所
・2017年~2022年の年間平均成長率は4.0%、クラウド環境上に対するITシステムの運用管理需要の増加とITオペレーション分析の導入拡大が市場を牽引
・今後SaaSの採用が拡大し、国内システム/サービス管理SaaS市場は2022年で322億円に達する

2017年の国内システム/サービス管理ソフトウェア市場は前年比成長率が2.8%で2,706億7,600万円となった。企業は基幹業務システムなどのような従来のITシステムの管理に対する投資は維持しつつ、クラウド環境上に新たに構築したITシステムの管理に向けて新たにシステム/サービス管理ソフトウェアを導入している。クラウド環境上では特にITリソースやアプリケーションの状況を監視するソフトウェアや、ITサービスのプロビジョニングやワークロード管理を自動化するソフトウェアの導入が拡大している。2017年のベンダー別売上額シェアでは日立製作所がシェア1位となった。2位にNEC、3位に富士通、4位にIBM、5位に野村総合研究所が続いている。

 

国内システム/サービス管理ソフトウェア市場の2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.0%、2022年には3,292億円に達するとIDCでは予測している(図1)。

図1 国内システム/サービス管理ソフトウェア市場予測:2017年~2022年

Note: 2017年は実績値、2018年以降は予測
Source: IDC Japan, 9/2018

 

今後、クラウド環境上のITシステムに対する運用管理の需要がさらに拡大し、それによってシステム/サービス管理ソフトウェアの導入が促進されると考える。クラウド環境ではアプリケーションとITサービスの最適化や管理、それに関連する管理プロセスの自動化を実現するソフトウェアの活用が拡大していく。また、もうひとつの市場の促進要因として、システムログやパフォーマンスデータなど運用に関連する大量の情報を分析して運用を最適化するITオペレーション分析に対するニーズが増加すると予測する。ITオペレーション分析ソフトウェアを提供するベンダーのスプランク(Splunk)は、近年著しい成長を遂げている。今は多くのベンダーがITオペレーション分析をソフトウェアあるいはSaaSで提供しており、今後それらを活用する企業が拡大していくとIDCでは考えている。

 

国内ではシステム/サービス管理SaaS市場が急成長している(図2)。

図2 国内システム/サービス管理SaaS市場予測:2017年~2022年

Notes:
・2017年は実績値、2018年以降は予測
・システム/サービス管理SaaS市場はシステム/サービス管理ソフトウェア市場の内数である
Source: IDC Japan, 9/2018

 

2017年では前年比成長率が50.5%、売上額が72億300万円となった。インシデント管理や問題管理を行うITサービス管理領域でSaaSの採用が進んでいる。2017年のSaaS市場でシェア1位となったサービスナウ(ServiceNow)はITサービス管理領域を中心に大手企業への導入を拡大し、SaaS市場を牽引している。2017年~2022年のCAGRは34.9%、2022年には322億円に達するとIDCでは予測。今後はアプリケーションパフォーマンス管理やITオペレーション分析、ITサービス運用の自動化においてもSaaSの採用が拡大する方向にある。既に欧米のシステム/サービス管理市場ではSaaSが主流になりつつあり、国内ではようやく認知され始めてきた段階であるが、初期コストの低さや保守が必要のないところ、最新の管理機能が使えるところなどSaaSのメリットに気づいた国内企業の導入がこれから急速に増えてくと考えられる。

 


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20180927Apr.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る