国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査

  • 2017/4/13
  • 国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査 はコメントを受け付けていません。
2017/04/13

矢野経済研究所は、国内のM2M(Machine to Machine、機器間通信)市場の調査結果を発表した。調査によると、2015年度の市場規模は事業者売上高ベースで1610億円。2016年度は事業者やMVNO(仮想移動体通信事業者)のビジネス拡大や中堅企業の利用促進を背景に前年度比106.2%の1710億円、2021年度には2000億円に拡大すると予測している。

国内M2M市場規模の予測

国内M2M市場規模の予測

調査によると、2015年度末の国内M2Mの累計回線数は1690万回線だった。分野別ではエネルギー関連が480万回線(構成比28.4%)と最多で、設備・機器監視(同22.5%)、流通・物流関連(同20.1%)と続いた。

 

矢野経済研究所ではエネルギー分野は、スマートメーターやHEMS(住宅エネルギー管理システム)関連の需要が市場をけん引。設備・機器監視では、工場設備や生産機械の遠隔モニタリングや保全・メンテナンスで、ここ1~2年は需要が拡大していると分析している。

同社では、今後もエネルギー関連が引き続き需要を引っ張ると見ている。加えて、工場設備や生産機械で、遠隔モニタリングなどの設備・機器監視や決済関連の更新需要などの発生が見込まれる流通・物流関連の需要拡大が続くと見ている。これを受け、同社では、2021年度の市場規模は、2000億円になると予測している。

調査は国内外のIT事業者、SIer、通信事業者、MVNO、プラットフォーム・ベンダー、ユーザー企業などを対象に実施。期間は2016年12月~2017年3月。専門研究員による直接面談、電話やメールでのヒアリング、文献調査の併用で行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  2. PCNW:PCのセキュリティ対策、万全ですか?~他社から学ぶ具体策~

  3. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  4. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  5. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  6. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  7. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  8. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  10. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る