国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査

  • 2017/4/13
  • 国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査 はコメントを受け付けていません
2017/04/13

矢野経済研究所は、国内のM2M(Machine to Machine、機器間通信)市場の調査結果を発表した。調査によると、2015年度の市場規模は事業者売上高ベースで1610億円。2016年度は事業者やMVNO(仮想移動体通信事業者)のビジネス拡大や中堅企業の利用促進を背景に前年度比106.2%の1710億円、2021年度には2000億円に拡大すると予測している。

国内M2M市場規模の予測

国内M2M市場規模の予測

調査によると、2015年度末の国内M2Mの累計回線数は1690万回線だった。分野別ではエネルギー関連が480万回線(構成比28.4%)と最多で、設備・機器監視(同22.5%)、流通・物流関連(同20.1%)と続いた。

 

矢野経済研究所ではエネルギー分野は、スマートメーターやHEMS(住宅エネルギー管理システム)関連の需要が市場をけん引。設備・機器監視では、工場設備や生産機械の遠隔モニタリングや保全・メンテナンスで、ここ1~2年は需要が拡大していると分析している。

同社では、今後もエネルギー関連が引き続き需要を引っ張ると見ている。加えて、工場設備や生産機械で、遠隔モニタリングなどの設備・機器監視や決済関連の更新需要などの発生が見込まれる流通・物流関連の需要拡大が続くと見ている。これを受け、同社では、2021年度の市場規模は、2000億円になると予測している。

調査は国内外のIT事業者、SIer、通信事業者、MVNO、プラットフォーム・ベンダー、ユーザー企業などを対象に実施。期間は2016年12月~2017年3月。専門研究員による直接面談、電話やメールでのヒアリング、文献調査の併用で行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  2. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

  3. 【脱!SIerへの丸投げ】IT投資効率を悪化させるSI業界 vol.3 ~SI業界のエンジニアスキル不足~

  4. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#06:実装編1「Cisco」3つのWを徹底的に守る

  5. 【EOS問題】Adobe Flash Playerサポート終了

  6. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#15:デジタル庁はIT版巨災対になれるのか?

  7. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#05:ゼロトラストセキュリティを牽引する企業トップ14

  8. シリーズ『IDaaSの教科書』2)IDaaSに必要な5つの機能を理解する

  9. 悪しき慣習「パスワード付きzipファイル」もこれで終わるのか?

  10. 正規VPNインストーラにバックドアをバンドルし拡散する攻撃手口-セキュリティブログ

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
ページ上部へ戻る