国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査

  • 2017/4/13
  • 国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査 はコメントを受け付けていません。
2017/04/13

矢野経済研究所は、国内のM2M(Machine to Machine、機器間通信)市場の調査結果を発表した。調査によると、2015年度の市場規模は事業者売上高ベースで1610億円。2016年度は事業者やMVNO(仮想移動体通信事業者)のビジネス拡大や中堅企業の利用促進を背景に前年度比106.2%の1710億円、2021年度には2000億円に拡大すると予測している。

国内M2M市場規模の予測

国内M2M市場規模の予測

調査によると、2015年度末の国内M2Mの累計回線数は1690万回線だった。分野別ではエネルギー関連が480万回線(構成比28.4%)と最多で、設備・機器監視(同22.5%)、流通・物流関連(同20.1%)と続いた。

 

矢野経済研究所ではエネルギー分野は、スマートメーターやHEMS(住宅エネルギー管理システム)関連の需要が市場をけん引。設備・機器監視では、工場設備や生産機械の遠隔モニタリングや保全・メンテナンスで、ここ1~2年は需要が拡大していると分析している。

同社では、今後もエネルギー関連が引き続き需要を引っ張ると見ている。加えて、工場設備や生産機械で、遠隔モニタリングなどの設備・機器監視や決済関連の更新需要などの発生が見込まれる流通・物流関連の需要拡大が続くと見ている。これを受け、同社では、2021年度の市場規模は、2000億円になると予測している。

調査は国内外のIT事業者、SIer、通信事業者、MVNO、プラットフォーム・ベンダー、ユーザー企業などを対象に実施。期間は2016年12月~2017年3月。専門研究員による直接面談、電話やメールでのヒアリング、文献調査の併用で行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. クラスメソッドでIT推進室室長を務める植木氏。社内ツールやサービスの導入、見直しをする情シスの親分と…
  2. クラスメソッドでIT推進室室長を務める植木氏。社内ツールやサービスの導入、見直しをする情シスの親分と…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  4. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  5. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典81「LTSC(LTSB)」

  2. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLoginポータルへのログインをバイパスする

  3. 使える! 情シス三段用語辞典80「WUfB(Windows Update for Business)」

  4. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  5. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLogin DesktopでMacのデスクトップ認証を行う

  6. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  7. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

  8. くらめその情シス“技”【番外編】:MacのログインをActive Directory認証にする

  9. 【情シス基礎知識】CISOとCSIRT、その関係性は?

  10. 【情シス知っ得言語】「Go言語」のメリットと学ぶべき理由

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る