【情シス講座】決裁獲得メソッド 第2回「君の提案は刺さる!」と言われる1枚企画書の秘訣

2015/11/03

前回は、情シスのあなたの提案が上層部の気持ちを動かし、決裁が下りやすくするために次の3つがポイントだと述べました。

 

対策(1)提案内容を「翻訳」する。

 

対策(2)シンプルなフォーマットでポイントを絞って伝える。

 

対策(3)ビジネスとのつながりを直感的に表現する。

 

これらは、それぞれパラバラではなくて緊密に関係しているのです。

 

今回は、「カタチから入るとわかりやすい」という人に向けて、対策(2)のシンプルなフォーマットについてお話しさせてください。

 

はっきりいいます。1枚企画書+α」を試してみましょう。

 

経営トップや上層部はほんとに「1枚」とか「ワンシート」という言葉が好きです。なぜか? あなたの眼にどう見えるかは別にして、上層部メンバーは色んな案件を抱えて、頭がいっぱいなのです。そんないそがしい上層部に、ぶ厚い企画書を広げて、「さあ、今から最新ITの話を説明しますので最初から終わりまでじっくり聴いてください。そして難しい用語も一生懸命理解して、その上ですぐ決裁してください」といっても、向こうは勘弁してくれ状態になりますよね。つまり、手っ取り早く理解したい人にとって「1枚」はビッグワードなのです。

 

筆者は中小企業オーナー社長とよく話したりコンサルしたりしますが、彼らは基本的にいそがしい上に“せっかち”です。しかし俯瞰してビジネスを見る能力は高く、即断即決してくれます。当然「1枚」が好きです。なので、そんな彼らに最適なのは1枚企画書+α」

 

ざっくりプロ野球でその役割をたとえると、

■「1枚企画書」 → 切り込み隊長でありスラッガー

 

トリプルスリーを打つ万能選手みたいな感じですか。自らチャンスを作り決定打も放てます。

 

■「α」 → ムードメーカーでありセットアッパー

 

勝ちムードを作る役目です。「こいつが出てきたら負けかな~」と相手に思わせます。

これだと何だかわからないでしょうから、具体的なことを述べます。

 

■「1枚企画書」 → A4 1枚でまとめた5つのポイント

 

■「α」 → 1枚企画書のポイントを補強する調査資料、仕様書、動画、静止画ムービー、写真、パース画、モックアップなど

図1

1枚企画書」A41枚に5つのポイントをまとめます。

その5つのポイントは(32)です。

 

(1)メインコンセプト(123は「企画の骨子」です)

 

「今回言いたいことはこういうことです」

 

最初に全部言い切ってしまいます!

 

(2)背景

 

「それはこういうことだからです」

 

根拠を述べます。

 

(3)想定メリット

 

「これにより、こういうメリット(できたらお金で示したい)がもたらされます」

 

メリットが感じられなければ決裁は下りません。

 

(4)スケジュール(45はクロージングです)

 

「いつまでにとりかかれば(ここ大事)いつまでにできます」

 

(5)予算

 

「いくらかかります。今ならこれだけでできます(ここ大事)」

図2

この5つのポイントの基本的なシートが図1です。この基本シートを元に、言いたいことを付け足して加工した1枚企画書サンプルが図2です(内容はダミーです)。

そして、この「A41枚の企画書」を補強するために、たとえば「背景」のデータを、別紙で準備します。細かい仕様を説明したかったら仕様書を別紙で準備します。しかし、最初からそれらを使って説明をはじめるのではなく、まず「A4 1枚の企画書」で相手に概要をつかんでもらい、「根拠となるデータは…」「詳しいスケジュールは…」などと別紙の必要なところだけ読んでいけばスピード感が出ます。「ちょっと動画も見てください」と短い動画やサンプルなどを使っても効果があるでしょう。

 

繰り返しますが、最初に全体のことを述べてしまい、相手に「受け入れ準備」をととのえてもらいましょう。「重要なことは先出し」!「あいつの提案は刺さる!」と言われるようになりましょう!

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る