情シスのための決裁獲得メソッド 第7回 IT苦手でビジネスに敏感な社長には「何もしないと損しますよ」の試算表を

  • 2016/6/9
  • 情シスのための決裁獲得メソッド 第7回 IT苦手でビジネスに敏感な社長には「何もしないと損しますよ」の試算表を はコメントを受け付けていません。
2016/06/09

このコラムでIT苦手な社長のことをさんざんに書いてきましたが、ITのことは苦手でも、多くの社長はビジネスのことには敏感です。この点は尊重すべきです。経営者とは大変な仕事です。毎月、毎週、あるいは毎日、バランスシートを見ながら悩み続けているのです。

特に「今月は厳しいな……」と渋い顔をしている時に、まったくの前触れもなく「こんなシステム欲しいからおカネを出してください」と言ってしまうと、機嫌を損ねて、大噴火させてしまいます。

そうはいっても、必要な手は打たなくてはなりません。とくにセキュリティ関係の対策など、急いで改修したいシステムも多いでしょう。しかし、「それが何の儲けにつながるのか」ということで、一番説得しづらいのがシステムの改修案件ではないでしょうか?

このことを解決するために筆者は、「Before/After」で示すこと、しかも数字で示すことが一番よい方法だと考えています。

しかし、マイナンバー対策、勤怠管理の厳格化と業務効率化、それらに関わる業務部門の改善、セキュリティ強化などは、「これをやったら売上があがります!」というものではありません。だからといって、放っておくわけにもいきません。こういう業務関連の案件は非常に大切ですが、ITが苦手な社長には理解してもらいにくいのが現実です。

そこで、「Before/After」ではなくて「放っておくとこうなる/手を打つとこう変わる」の比較表を作成して稟議書に添付しましょう。それがITの苦手な社長の胸に響くことになるのです。例えば、以下のような表です。

筆者は文系で一応経営者ですが、取引先の業務部門スタッフに「社長に説得して欲しい」と頼まれることがあります。例えば「勤怠管理をしっかりやりたいのに手作業しか認めないので、勤怠管理ツールを導入するように社長に言ってください」というようなことです。

そんな時は上記に示したような表を作り、「こうしたほうが数字的に見てもよくなりますよ」「放っておくと損するのではないですか?」などと社長に言うと、だいたい話は聞いてくれます。ただ、外部の人間が言うと稟議が通る場合が多いのは、日本の会社の不思議なところでしょう。

あなたの会社の社長や、あなたのせっかちなお客様は、たとえITが苦手だったり、ITの潮流に無知だったりしても、ビジネスには敏感なはずです。そうでなくては、会社の経営はできません。だからこそ「このままでは損をしますよ」という表を稟議書に添えて「コストで説明されると助かるよ!」と言われるように意識しましょう!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 近年世界的に増えているというビジネスメール詐欺。2018年には日本語で書かれたビジネス詐欺メールが確…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  2. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  3. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  4. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  5. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  7. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  8. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  9. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  10. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る