使える! 情シス三段用語辞典57「シングルサインオン」

2017/07/27

常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなるとさらに難しくなります。本用語辞典では数々のIT用語を三段階で説明します。

一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明

取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

 

一段目 ITの知識がある人向け 「シングルサインオン」の意味

「シングルサインオン(Single Sign On:SSO)」とは、1つのIDとパスワードで、複数のクラウドサービスやWebサービスを利用できるようにする認証の仕組みを指す。クラウドサービスやWebサービスなどを業務で利用する場合、それぞれIDとパスワードを区別して、利用するたびに入力していくのは不便で効率が悪い。そこで、1つのIDとパスワードで認証できれば、ほかのサービスでも使えるようにしたのがシングルサインオンになる。利用者やシステム管理者にとって利便性が高まる仕組みだが、一方でセキュリティ面を十分に留意することが求められる。

二段目 ITが苦手な経営者向け

社長の会社では、従業員がパソコンを開くときにパスワードを入れて、認証していますよね。それから、従業員にクラウドサービスも使わせていますよね。

クラウドサービスは、使い勝手もいいし、初期コストもあまりかからないので便利なところですね。ところが、従業員が「めんどうくさいなあ~」と感じている面もあるのをご存じですか?

社長の会社で、いろいろなクラウドサービスを使って仕事をするのはよいのですが、それぞれのサービスで別々のパスワードとIDナンバーを入力しなくてはいけません。セキュリティを考えれば当然です。

しかし、それがめんどうくさくて、紙にパスワード一覧を書いて、机に貼っている従業員がいるのをご存じですか? これではセキュリティを確保しているとは到底いえません。従業員にセキュリティの手順を守らせるのは大事なことですが、そのために、あまりにもめんどうくさい手続きがあると、やる気が削がれてしまうかもしれませんよ。

え、それじゃあどうすればよいのかですって? そんな課題を解決してくれる技術があります。「シングルサインオン(Single Sign On : SSO)」といいます。これは1つのIDとパスワードで複数のクラウドサービスやWebサービスを利用できるようにする認証の仕組みです。

シングルサインオンはセキュリティのしっかりした製品を選べば、使い勝手はぐっとよくなります。そうすると従業員の仕事効率も上がりますし、机にパスワードを貼り出すなんてことはやめさせられますよね。

三段目 小学生向け

みなさんは、おうちのカギを持っていますか?

もし、家の玄関だけはなく自分の部屋に入るのにも「自分の部屋専用カギ」を持っていないと入れなかったらどう思いますか? めんどうくさいですよね。

さらに、トイレに入る時にも別のカギ、お風呂に入る時にも別のカギが必要だとしたら、どうしょう? もう心からイヤになっちゃいますよね。「1つのカギで、全部済ませることができたらいいな」ときっと思うはずです。

同じようなことがお父さんやお母さんの仕事で起きていたりします。

お父さんやお母さんは会社でパソコンを使っていろんな仕事をしています。よく使うのが、インターネットを利用したサービスです。このサービスを使うと仕事に必要なことが全部インターネット、つまりパソコンでできるのです。

ところが、こうしたサービスを使うときは、「IDナンバー(番号・記号)」と「パスワード」というものがいるのです。そして、この2つは利用するサービスすべてで、別々のものが必要になります。そうすると家のカギがいっぱいあるのと同じで使い勝手が悪くて大変になります。

この面倒な手続きを解決するのが「シングルサインオン」という仕組みです。これは1つのIDナンバーとパスワードで複数のインターネットのサービスを利用できるようにします。つまり「1つのカギ」ですべてのサービスを使えるようにできるのです。

「シングルサインオン」は、使う人たちにとってとても便利な仕組みです。しかし、1つのカギですべてが利用できてしまうため、仕組みを悪用されないように気をつけなくてはいけません。だから、信用できるしっかりした会社が提供する、安全な仕組みを選ぶことがとても大切になるんですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  4. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. Vol:08「IoT なう!!〜日本と海外の事例集〜」

  2. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  3. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  4. 【DOCOMO Open House 2018レポート】後編:5Gだけじゃない、未来はすぐそこに

  5. 【DOCOMO Open House 2018レポート】前編:5G×テックで社会が、ビジネスが、生活が変わる

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  7. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  8. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  9. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  10. 【情シス豆知識】愛される情シス・嫌われる情シス

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  4. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  5. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
  6. 2018/06/27 あと1年半まで迫ったWindows 7のサポート終了。しっかりとしたPC…
ページ上部へ戻る