【実践・情報セキュリティ講座】ソーシャルエンジニアリングという落とし穴

2016/03/24
ソーシャルエンジニアリングのイメージ画像

新入社員向け研修がはじまる時期が到来しました。電話のとり方、名刺の渡し方といったビジネスマナーはもちろんのこと、昨今はセキュリティに関する研修が必須とされ、よくおこなわれています。IT化がすすみ個人情報、営業機密(トレードシークレット)、マイナンバーなど漏えいすると大変な情報をたくさん扱うようになりましたが、USBメモリーなどにコピーするだけでそれらの重要な情報を容易に持ち出せることがセキュリティ研修必須化の背景にあります。そんな中、セキュリティ研修で漏れているのがソーシャルエンジニアリングに対する注意です。

ソーシャルエンジニアリングとはなにか

ソーシャルエンジアリングとは例えばパスワードを入力しているところを横から盗み見するような行動です。システム管理者と話をしながら、いろいろなことを聞き出す行為や、盗み聞き、盗み見など社会的(ソーシャル)な手段によって重要な情報を入手することをいいます。入手したパスワードなどを使ってシステムに侵入し、情報を盗みます。情報を盗み出すためにウイルス感染させようと思ってもセキュリティ対策がしっかりしている企業にネットワーク経由でウイルスメールを送っても効果はありません。ネットワークなどの情報通信技術を使ってもダメなので、人間の心理的な隙や行動のミスにつけ込んで情報を盗み出します。これがソーシャルエンジニアリングです。

オフィスにUSBメモリーが落ちていたらあなたはどうしますか?

例えばオフィスの机の間にUSBメモリーが落ちていたら、あなたはどう行動しますか? “誰がUSBメモリーを落としたんだろう。しょうがないなあ。”とUSBメモリーの中身を確認しようとしませんか。パソコンにUSBメモリーをつないだ時点でウイルスに感染してアウトです。実際には何も起きませんので当事者にはウイルス感染したことが分かりませんが、静かに社内ネットワークを通じて蔓延していきます。

最近はセキュリティがしっかりとしたオフィスビルもたくさんあり、IDカードを通さないと入退室できないオフィスが増えています。そんな場合も大丈夫。社員の駐車場にUSBメモリーを落しておけばオフィスに落としたのと同じことがおきます。

イランの核施設の機密もソーシャルエンジアリングで漏れた!

ソーシャルエンジアリングは古典的な方法ですが、万国に通じて、実に効果的です。イランが自国の核関連施設で高濃縮ウランの製造をおこなったため、各国が経済封鎖を実施しました。最近になってイラン大統領が変わったこともあり、ようやく核協議が最終合意に達し、経済封鎖解除の動きになっています。

2009年頃、アメリカとイスラエルがイランの核施設を破壊するために遠心分離機を止めるコマンドを出せるウイルスを開発しました。当然、イラン側も施設のネットワークがサイバー攻撃を受ける危険性が分かっているため、外部とのネットワークとは隔離していました。施設への入退室も簡単にできませんし、エンジニアたちはサイバー攻撃のセキュリティ教育を受けています。

 

どうやって閉ざされたネットワークにウイルス感染させるかが課題になりましたが、この時に思いついたのが“自分が持っているUSBメモリーについてあまり考えない人間はわりといるものだ”という真理です。さすがに国家機密なので詳しいことは分かりませんが、どうもソーシャルエンジニアリングの手法が使われたようです。

 

USBメモリーを通じて、技術者の持っているノートパソコンに感染させ、システム管理者にはすべてが正常に稼動しているように見せかけながら、そのすきにウイルスを蔓延させ、核施設の一部を機能停止させました。一説には8,400台の遠心分離器が止まったと言われています。


【教訓】 拾ったUSBメモリーはノートパソコンにささない


皆さん、出所のわからないツールなどの取り扱いには、十分注意してください!

水谷 哲也(みずたに・てつや)

1960年、三重県・津市生まれ。京都産業大学理学部卒。ITベンダーでシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーを担当。その後、専門学校、大学で情報処理教育に従事。2002年に水谷IT支援事務所を設立し、所長に就任。三重県産業支援センター、大阪府よろず支援拠点、ひょうご産業活性化センターなどで経営、IT、創業を中心に累計4100件以上の経営相談を行う。

著書に「インターネット情報収集術」(秀和システム)、電子書籍「誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術」(インプレスR&D)。現在、All
About
企業のIT活用」担当ガイドとして、IT活用にまつわる様々なガイド記事を発信中。中小企業診断士、ITコーディネータ・インストラクター、アプリケーション・エンジニア、販売士1級&登録講師。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  2. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  3. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  4. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  5. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  6. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  7. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  8. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  9. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

  10. 今から始めるテレワーク!#2 テレワークの環境に必要な要素

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る