最も危ういPCプログラムのトップ10 フレクセラが2016年の調査結果を発表

  • 2017/4/10
  • 最も危ういPCプログラムのトップ10 フレクセラが2016年の調査結果を発表 はコメントを受け付けていません
2017/04/10

フレクセラ・ソフトウェア(米、イリノイ州)は、個人PCユーザーを対象にした、2016年のソフトウェアの脆弱性の調査レポートを発表した。調査では日本のユーザーは21社、64のプログラムをインストールしており、パッチを適用していない人はWindowsで5%、マイクロソフト(MS)以外のソフトで13.5%であることが分かった。

日本の平均的な個人ユーザーは21社、64のソフトをPCにインストールしてしていることが分かった。この数は「米国より10~15%少ない」と、西浦詳二・シニアビジネスデベロップメントは説明する。64のうちMSのソフトは28(44%)、MS以外が36(56%)だった。

また、MSのOSであるWindows(Windows7、Windows8、Windows10、Windows Vista)にセキュティのパッチを適用していないユーザーは5%になった。「これは米国の7%程度にくらべて、パッチの適用を律儀に行っている人が多い」と、西浦シニアビジネスデベロップメントは分析している。ただし「20人に1人はパッチの適用が行われておらず危険な状態にある」という。一方、MS以外のソフトでパッチ適用していないユーザーは13.5%になった。

西浦詳二・フレクセラ・ソフトウェア シニアビジネスデベロップメント

西浦詳二・フレクセラ・ソフトウェア シニアビジネスデベロップメント

最も危ういソフトのトップは「Java JRE」

レポートでは市場シェアとパッチが未適用の割合を元に「最も危ういプログラム(ソフト)」のトップ10を算出。トップはオラクルの「Oracle Java JRE 1.8.x/8.x」、2位がアップルの「Apple iTunes 12.x」、3位は「Lhaplus 1.x」という結果になった。

最も危ういプログラムのトップ10

最も危ういプログラムのトップ10

調査ではユーザーがインストールしているソフトの6.5%がソフトウエア会社からのサポートが終了していることも分かった。サポート終了のソフトのトップ10は「SQL Server 2005 Compact Edition」(MS)、「XML Core Services (MSXML) 4.x」(MS)、「Apple QuickTime 7.x」(アップル)という順になった。

サポート終了プログラムのトップ 10

サポート終了プログラムのトップ 10

「SQL Serverは危険な状態にあることを知りつつもコストなどを考えて使用しているユーザーが多いと考えられる。一方でMSXMLはサポートが終了していることを知らない人が多いのではないか」と、西浦シニアビジネスデベロップメントは話している。

調査はフレクセラのソフトウエア脆弱性管理ソフト「Personal Software Inspector」の国内ユーザー約11万人を対象に2016年1月~12月に行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  2. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  3. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  4. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  5. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  6. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  7. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  8. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

  10. 【脱!SIerへの丸投げ】IT投資効率を悪化させるSI業界 vol.3 ~SI業界のエンジニアスキル不足~

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る