秋葉原のスマホ修理ショップ店長に聞いた、修理の実態とは!?Vol.1

2016/11/30

2016年 内閣府の消費動向調査結果

人口普及率が100%を超えた携帯電話ですが、その中でも数年前からはスマートフォン(以下スマホ)を使われる方が非常に多くなりました。スマホの普及率は56.6%(2016年 内閣府の消費動向調査結果 上記グラフ参照)となり、ガラケーの普及率を追い抜いたと言われています。

手軽にインターネットにアクセスできるスマートフォンは、今や常に手元になくてはならない存在となっており、破損などで使えなくなった時には非常に困ります。東京・秋葉原にあるiPhone修理ショップmois(モアイズ)秋葉原店の店長さんに、iPhoneではどういった修理が多いのかをお聞きしました。

修理の種別比率 mois調べ

編集部mois(モアイズ)秋葉原店で多い修理受付は?

 

店長さん: 約2/3がガラスや液晶の破損修理(パネル交換)、次いで多いのがバッテリーの交換です。

編集部:大きな画面を持つスマホなので、落とした時にはやはりガラス部分があたって、割れてしまうというのも頷けますね。

店長さん:iPhoneはガラス割れしてもタッチ操作ができるケースが多く、割れてもそのままで使われ続けている方もよく見かけます。

編集部:そういわれてみると、そんなiPhoneを使っている人を私も見かけたことがある!!

 

店長さんiPhoneは静電式のタッチセンサーがガラスではなく、液晶の上にあるためにガラス割れしても使えるケースが多いみたいです。でも、そのままで使われ続けると強度が弱くなっており、液晶部とかへの影響も懸念されるので、早く修理をされた方がいいですね。

 

編集部:ですよね!! ガラス割れてたら危なそうだし、見た目も良くないし・・・落としてしまうと、ほんとトホホな気分になりますよね。

 

店長さん:そうですね。薄着のシーズンはポケットも少なく手に持って歩くことも多いですよね。特にこの夏からポケモンGOをする人が非常に増えて、画面見ながら歩いていて他の人と当たってスマホを落としたりした人もいらっしゃるかもしれませんね。

mois秋葉原店の店長さん

編集部:それは、ありそうですね。スマホ破損対策としてはどんなものがありますか?

店長さん:そうですね、やはり落とさないように気を付けることが一番ですが、落とした時に破損しにくくするためには

(1)ケースの装着

(2)画面に保護フィルム貼付け

は最低でも行っておいた方が良いですね。保護フィルムは最近では強化ガラスを謳ったものもありますから、一度試されてもいいかもしれません。

ペットでワンちゃんを飼われている方は、スマホをワンちゃんに噛まれて傷がついたりすること考えられますから、そういう意味でもケース装着、保護フィルム貼付けは良いと思います。

編集部:なるほど!落とすだけでなく、ペットに噛まれて破損することもあるんですね?私もケースの装着、保護フィルムの貼付けをしてみます。今日はありがとうございました。(つづく)

mois(モアイズ)秋葉原店 http://moi-net.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018/4/9   まさに熱狂といった言葉が相応しく、大盛況で幕を閉じた第1回目から約…
  2. 本用語辞典は「ITの知識がある人向け」「ITが苦手な経営者向け」そして「小学生向け」と3パターンの説…
  3. 本用語辞典は「ITの知識がある人向け」「ITが苦手な経営者向け」そして「小学生向け」と3パターンの説…
  4. 今回の情シス女子は、アクサ生命保険の南嶋千春さんです。南嶋さんが今携わっているのが、短期間でソフトウ…
  1. BC Vol:01「何が入っているの?ブロックチェーンの気になる中身

  2. 「日本のエンジニアの給料は高いか、安いか」

  3. IoT Vol:0「考える前に、事例でサクっとわかるIoT!!」

  4. 【第2回AI・人工知能EXPO】進化やまないAIサービスの最前線を突撃レポート!!

  5. BC Vol.0 ブロックチェーンとはいったい何なのか? 何がすごいのか?

  6. AI Vol.0 コンピュータは人の知能の代替となり得るのか? 〜魅惑的なAIの世界へようこそ〜

  7. 使える! 情シス三段用語辞典57「シングルサインオン」

  8. 使える! 情シス三段用語辞典56「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」

  9. 使える! 情シス三段用語辞典51「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」

  10. 【情シス女子】第38回 「今は何もできないけれど『いないと困る存在』に絶対なる!」 森岡友美さん

登録されているプレスリリースはございません。

新着記事

  1. IoTは、実は30年も前から考えられていたのです ボタンひとつで欲しいもの…
  2. ワタシたちは、いろいろお役に立ちはじめています すごいことはわかっていても、どこがどうすご…

おすすめ記事

  1. 2018/4/9   まさに熱狂といった言葉が相応しく、大盛況で幕を閉じた第1回目から約…
  2. 「暗号通貨の一種ですか? いいえ、テクノロジーです」 2017年12月にその価格が20…

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る