2016年のパブリッククラウド市場は3762億円、21年は1兆円規模に拡大 IDCが予測

  • 2017/3/14
  • 2016年のパブリッククラウド市場は3762億円、21年は1兆円規模に拡大 IDCが予測 はコメントを受け付けていません
2017/03/14

IT調査会社のIDCジャパンは、国内のパブリッククラウドサービスの市場予測を発表した。同社によると2016年の市場規模は、前年比30.5%増の3762億円と推定。2021年には市場規模が1兆円を超えると予測している。

国内パブリッククラウドサービス市場の売上額予測、2016年~2021年(17~21年は予測値、出典:IDCジャパン)

国内パブリッククラウドサービス市場の売上額予測、2016年~2021年(17~21年は予測値、出典:IDCジャパン)

同社では国内市場でシステム更新を契機として、従来型のITシステムからクラウドへの移行が進んでいると見ており、メールや会議アプリなどのコラボレーティブアプリケーションでSaaS(サース、Software as a Service)、ERM(エンタープライズ・リスクマネジメント)のアプリケーションもクラウドの利用が顕著と分析。Web系システムでもIaaS/PaaSが重要な選択肢となっているという。

また、2016年の国内パブリッククラウドサービス市場は成長が鈍化したと指摘。一方で、鈍化傾向は短期的で、2020年からは前年比で成長率が再び上昇すると見ている。理由として国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを挙げている。具体的には、「コグニティブ/AIシステム」「機械学習」「IoTプラットフォーム」というDXを支援する技術や従量課金、拡張性というサービスの特徴によって、需要が拡大していることがあるという。

さらに、DXではシステム間の連携が重要となるため、従来型のITシステムからクラウドへの移行が促進されると見ており、これが市場の新たな成長期を創出し、2020年に成長率の再上昇に導くとしている。

同社では、IT・ビジネスの効率化を目的としたパブリッククラウドサービスに対する需要も堅調に推移すると分析。その結果、DXとIT・ビジネスの効率化が両輪となり、2021年の国内のパブリッククラウドサービス市場規模は、2016年比で2.8倍の1兆538億円になると予測している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る