AI Vol:04「AIの知能試験!? 『チューリング・テスト』ってなに?」

2018/06/08

 

ワタシたちにも突破したい試験があります

少し前の話ですが、2014年6月にAI界のトピックがありました。ロシア人のウラジミール・ベセロフ氏とウクライナ人のユージン・デムチェンコ氏、このふたりの人工知能研究者が開発したコンピュータ「Eugene(ユージーン)」が、「チューリング・テスト」に合格したと報道されたのです。

ん? と、疑問に感じる人も少なくないと思いますので、順を追って説明していきましょう。

 

チューリング・テストはむずかしい

・「チューリング・テスト」

「機械は、“人のような考え(ふるまい)”を出力できるか?」をテーマにしたコンピュータ用のテスト。テストに合格できれば、「人のようにふるまえる」と証明されたことになります。

・「試験内容」

機械的にコンピュータの能力を測定するようなテストではありません。用意されるのは試験スペースと仕切りに使う壁。参加するのは審査員(人間)、コンピュータと参加者(人間)で、「審査員→壁←コンピュータ&参加者」の対面形式で行われます。このとき、審査員は向こう側にいるのがコンピュータなのか人なのかは知らされていません。

試験は審査員の主導により行われます。さまざまな質問をテキストメッセージで送ると、壁向こうからメッセージが返ってきます。その内容をもとに「壁の向こうは、人かコンピュータか?」を推測していきます。合格基準はいくつかあり、主要なものは「多数決」です。もし、審査員全体の30%以上が「人と対話している」と答えれば、そのコンピュータは「人と変わらないふるまいをしている」ことが証明されます。 

・「合格したコンピュータ」

なぜ、冒頭のEugeneの合格が大きなトピックになったか? それは、チューリング・テストが考案された1950年から、合格したコンピュータが皆無だから。計算や正解が決まっている回答は得意なものの、人間のようなふるまいは、今もなお、コンピュータにとって相当な難関のようです。

では、冒頭のEugeneはどうして30%以上の審査員が人と判定したのか? これについては、次で説明しましょう。

 

合格という声もあれば、あやしいという声もあります

チューリング・テスト合格には、必ずしも質疑応答の「正しさ」が重要になるわけではありません。

例えば、審査員の誰かが「イデアル類群とはなにか?」と質問したとしましょう。コンピュータはこの答えをプログラミングされていません。しかし、「知りません、教えてください」、または「そんなことまで知っているんですか? 驚きです」と、返せば内容はつながります。

さらにいえば、対話は「相手への配慮」が欠かせません。その思考があり、言葉のキャッチボールが成り立ちます。つまり、逆をいえば、「相手にこちらのイメージを植え付けることができれば」コミュニケーションは自在であるともいえるのです。

それが如実に現れたのが、Eugeneの合格でした。

なぜなら、はじめに「13歳のウクライナ人である」、「英語は話せるが主要言語ではない」という設定があったから。つまり、わからない言葉や質問があれば“わかりません”、または、黙るのもよいでしょう。さらに、メッセージが不自然でも“英語が得意ではない13歳の子どもだから”と、さらに追求を受けることは少ないと思います。Eugenehの精度は不明ですが、合格にはこのカモフラージュが大きく影響したようです。

しかし、これが災いしてか、Eugeneの合格は物議を醸しました。世界的な人工知能研究の権威である「レイ・カーツワイル博士」やニューヨーク大学で認知科学を教える「ゲイリー・マーカス教授」はじめ、著名な専門家や識者から「本当の合格ではない」という指摘が集中したのです。

 

正しい合否はわかりませんが、合格と下されたのは事実です

果たして、Eugeneを本当の合格とするか否かについてはわかりませんが、どんな背景であれEugeneがチューリング・テストをパスしたのは、確かな事実としてAIの歴史に刻まれています。

それを考えれば、見つめるべきは今後のチューリング・テスト。 「人間らしさ」とは、また「思考」とは? さらに、どのように判定すれば誰もが「知能があるコンピュータ」だと納得できるのか? そこを再考していく必要があるのかもしれません。ただ、人間らしさとは何か? または思考や知能とは? それは今もなお解き明かされていない謎。そこも考えれば、しばらくこの議論は続きそうです。

さて、これは、またの機会に詳しく紹介してきたいと思いますが、最後にチューリング・テストを考案者は「コンピュータの父」とよばれる、「アラン・チューリング博士」です。20世紀を代表する数学者のひとりであり、第二次世界大戦でドイツが使用した難攻不落の暗号「エニグマ」を解読したことでも知られています。

 

チューリング博士の軌跡は『イミテーション・ゲーム』という映画にもなっています。まだ観たことがない人はぜひ観てみてください。とてもおもしろい映画ですよ。

 

【執筆:編集Gp 坂本 嶺】

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  4. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  2. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  3. 【DOCOMO Open House 2018レポート】後編:5Gだけじゃない、未来はすぐそこに

  4. 【DOCOMO Open House 2018レポート】前編:5G×テックで社会が、ビジネスが、生活が変わる

  5. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  6. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  8. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  9. 【情シス豆知識】愛される情シス・嫌われる情シス

  10. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  4. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  5. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
  6. 2018/06/27 あと1年半まで迫ったWindows 7のサポート終了。しっかりとしたPC…
ページ上部へ戻る